見守り電球またはGPS端末が特価中!

人事関係の仕事をしているのですがタイトルの計算が上手くできません。
定年日は満60歳に達した次の3月31日です。なお満年齢に達するのは誕生日の前日となります。
つまり、4月1日生まれの方は3月31日で満60歳となり、その日で定年です。
また、4月2日生まれの方は翌年の3月31日で定年となります。
その3月31日が何年(和暦・西暦は問いません)になるかを算出したいのです。
どなたかご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日付を回答してしまいましたが、年度(4月から3月)なら



  =YEAR(A1)+60+(MONTH(A1)*100+DAY(A1)>401)-1

と簡単になります。
    • good
    • 0

Excelとして、A1に誕生日があるとします。

質問を順番に算式にすると下記になりました。

誕生年の60年後を計算して、誕生日が4月1日より先(4月2日以降)の場合は1年を加算した3月31日を表示しています。
(MONTH(A1)*100+DAY(A1)>401)は論理式で、4月2日以降なら『TRUE』が帰ってきて、算式中では『1』の評価がされるため1年が加算されます。簡単に考えすぎた?

=DATE(YEAR(A1)+60+(MONTH(A1)*100+DAY(A1)>401),3,31)
    • good
    • 1

こんばんは!



EXCELでのご質問でしょうか?
そうだとしてレスさせて頂きます(違ったら読み飛ばして下さい)

セルA2に対象者の誕生日があるとして

セルB2に
=IF(MONTH(EDATE(A2,12*60)-1)>3,(YEAR(EDATE(A2,12*60)-1)+1)&"/3/31",YEAR(EDATE(A2,12*60)-1)&"/3/31")*1

検証用として(60歳になる日)をC2に
=EDATE(A2,12*60)-1

B2:C2を必要行まで複写

こんな感じでしょうか!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 10:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルで今日現在から退職までの年数計算

 退職が60歳3月として今日現在から退職までの年数を計算したいと思っています。

 が、できそうでできないといいますか・・

 どなたかお知恵を拝借願えれば助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職日が何年の3月分かれば以下の計算式で求めることができると思います。

セルのA1に退職年月を入力してどこかのセルに以下の式を入力してください。

=DATEDIF(TODAY(),A1,"y")

これで年数が求められると思いますが・・・勘違いの回答でしたらすいません。

上記関数の詳細はエクセルのヘルプをご参照ください。

Qエクセルで定年日が分かる関数は?教えて!

エクセルで、例えばある人が定年になる日付が分かる関数を教えて下さい。日付関数(datedif等)をやってみましたが、うまくいきませんでした(365日を乗じて見たりしましたが、ぴったり出ません)。お願いします。

Aベストアンサー

>西暦を元号表記にするにはどうしたらよいのか、教えていただければありがたいのですが。

下記の書式にするのであれば
平成19年12月27日(木)

=TEXT(DATE(YEAR(A1-1)+65,MONTH(A1-1),DAY(A1-1)),"ggge年m月d日(aaa)")

下記の書式にするのであれば
H19/12/27(木)

=TEXT(DATE(YEAR(A1-1)+65,MONTH(A1-1),DAY(A1-1)),"ge/m/d(aaa)")

としてください。

Qエクセルで○歳到達日を出したい

初心者です…。どうか教えてください。

A列に誕生日が入っています。例えばセルA1に入っている誕生日の人が、60歳に
なる日付を算出するにはどういう数式を使えばよいでしょうか?
60歳到達日は誕生日の前日になりますので、例えば昭和22年8月1日生まれの人は
平成19年7月31日に到達、ということになります。

よろしくおねがいします!<(_ _)>

Aベストアンサー

セルA1に

1947/8/1

と入力されているとして、セルB1に

=DATE(YEAR(A1)+60,MONTH(A1),DAY(A1))-1

です。

DATE関数は、

=DATE(年,月,日)

で、"年"、"月"、"日"で指定された日付をExcel標準の『日付シリアル値』(Excel内部で日付や時刻を処理するための数値)に変換します。

YEAR、MONTH、DAY関数はそれぞれ、

=YEAR(日付シリアル値)
=MONTH(日付シリアル値)
=DAY(日付シリアル値)

で、指定された日付シリアル値から、"年"、"月"、"日"を取り出します。

Q定年退職日の計算

エクセル2002です。

定年日付を、その人が60歳になってから最初に来る締め日(20日)で計算したいのです。
また、和暦で表示させたいです。

たとえばA1に 1951/3/12 とあったら、 B1に 平成23年3月20日 
     A2に 1951/3/23 とあったら、 B2に 平成23年4月20日  
 と表示させることは可能でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

B1セルには次の式を入力して下方にオートフィルドラッグします。

=IF(A1="","",DATE(YEAR(A1)+60,MONTH(A1)+IF(DAY(A1)>20,1,0),20))

その後にB列を右クリックして「セルの書式設定」から「表示形式」のタブで「日付」を選択します。
カレンダーの種類で「和暦」を選択して平成13年3月14日にチェックをしてOKすればよいでしょう。

Qエクセル計算式教えて下さい

ある特定の年齢まで本日より何年何ヶ月と何日か。

当社では、60歳が定年となるため、各人の定年までの残日数を
エクセルを使用して資料を作っておきたいと考えております。

わかりやすく簡単な計算式をお願い致します。

Aベストアンサー

=DATEIFを使う必要(#1ご回答)はないのではないかと思いました。
誕生日の60年あとの日(応当日と言う)は
=DATE(YEAR(A1)+60,MONTH(A1),DAY(A1))
で出ます。
後は今日の日=TODAY()と「引き算」!をすれば良い。
これこそ、エクセルなどが、日付をシリアル値で持つメリットが生きてくる場面なんです。誕生日より60年あとも、今日の日付も、1900年1月1日よりの日数(後)を表しているのだから、引き算すればその間の日数が出ますよね。ただ書式は「数値」にしておいてください。
こう考えると、DATEDIFを使わなくてよいので、DATEDIFの第3引数に悩む必要もありません。
>わかりやすく簡単な計算式をお願い致します。
これに沿ったものになります。
<例>
(A1)1955/2/23
(B1)=DATE(YEAR(A1)+60,MONTH(A1),DAY(A1))
値は2015/2/23
(C1)=TODAY()値は2004/5/6
(D1)=B1-C1値は3945 (C1を使わないなら=B1-TODAY()
ただ2月29日の誕生日の人はどうなるんだろう?。

=DATEIFを使う必要(#1ご回答)はないのではないかと思いました。
誕生日の60年あとの日(応当日と言う)は
=DATE(YEAR(A1)+60,MONTH(A1),DAY(A1))
で出ます。
後は今日の日=TODAY()と「引き算」!をすれば良い。
これこそ、エクセルなどが、日付をシリアル値で持つメリットが生きてくる場面なんです。誕生日より60年あとも、今日の日付も、1900年1月1日よりの日数(後)を表しているのだから、引き算すればその間の日数が出ますよね。ただ書式は「数値」にしておいてください。
こう考えると、...続きを読む

QEXCEL 何年何ヶ月間を求める関数を教えてください。

EXCEL
よろしくお願いします。 

入社日がB1のセルに平成10年12月5日と入っています。
退職の日がC1のセルに平成16年5月15日と入っています。

勤務期間を何年間何ヶ月間(満年月)をD1に出したのですが
どのような関数を使えばよいのか教え下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

=DATEDIF(B1,C1,"Y")&"年間"&DATEDIF(B1,C1,"YM")&"ヶ月間"

◆下の、URLも参考に見てください

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/users/office_expert/200304/01.asp

Qエクセルで定年退職日

もし、以前にも似た質問があったらすみません。
エクセルで生年月日から定年退職日を自動的に出したいのですが、どうしたらいいか教えてください。m(__)m
条件は以下の通りです。
(1)満60歳に達する前日が定年応答日。
(2)定年応答日の直近の3,6,9,12月末日が退職日
以上です。
例:1月1日生まれは前年12月31日が定年退職日
  1月2日生まれは当年3月31日が定年退職日
エクセル初心者ですので、できるだけ分かりやすく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

セルA2に"生年月日"が入力されているとして、定年退職日は、

=DATE(YEAR(A2-1)+60,CEILING(MONTH(A2-1),3)+1,1)-1

で求められます。以下、その解説です。

DATE関数は、"DATE(年,月,日)"の書式で、年月日をExcel標準の"日付シリアル値"に変換する関数です。
YEAR関数は、"YEAR(日付シリアル値)"の書式で、"日付シリアル値"で指定された年月日の"年"を求める関数です。
MONTH関数は、"MONTH(日付シリアル値)"の書式で、"日付シリアル値"で指定された年月日の"月"を求める関数です。
CEILING関数は、"CEILING(数値,基準値)"の書式で、"数値"を基準値で切り上げて"基準値の倍数値"に変換する関数です。
(例1:CEILING(4,3)=6、CEILIN(6,3)=6)

"YEAR(A2-1)+60"で、定年応答日の"西暦年"を求めます。
"MONTH(A2-1)"で、定年応答日の"月"を求めます。
"CEILING(MONTH(A2-1),3)+1"で、定年応答日の"月"を3の倍数に変換して定年退職日の"月"を求めた後、1を加算することで定年退職日の翌日の"月"を求めます。(定年退職日が12月の場合13月になりますが、Excelが自動的に"翌年1月"として処理してくれます。)
ですから、回答の式は、
=DATE(定年退職日の西暦年,定年退職日の翌月,1)-1
という形で、一旦、"DATE"関数で定年退職日の翌日の日付を求めたあと、1を減算することで定年退職日を求めています。(定年退職日を直接指定しないのは、大小の月の判別を行うと式が複雑になるためです。)

セルA2に"生年月日"が入力されているとして、定年退職日は、

=DATE(YEAR(A2-1)+60,CEILING(MONTH(A2-1),3)+1,1)-1

で求められます。以下、その解説です。

DATE関数は、"DATE(年,月,日)"の書式で、年月日をExcel標準の"日付シリアル値"に変換する関数です。
YEAR関数は、"YEAR(日付シリアル値)"の書式で、"日付シリアル値"で指定された年月日の"年"を求める関数です。
MONTH関数は、"MONTH(日付シリアル値)"の書式で、"日付シリアル値"で指定された年月日の"月"を求める関数です。
CEILING関数は、"CEI...続きを読む

QEXCELで○ヶ月を○年○ヶ月に変換したい。

EXCELで、例えば「430ヶ月を35年10ヶ月」に変換したいのですが、使える関数はありますか?又は、簡単な良い方法はありますか?

Aベストアンサー

=TEXT(DATE(0,430,1),"y年mmヶ月")
ですね。上記の式の430の所をセル参照
別解として
=INT(430/12)&"年"&MOD(430,12)&"ヶ月"

上記2つの式は12ヶ月で割り切れる場合の表示が異なります。
=TEXT(DATE(0,480,1),"y年mmヶ月")→39年12ヶ月
=INT(480/12)&"年"&MOD(480,12)&"ヶ月"→40年0ヶ月

Q勤続年数の平均を求めたい時の関数

エクセルで会社の従業員の勤続年数とその平均を求めたいです。
勤続年数のセルに
=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")&"年"&DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")&"ケ月"
といれて勤続年数を出してます。
それで次に従業員の勤続年数の平均を出したいのですが、AVERAGEを使うとエラー#DIV/0!が出ます。
どうすれば勤続年数とその平均が求められますか?
どんな方法でも良いので教えて下さい!!非常に困ってます(ー_ー)!!

Aベストアンサー

そりゃそうでしょう。計算対象が文字列扱いのデータなんですから、
エラーが出てアタリマエ、平均値が計算できワケがないです。

ですので、勤続年数の「数値」を持つセルを別に作る必要があります。
当然年/月のままじゃダメで勤続延べ何ヶ月という「月」の値にする
必要があります。ということで、上記のセルとは別に、

=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")*12+DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")

こうすれば、勤続延べ何ヶ月の数字が出てきます。この式を含むセル
についてAVARAGE関数で平均を取ってください。

で、出てくるのは勤続延べ何ヶ月ですから、こいつを12で割って「年」
余りを「月」にする必要があります。平均月が出たセルをB1として、

="平均"&INT(B1/12)&"年"&(B1-INT(B1/12)*12)&"ケ月"

こんな感じで表示できるはずです。
キモは「計算に使うセルと表示するセルを分ける」ということです。

計算に使うセルが表示上邪魔な場合は「書式」「列」「表示しない」
などで表示上隠す方法と、AA1~などの極端に離れたセルに記入して
おく方法などがあります。

そりゃそうでしょう。計算対象が文字列扱いのデータなんですから、
エラーが出てアタリマエ、平均値が計算できワケがないです。

ですので、勤続年数の「数値」を持つセルを別に作る必要があります。
当然年/月のままじゃダメで勤続延べ何ヶ月という「月」の値にする
必要があります。ということで、上記のセルとは別に、

=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")*12+DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")

こうすれば、勤続延べ何ヶ月の数字が出てきます。この式を含むセル
についてAVARAGE関数で平均を取ってください。

で...続きを読む

QExcelで五年後の日付を自動的に入力したい場合

表題の件なのですが
Excelで次のようにある日時を入力します。

2004/01/30

このように入力して別のセルに自動的に五年後の日付

2009/01/30

を自動的に表示させるためにはどのような処理をすれば宜しいかをご教示願います。

Aベストアンサー

例えばセルA1に5年前のデータを入れるなら、5年後の日付を出したいセルに

=DATE(YEAR(A1)+5,MONTH(A1),DAY(A1))

という式を入れればOKです。
式の中のA1の所は、元のデータのセルの位置にあわせて変えてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング