キッチンが狭いので、敷地内(あと40cm)に後付けベランダをつけたいのですが
狭すぎますか 屋根も有りません 利用価値ないでしょうか、どなたか教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あと、40cmというのは建物と敷地境界迄の距離のことですよね?


この場合、建築上の問題と宅建業法上の問題の両方を考えなければなりません。

★ 建築上の問題
まず、建物の構造がよく分からないのですがまた、何階なのかもよく分からないので、(後付ベランダ・・・という言葉から勝手に想像して)木造の2階部分にキッチンがあると仮定します。
まず、No.2-BENIGENさんの参考URLにある既成ベランダというものは各サッシメーカーやシャッターメーカーなどが出していますが基本的には出巾が1尺5寸(455mm)からになります。何らかの力を使って特注ができればよいのですが個人の力では無理だと思います。
ここで、No.1-eoutiさんの回答に対する補足の間取りから考えると腰窓を抜いて掃き出し型の引き戸をつけるということになりますが(ドアだと40cmの巾では開かない)後付の引き戸というのは各サッシメーカーとも出していません。これは施工が非常に難しく、大がかりなリフォームを必要とし、施工後も雨仕舞(雨漏り)に不安が残るためです。

★ 宅建業法上の問題
すでにどのような状況であなたのお宅が建っているのかよく分からないのですが宅建業法(民法)234条第1項に『建物を建造するには、境界線から50cm離さなければならない。』というのがあり、隣地の方が建造の中止を訴える事ができます。ただし、これは築1年以上の建物には適用されないし、分譲(建て売り)の場合はその同一業者による分譲地内では適用されません。しかし、すでに残り40cmで境界一杯まで建物を増築するというのは隣地側から文句を言われて、訴えられても文句は言えないということになります。

と、ここまで書くと全く手がないように感じますが2通りの方法が考えられます。
(1) 既成花台・・・まぁ、一言で言ってしまうとベランダの小型版ですが人が乗ることはできません。
(2) 生ゴミシューター・・・台所部分にゴミを外に出すダクトをつける。
これでゴミを外に出すことはできますが・・・一つの案としてキッチンを換えるという手もあります。今のキッチンは同じスペースで色々なものがついているので(例えば食器洗い乾燥機・・・キッチンの上に食器が無くなる。その他、色々あります。)かなりのスペースアップになるはずです。新宿にある、サンウェーブのショールームあたりにお出かけしてみるのが宜しいかと思います。
    • good
    • 0

屋根付きのバルコニーは製品としてありますが・・



40cmとなると正直狭いですね。。(-"-;)
あえて言うなら改築して40cm台所を広げるのが効果的な気がします・

キッチンや周辺の部屋の間取りが解らないので自信ないですが。

参考URL:http://www.ykkap.co.jp/product/exterior/xxx/paru …
    • good
    • 0

キッチンの配置が分かりませんのでなんとも答えにくいですが、


ベランダへの出入りはできるんですか?
40センチだとごみ箱程度しか置けませんね。
流しが壁ぎわにあるなら出窓か。
流しがなければ、床まで伸ばした出窓もありますよ。
苦しい回答でした。

この回答への補足

すみません、流しが南向きでベランダを作りたいのは、西側ですが、腰高窓(70cm)、冷蔵庫、納戸と続いております
ちょっとしたゴミをおきたいです

補足日時:2001/08/17 16:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商法と民法について

商法と民法について

商法は商慣習より、商慣習は民法より優先して適応されるらしいのですが、これはなぜなのでしょうか?
また、商法や民法などの私法は民事裁判でのみ用いられるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

そういう風に決めたからとしか言いようがないんだが……。

形式的な理由は、商法1条2項があるから。
じゃあ、なんで商法1条2項がそう定めているのか、つまり実質的な根拠は 大 体 以下の通り(「とおり」である。ときどき「とうり」とか読んでるお馬鹿がいるようだが)。

日本の法律体系では、私人間の権利義務関係を規律する法律の基本法すなわち一般法として民法がある。そして、商事も私人間の権利義務関係には代わりないから民法の守備範囲だが、商事は一般の民事よりも反復継続大量営利進歩的という特性が強い。だからそれに対応する法律として商法(実質的意義の商法)すなわち商事関連法を特別法として制定している。特別法は一般法に優先するという原則に従い、商法(商事関連法)は民法よりも優先する。
そして、商事は進歩的でもあるので法整備が追いつかないことがある。そこで法整備が追いつかない部分を補うために商慣習を尊重することにした。だから、固定的な法律である民法よりも商慣習のほうが優先するというのは問題ないが、商事関連法は適正な商取引を実現するための法律でもあるので、勝手に商慣習で変えることは認めるわけにはいかない。だから基本的には商事関連法を商慣習に優先させるのは最低限の法的安定のためには必要。
ということで、商(事関連)法>商慣習>民法という優先順位をつける「ことにした」だけ。

そういう風に決めたからとしか言いようがないんだが……。

形式的な理由は、商法1条2項があるから。
じゃあ、なんで商法1条2項がそう定めているのか、つまり実質的な根拠は 大 体 以下の通り(「とおり」である。ときどき「とうり」とか読んでるお馬鹿がいるようだが)。

日本の法律体系では、私人間の権利義務関係を規律する法律の基本法すなわち一般法として民法がある。そして、商事も私人間の権利義務関係には代わりないから民法の守備範囲だが、商事は一般の民事よりも反復継続大量営利進歩的という特性が...続きを読む

Q敷地内のベランダに‥

ちょっと汚い話なのですが、困ってるのでお知恵をください。
私はアパート(二階立て計4世帯)の1階に住んでいるのですが、今日ベランダに出てみたら、ベランダの柵から中にかけてゲロが吐かれていました。

うちのアパートは建物の前に広い駐車場があるため、アパートの住人以外入ってくることはまずありません。(ガス会社がたまぁにくるぐらいです)
それに、昨日の夜(9時頃)にゴミ出しにベランダに出て気がついたのが朝の10時頃だったので夜中だと思います

そのゲロの痕跡がどうも上の階のベランダから吐けばちょうどその位置に落ちるかなぁ?って感じなんです。
あいにく今日は雨が降っていますので流れただけかもしれないのですが、

この上の住人というのが2週間程前に引っ越ししてきて、なんの挨拶もなく、夜中(2時とか3時)に洗濯したり、ほぼ毎日夜通し友人4、5人でドンチャン騒ぎで参ってます。(この前初めて顔を合わせましたが、挨拶しても無視されました。大学生かな?とりあえず20歳前後の男性でした。)
こちらも小さい子供がいるので、泣き声とか煩いだろうし、これと言って苦情を言うつもりはなかったのですが、(実際夜通し騒がれると子供の寝つきも悪くなりとても迷惑なのですが)今回のゲロは苦情言ってもいいと思いますか?
やっぱり証拠がないから泣き寝入りしたほうが良いでしょうか‥
うちは旦那も帰ってきませんので毎日娘と私の2人だけですし‥

こんな時どう対処すればいいかアドレスください!
建物管理には明日電話しようと思ってます(今日が休みだったので)
それからゲロが吐かれてるのが除草シートとその上の小石の上なんですが、捨てるしかないですよね‥雨で落ちないかなぁ(;´Д`)

ちょっと汚い話なのですが、困ってるのでお知恵をください。
私はアパート(二階立て計4世帯)の1階に住んでいるのですが、今日ベランダに出てみたら、ベランダの柵から中にかけてゲロが吐かれていました。

うちのアパートは建物の前に広い駐車場があるため、アパートの住人以外入ってくることはまずありません。(ガス会社がたまぁにくるぐらいです)
それに、昨日の夜(9時頃)にゴミ出しにベランダに出て気がついたのが朝の10時頃だったので夜中だと思います

そのゲロの痕跡がどうも上の階のベランダか...続きを読む

Aベストアンサー

賃貸ですね。
人の家にゲロを吐くとはもってのほかですね。
私なら怒鳴りこむかな(証拠をつかんでからね)
先ずは管理会社に状況を報告して、貼り紙をしてもらうことから始めましょう。
それぐらいでは止めない可能性もありますが、先ずはそれからですね。
それでも駄目なら、もっと強硬な対策を管理会社に求めましょう。
言われて初めて分かる場合もありますし
最近は怖いので、直接文句を言わない方が良いかもしれませんね。
もし、学生なら暇なので、何をするか分からない・・・

Q業者間の請負契約の瑕疵担保責任は、民法or商法?

民法で、「請負」の瑕疵担保責任が規定されています。
一方で、商法では、「売買」の瑕疵担保責任の規定があります。

業者間の請負契約(具体的には修理作業の請負です)の瑕疵担保責任について、
結局のところ、民法 or 商法のどちらが適用されるのでしょうか?教えてください。
2つの考え方が思いつくのですが。。

(1)商事に関しては、民法より商法が優先するため ⇒ 商法
(2)商法では「売買」の規定しかなく、民法に「請負」の規定があるため ⇒ 民法

また、その根拠について判例等があるのであれば、併せてご教示ください。

Aベストアンサー

質問者様からの追加質問を拝読しましたので、#1に引き続き、回答します。


>仕事の完成の請負(民法632条)⇒民法「請負」の瑕疵担保責任
>代行販売などでの労務提供請負(商法502条)⇒商法「売買」の瑕疵担保責任
>とのご回答と、認識いたしました。


いえ、その下段で仰せの、商法「売買」の瑕疵担保責任、は違います。
正しくは、それも、民法「請負」の瑕疵担保責任、です。

繰り返しになりますが、
請負には二つの種類があり、
・仕事の完成の請負(民法632条)・・・・・質問者様の修理作業が該当。
・代行販売などでの労務提供請負(商法502条)。

仕事の完成の請負/代行販売などでの労務提供請負、この両方ともが、請負であり、
それを行使する者を両方とも、請負人、と呼びます。

そして、この両方の請負人に対して課せられる、請負人の瑕疵担保責任の規定が、
(民法634条635条636条637条638条)、です。


まとめますと、
・仕事の完成の請負(民法632条) ⇒ 民法「請負」の瑕疵担保責任
・代行販売などでの労務提供請負(商法502条) ⇒ こちらも民法「請負」の瑕疵担保責任

なお、請負ではなく、売買に関しては、例外的に、商法526条なのです。
商人間の売買物に関する瑕疵担保責任の特則は(商法526条)
=買主による目的物の検査及び通知義務
=商人間の売買において、買主は、その売買の目的物を受領したときは、遅滞なく、その物を検査しなければならない。




>恐れ入りますが、この「作業又は労務の請負」というのがよくわからないので教えてください。

私の#1回答で、一例をあげましたが、(>代行販売などでの労務提供請負(商法502条))、

例えば、
・シャープの業務用ファクス機を、シャープの直轄代理店A社から、全額成功報酬フル・コミッション契約で、代行販売業者B社が代行販売請負をした場合、それに該当します。(なお、もしも、販売台数を約束した契約なら、仕事の完成の請負、になります)。

また、もっと一般的には、
・人材派遣業者がクライアントと交わす派遣請負も、作業又は労務の請負に該当します。

なお、関係ない話ですが、
・コンサルタントが、クライアントと交わす契約は、請負ではなくて、委託契約です。




>外注業者が反復継続的に修理作業請負を行うことは、
>商法502条の営業としてする「作業又は労務の請負」に該当し、瑕疵担保責任は「商法」規定とならないのでしょうか?


反復継続的な修理作業であっても、外注業者のその業務には、修理完了(業務完成)という明確なアウトプットが、要求および義務付けられています。
ゆえに、単なる作業又は労務の請負では無くて、仕事の完成の請負なのですよ。

前述のとおり、
・民法「請負」の瑕疵担保責任です。
・仕事の完成の請負(民法632条)・・・・・質問者様の修理作業が該当。
(上に既述なのでいまさらですが、かりに、労務提供請負(商法502条) だと仮定の仮定をしても⇒ こちらも民法「請負」の瑕疵担保責任です。)

そもそも修理作業は、
・故障や不具合などの、部位を特定し/原因も特定し/復旧方策を考案し、そもそもの故障や不具合などを、無くして/復旧させる、
それらを確約(想定や期待も含む)した、すなわち仕事の完成を期した請負契約なのです。
すなわち、作業又は労務の請負契約では無いのです。
いずれにしても瑕疵担保責任は、どちらも民法「請負」の瑕疵担保責任ですが。




>(当該質問の請負契約は、修理業をしている会社が外注業者との間で継続取引基本契約の締結を行うことを想定しています。
>当初の質問の前提条件が不明確で申し訳ありません)


いえ大丈夫でしたよ。

あと釈迦に説法になりますが、
・修理発注会社A社と、質問者様の会社B社の間で、まずA社に対する修理完成の瑕疵担保責任をB社が負う。そして、
・質問者様の会社B社と、外注先C社の間で、B社に対する修理完成の瑕疵担保責任をC社が負う。
と、なります。





以上、すべてをまとめますと、

・仕事の完成の請負(民法632条) ⇒ 民法「請負」の瑕疵担保責任
・代行販売などでの労務提供請負(商法502条) ⇒ こちらも民法「請負」の瑕疵担保責任

なお、請負ではなく、売買に関しては、例外的に、商法526条なのです。
商人間の売買物に関する瑕疵担保責任の特則は(商法526条)=買主による目的物の検査及び通知義務

そして修理作業は、作業又は労務の請負契約では無いのです。仕事の完成の請負です。
いずれにしても瑕疵担保責任は、どちらも民法「請負」の瑕疵担保責任ですが。

質問者様からの追加質問を拝読しましたので、#1に引き続き、回答します。


>仕事の完成の請負(民法632条)⇒民法「請負」の瑕疵担保責任
>代行販売などでの労務提供請負(商法502条)⇒商法「売買」の瑕疵担保責任
>とのご回答と、認識いたしました。


いえ、その下段で仰せの、商法「売買」の瑕疵担保責任、は違います。
正しくは、それも、民法「請負」の瑕疵担保責任、です。

繰り返しになりますが、
請負には二つの種類があり、
・仕事の完成の請負(民法632条)・・・・・質問者様の修理作業が該当。
...続きを読む

Qベランダの屋根は必要?

新築の家を購入したのですが、ベランダに屋根がついていませんでした。
奥行きがあまりない横に広いベランダなので、屋根が必要か迷っています。
家のいたみ等に問題があるのか、生活するのに不便なのか。ベランダに屋根をつけずに生活している方のご意見もお聞きしたいです。

Aベストアンサー

私の家も去年の11月に新築を購入しました。
今だベランダの屋根はつけていません。
だからか、押し売りの人が頻繁に来ては、断っています。
不便の感じる所は、突然の雨の時、洗濯物を干していて急いで取り入れないと濡れてしまうというてんです。
しかし、奥行きも90センチしか無いので、屋根をつけても激しい雨には対応できないと思います。
取り付けも考えましたが、横が5メートル以上あるので安く見積もっても30万はかかると言われ、速攻辞めました。
あと困ったてんは、洗濯物が手すりに当たってしまい、汚れてしまう事と、物干し竿をかける所が2メートルほどなんで、洗濯物が少ししか干せないんです。
ですから、ホームセンターで別の置くタイプを購入してからは、さほど困る事は無くなりました。
他にも工夫をすれば、問題は解消されますよ。
急いでつけて、あとで後悔するより、じっくり考えられても良いかと思いますよ。

Q商法(会社法)を勉強するにあたっての民法の知識。

商法は民法に通じるところがあるから民法を勉強していないと苦しいところがあると聞いたのですが、具体的に民法のどういった分野が商法と共通しているのでしょうか。たとえば契約各論や外観法理や信義則などは重要だと思うのですが、物権なども商法に通じていますか?
これから会社法を勉強するのですが、まだ物権法や親族法や時効の辺りはまったく勉強していないため、気になり質問しました。

Aベストアンサー

私も民法総則を自学しただけで商法(総則と会社法)に移ったため、その前提となる基礎的な概念がわからなくて苦労しています。
やはり、商法を学習するにあたっては、民法の財産法全般(総則・物権・債権総論各論)を万遍なく把握している必要があると思います。
確かに、商法の解釈には債権や外観法理、代理などの概念が重要ですが、物権法でも留置権などが関わってきます。
そもそも民法は商法の一般法ですから、具体的な事例(判例)を読み解く際にも、物権に関わるケースでは、その考え方が必要な場合があります。
ただ、親族法は財産法と性格を異にするので、事前に勉強していなくても特に支障はないです。

Q市道の法面の石垣の補修で敷地が狭くなりました

家に面する市道ですが、そこは坂道となっていて、そこの石垣が膨らんで来てたので、市が補修することになりました。
基礎ができた時点で、我が家の道が工事前より狭くなるようなので、業者立会いの下職員に確認すると約10㎝狭くなるという事でした。
一番狭いところは2m6cm位なので、車の出入り乗り降りがさらに困難になるので、交渉して5cm狭くなるということで妥協しました。
所が2日後くらいに確認すると。15cmも狭くなっていました。

添付の図がイメージですが、左図の赤い部分の石垣の積みなおしです。右が断面図です。

職員の話では道幅を狭くすることも出来ないので、どうやら我が家の方が狭くなったようです。
最初の石垣は傾斜角が急でした。しかし新しいものは、1段ずつずらして積んでいくもので、傾斜角が以前より緩やかなものです。
当然緩やかになった分奥行きが広がります。

多分傾斜角が緩やかな今の物はいかにも安い物のようです。
最初の設計段階で、道幅を優先すれば、我が家の方は狭くなるのはわかっていたはずです。

業者含めての確認では境界線を5cmずらして我が家の方を5cm広くなるようにして、道幅は5cm狭くするという事でした。市道に関しては一番狭いところは2mくらいで、問題の部分は3mくらいあり、ガードレールもあって、車の通行時は人も広い部分に待機して5cmくらい狭くなっても全く問題ないです。

業者職員当方の基礎部分完成時の打ち合わせでは、5cm広げると言ってましたが、職員は広げる気はなかった、作ってしまえば勝ちみたいな気だったかもと思います

今日職員に電話しましたが、石垣は階段状なので車の出入りが不自由なようであれば、我が家の市道をかさ上げして少しでも道幅を広げると言ってました。

道路の基礎部分が多いところで40㎝くらい敷地に食い込んでいます。
このままでは、数十年後にまた補修することになれば、我が家に食い込んだ基礎部分も市道部分だと
言われて土地を取られてしまうかもと心配になります。

もう半分以上も出来てやり直しも出来ないと思います。

市の言いなりになるしか仕方ないのでしょうか?

家に面する市道ですが、そこは坂道となっていて、そこの石垣が膨らんで来てたので、市が補修することになりました。
基礎ができた時点で、我が家の道が工事前より狭くなるようなので、業者立会いの下職員に確認すると約10㎝狭くなるという事でした。
一番狭いところは2m6cm位なので、車の出入り乗り降りがさらに困難になるので、交渉して5cm狭くなるということで妥協しました。
所が2日後くらいに確認すると。15cmも狭くなっていました。

添付の図がイメージですが、左図の赤い部分の石垣の...続きを読む

Aベストアンサー

高低差が如何程か判りませんが擁壁(間知石又はコンクリート練り積み)は角度75°以下が標準です。
質問者さんが言われる垂直な擁壁(PC又は現場打ちコンクリート擁壁)もありますが
L型や逆T型又は重力式でも余堀幅が半端なく必要になり、結果生活道路の一時閉鎖や質問者さん宅地への
影響が大きくなると思います。広げる広げないは恐らく現場納まり上の可否ではないかとも
思えますが総体的には概ねNO2さんの意見に賛成です。
下記は擁壁に関し川崎市が出している資料ですがほぼ一般的なものですので参考になさって下さい。
http://www.city.kawasaki.jp/500/cmsfiles/contents/0000018/18269/h25-taku_sisin_10.pdf

Q特商法と民法の解釈について

特商法に規定されている業種を生業としている者です。それに関するビジネス上の質問です。


一般論で回答願いたいのですが、私はかなり年配なため一般法的(民法的)解釈でビジネスを捉えていますが、特商法たるが、まるで消費者=善、業者=悪と言う構造が初めからありきで規定されているような不公平感を痛感します。 (民法には同じ事件を解釈しても、その不公平感をあまり感じません)


所詮、一般法=民法の中の特化した、専門的法律に過ぎないとしか認識していないので特商法と言えども民法的な基本さえ理念的に理解していれば、何も特別な解釈は必要ないと思っていました。


ところが具体的な事件がある度に、然るべき場所(例えば特商法の守護神とも言うべき、”バカの一つ覚え的”な『消費者センター』等に扱われると誰も民法的な解釈入れず、ひたすら特商法、特商法、、とまるですべてが特商法”バカの一つ覚え”の様に業者否定の前提で言うのが全く理解出来ません。

だから、これを悪用するクレーマーなる人種までいるのであって、今どき消費者だけを善と事前にするような不公平は理念的にも古いです。 (現実はどちらにも善も悪も存在するだけです)

私は法律の専門家でも無ければ、研究しているのでもありません。
そこでこれらの法律の矛盾や解釈等を基本論として教えて下さい!

凡例等には全く疎いので、現実的に特商法と民法の重なる部分の解釈について、当方が特商法業者であることをふまえ、基本的アドバイスを教えて頂ければ幸いです。

抽象的ですが、あらゆるケースに当てはまるので一般的に法の解釈を回答下さい。

特商法に規定されている業種を生業としている者です。それに関するビジネス上の質問です。


一般論で回答願いたいのですが、私はかなり年配なため一般法的(民法的)解釈でビジネスを捉えていますが、特商法たるが、まるで消費者=善、業者=悪と言う構造が初めからありきで規定されているような不公平感を痛感します。 (民法には同じ事件を解釈しても、その不公平感をあまり感じません)


所詮、一般法=民法の中の特化した、専門的法律に過ぎないとしか認識していないので特商法と言えども民法的な基本さえ理念...続きを読む

Aベストアンサー

>法律の矛盾や解釈等を基本論として教えて下さい!

と言いますが、私は、特商法と民法の解釈について 矛盾があるとは思っていません。
ご存じとは思いますが、特商法を含む特別法は、民法の規定を補充している法律なので、社会情勢の変動に添うための必要、かつ、不可欠だと思っています。
例えば、富山の薬屋さんが全国の家庭を訪問して薬を販売する伝統的な商売は昔からあります。
ところが、これが儲かる商売と捉えて、化粧品や、ときには、羽毛ふとんと称して化繊ふとんを売りにきます。
売主から言うと、買いますと言っておきながら、後で、返品されては、民法の一方的な契約解除はできない規定(540条以下)から許されないです。
ところが、一方の買主から言わせば、同法95条では要素の錯誤は無効だと言うわけです。
これは、誰でもありがちな「そんなはずではなかった。それならば買わなかった。」と言うこと者を保護している規定です。
この2つの民法の規定を調整し、双方の利益を調整している法律が特商法だと思っています。
ですから、この例では、売主の保護に95条を、買主の保護に540条を、それぞれ設けることで双方の利益を保証しているのだと思います。
以上で、決して「消費者=善、業者=悪と言う構造が初めからありきで規定されている」と言うことはないと思います。

>法律の矛盾や解釈等を基本論として教えて下さい!

と言いますが、私は、特商法と民法の解釈について 矛盾があるとは思っていません。
ご存じとは思いますが、特商法を含む特別法は、民法の規定を補充している法律なので、社会情勢の変動に添うための必要、かつ、不可欠だと思っています。
例えば、富山の薬屋さんが全国の家庭を訪問して薬を販売する伝統的な商売は昔からあります。
ところが、これが儲かる商売と捉えて、化粧品や、ときには、羽毛ふとんと称して化繊ふとんを売りにきます。
売主から言うと、買...続きを読む

Qマンション狭いキッチンの改善

シンクの写真を添付します
左右長さ120cm、奥行き50cmです

ベランダに都市ガスの給湯器はありますが
キッチンには配管されておらず
現状は100VのIHヒータで煮焼きをしています
狭くてIHヒータとまな板や鍋を同時に置くことが出来ず
どうにか改善して使い勝手の良い環境にしたいと
考えているのですがご教示願います

賃貸では無いのでリフォームは可能ですが
高額になりそうなので
安価に済ませたいと考え
2段式にして上でヒータ
下でまな板や調理器具・・・をという構想でいます
(その逆レイアウトでも可能)

何か上記にふさわしい物はあるでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

通信販売(セ○ールとかニッ○ンとかその他いろいろ)に、突っ張り式の棚が結構扱われています。
IHか一番下、その上に鍋などになると思いますが、幅が合えば使えるかと思います。

Q商法?民法?事業者と消費者について

質問1.商法と民法では、特別法である商法が優先
されるとのことですが、事業者と一般消費者の場合、
商法に適用が無い場合は民法を適用するとの基本的な
考え方でいいのでしょうか?
(消費者契約方等に適用される場合は除く)

質問2.債権消滅の時効について、商人と商人の関係
では、商法の5年が適用されると思います。
事業者と一般消費者の関係でも、商法の5年が適用
されるのでしょうか?
それとも民法の10年なのでしょうか?

質問3.事業者(エアコン取付業者、商品の補償期間は
考慮せず、あくまで作業上)が一般消費者との間で
瑕疵担保責任を負った場合、エアコン取付引渡しより
1年でしょうか?
瑕疵を知った時から1年なのでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問1.商法に規定がない場合は、一般法である民法を適用します。

質問2.商法の5年が適用されます。

質問3.請負契約における瑕疵担保責任ですから、エアコン取り付け引き渡しより1年です(民法637条)

Qベランダの屋根が吹き飛ばされました

築30年ほどの古い一戸建てです。
昨日の台風でベランダの屋根が吹き飛ばされてしまいました。 また、飛んでいった屋根が隣のベランダの屋根まで壊してましいました。
業者に見積もってもらったところ、両方で8万円くらいだといわれたそうです。
母曰く、飛ばされた屋根は「グラスファイバー入りの高いやつだった」そうなのですが、古い家なのにベランダに高い屋根をつける必要があるかどうかで悩んでいます。 
素材によって、どんな違いがあるのでしょうか。 (強度の違い・紫外線カット効果・その他)
また、留め具(?)も我が家のはプラスチックで、隣のは金具だったそうです。
これにもどんな違いがあるのでしょうか。
ぜひ教えてください。  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>留め金具(?)
とのことですので波板タイプのテラスですね?

一般的にテラスは強風時に骨組みごと飛ばないように屋根材だけが飛ぶようになっています。
骨組みごと飛ばされているともっと被害がもっと大きくなります。

最近ではポリカ材(タキロンとも呼んだりしますね)を使用した波板が耐久性も有り、割れることも少ないのでお勧めです。
昔からある塩ビの波板(水色のヤツです)は数年で劣化します。
近頃はポリカも大変安くなり塩ビとの価格差もあまりないと思います。

留め金具は波板フックなどと呼びます。
金属製とプラスチック製がありますが
骨組み(母屋=モヤといいます)の大きさに合ったものを使用することが重要です。
単純には金属の方が強いでしょうが
上記の強風時のことを考えて最近では
プラスチックのほうが多いみたいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報