会員登録で5000円分が当たります

円安と円高の仕組みを中学生に説明する時どのように言ったら良いとおもいますか?回答お願いします。

A 回答 (6件)

円が欲しい人が多ければ円の値段が上がるから円高。

その逆は円安。

つまり一ドル100円から1ドル70円
>円高(✴︎同じ1ドルでも70円しか手に入れられないから高くなる)

あくまで相対的なもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/10/19 14:16

追記ですが…



さきほどの【問題】を例にして、基本から順に、段階的に教えていけば、理解してもらえるかと。

あとは、皆様が書き込みをしてくださってる通りですよねぇ(^^)

牛乳瓶のフタの例とかのように、
例を出しながら丁寧に細かく説明していかないと、理解の難しい年頃かもしれませんね(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そーですよね!回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/10/19 14:16

そのままの事実をまともに説明すれば、理解し得る年頃のはずです。


為替のレートとは何か、どう決まるのか、生活にどう影響するのか、
これを説明すればよいでしょう。
輸出入に対する影響まで説明すれば、
各々に得失があることも理解してもらえるでしょう。

説明する方がこれらを理解していないから、
どう説明してよいかわからない、と言う事でしかないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました!回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/10/19 14:15

【問題】



①1ドル=100円
②1ドル=200円

①と②は、どちらが円安でどちらが円高でしょうか?


【答え】
①が円高で、②が円安。

【解説】

上の①と②の例で説明すると…

円高とは、円の価値が高いこと。
円の価値が高いから、たった100円で1ドルというお金を買うことができる。

逆に、円安は円の価値が安い(低い)ということ。
なので、価値の安い円で1ドルを買うから、200円も出さないといけなくなる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいですね!回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/10/19 14:15

やはり同じ円の金額でドルなどと比較する輸出入金額を図解すればわかりやすいと思います。


例えば1万円で、円安と円高時にどれだけのか得とか損とかを図解する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/10/19 14:14

いいたとえかどうかわかりませんが、竹中平蔵と佐藤雅彦の対談では、生徒の中で流行しているモノに喩えていましたね。


(対談では「牛乳瓶のフタ集め」を例に出していましたが)

希少価値があればみんな欲しがるけど、ありふれてくると誰も欲しがらなくなる、モノの価値は相対的であり、需要によって変化するということをたとえていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それはわかりやすいですね!回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/10/19 14:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング