【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ソビエト連邦は下流階級の人間が出世する社会構造だったのですか?

A 回答 (5件)

革命世代以降の最高幹部クラスであれば、モスクワ大学卒業が必須条件の一つです。


末端機関での出世程度なら、党や国家へのなんらかの業績を上げればなれます。
    • good
    • 0

共産主義社会は最高級の格差社会ですから、下流階級の人間が浮かび上がる機会は資本主義社会の比ではないくらい難しいと思います。

    • good
    • 0

社会主義は、持っていない者の嫉妬や欲望を利用した詐欺です。

共産主義がなければ、天と地は入れ替わらない。
下流に生まれた者はいくら苦労しても上流にはなれない。誰でも1番になりない、上流が邪魔だ。上流から既得権益を奪わなければ、自分が権力や金を独り占め出来ない。いまにみてろ!と、共産主義を勉強し、下級の嫉妬や野心を掻き立てて暴力や攻撃に向かわせるのです。
行け!万国の労働者達よ!既得権益者を破壊せよ!とね。自分が既得権益が欲しいために、人々を分裂させ階級闘争させるのです。
戦いに勝ったら、全員共産主義者の平等奴隷にさせられ、監視社会となります。

SNSにもおりますよね?人の幸せ投稿を自慢だと決めつけ批判対象として悪にしたてあげ貶める人が。これが、嫉妬による共産主義の粛清です。
    • good
    • 1

共産党員が出世する社会構造です。

    • good
    • 1

いろいろあったと思います。


目立った活動で頭角を表して共産党中央に登用されて出世していくか、もともと家柄がよくって才能とは別に出世コースに乗っている、大まかにはこのどちらかでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング