誘導電動機の損失の中で、固定子鉄損がありますがこのことについて詳しく教えてください。

A 回答 (2件)

ヒステリシス損…鉄心内の磁束が方向、大きさを変化することにより磁気分子が方向と配列を変え、分子相互間に発生する摩擦損(保磁力)。



渦電流損…磁束の変化で鉄心内に起電力が生じ、電流が流れる結果、発生する抵抗損失

です。
    • good
    • 0

強磁性体(固定子)が交流磁化されると,次のようなエネルギー損失(鉄損)が生じます。

(1)ヒステリシス損 (2)うず電流損(ジュール熱損失) (3)高周波損失 が考えられます。それぞれの詳しい説明は,省略します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

cswhiteさん、回答ありがとうございます。その損失の中で、渦電流損についてわかりやすく教えてもらえないでしょうか。おねがいします。

お礼日時:2001/08/18 00:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誘導電動機の機械出力はPoですが、誘導電動機のPとは何の出力の事なのでしょうか

誘導電動機の機械出力はPoですが、誘導電動機のPとは何の出力の事なのでしょうか

Aベストアンサー

>Po(機械出力)=P2(二次入力)

なにか間違ってないでしょうか?

一次入力(交流電力)が固定子に入って,固定子で発生する鉄損,一次銅損,漂遊負荷損
が差し引かれたのが二次入力。

二次入力は回転子に入る入力,そこから風損摩擦損(機械損)と二次銅損を引かないと
機械出力(軸出力)にならないですけど。

ここで言われるPとは一次入力を言っているのかと思いますが,御質問内容からは
判断しかねます。

Q三相誘導電動機の回転子巻線電流周波数について

三相誘導電動機の回転子巻線電流周波数について質問します。

今、定格周波数60Hz 8極の三相誘導電動機があるとします。
ここで、すべりが1のとき、回転子巻線に流れる電流の周波数
は60Hzのようです。
 私が考えるに、極数が8ですので、回転磁界が回転する周波数
が15となり、回転子巻線に流れる電流の周波数も15となるように
思えるのですが、間違ってますでしょうか。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

8極の誘導機について、ちょっと模式的なイメージを作ってみます。

輪ゴムのような輪っかを考えます。
この輪っかにNとSを4個づつ(計8個、というのは8極なので)等間隔にくっつけます。
結果、45度おきに、N,Sが並んだ輪っかができます。
便宜上、このNSをN1,S1,N2,S2,N3,S3,N4,S4と番号をつけます。

この輪っかを輪っかの中心を軸にして、毎秒15回回します。
これを固定した回転子のある1点から見ると、N1は一秒間に15回通過します。が、N1が通過してつぎに再度N1がくる前に、S1,N2,S2,N3,S3,N4S4が順番に通過していきます。
という具合に、輪っかが1回転する間に、固定した回転子の1点から見える磁極はN1→S1→N2→S2→...→S4→N1と4回NSを繰り返し、結果、一秒間あたり15*4の60回NSの繰り返しがあることになります。

で、この繰り返しに対応して、誘導電圧や誘導電流も発生しますので、毎秒60回繰り返す、60Hzの交流電圧、電流が誘導されます。

Q誘導電動機

誘導電動機の特徴を教えて下さい

Aベストアンサー

誘導電動機は、電流の磁気作用を利用して、電気エネルギーを動力に変える働きをする回転機です。

誘導電動機の特徴は、構造が簡単で寿命が長いことです。

性質は、回転数が周波数に依存すること、負荷が重くなると必ずしも周波数と同期せずスリップがあることなど。
種類は、大きく分けると単相交流で使用する単相交流誘導電動機と三相交流で使用する三相交流誘導電動機に分けられます。

ご質問は、電気・磁気それから交流などを勉強された上での質問でしょうか。
できれば、今どこまで勉強され、どのような目的で質問されたのかを書かれると、より質の高い役に立つ回答が出るかと思います。

Q無負荷の三相誘導電動機の周波数に対する電流と出力

三相誘導電動機をインバーターを用いて、無負荷状態で周波数に対する回転速度を計ると、インバータの周波数を増やすと途中まで増えていた電動機の一次電流と一次出力の値が次第に下がって来ますがどうしてなのでしょうか?

周波数が増えるにしたがって回転速度と一次電圧が増えていくのは分かりますが、
電流と出力が途中から下がっていく理由がわかりません。

ちなみにインバータの入力電圧は200V、周波数は10Hz→60Hzと変化させました。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>電動機の一次電流と一次出力の値が次第に下がって来ますがどうしてなのでしょうか?
誘導電動機の等価回路は、1次コイルと2次コイルとを空隙を設けて対向させて、2次側を回転させることができる変圧器と考えることが出来ます。
そこで無負荷特性は、変圧器と同様に考えて、電圧を変えずに周波数だけ上げていったとします。
磁束密度は、周波数と反比例しますから、磁束密度は下がり励磁電流と鉄損電流は減りますから、1次電流は減少します。
1次出力とは、なにか良く分りませんが「インバーターの出力=電動機の入力」のこととしますと電動機の入力は、電動機の入力電流掛ける入力電圧ですから減少します。
もし、これが実効電力のこととしても磁束密度が下がっていけば、鉄損や銅損が減少しますから、下がります。

>周波数が増えるにしたがって回転速度と一次電圧が増えていくのは分かりますが、
1次電圧がひとりでに増えることは、有りません。周波数が上がると回転が上がりますから、確かに逆起電力は、上がりますが、電動機の電圧を決めているのはインバーターですから、インバーターが、その様に作られているのでしょう。
>電流と出力が途中から下がっていく理由がわかりません。
無負荷時では、前記のように電流と無負荷電力が下がっていきます。
途中からになる理由は、上記のようにインバーター電動機の励磁特性に合わせて周波数があがるとき一旦電圧が上がるように作られているせいと思います。たとえば、10Hz→50Hzまで電圧をあげていき、あとは60Hzまで一定電圧にする。

ちなみに、ご質問では、電動機の定格が60Hzで200Vとしますと10Hzから実験開始では、電動機の鉄芯が飽和しないようにかなり低い電動機の1次電圧になっていませんでしたか。
ちょっと分りにくいかもしれませんが、周波数に対して電動機の電圧を決めているのは、インバーター(の設計の考え方)です。

>電動機の一次電流と一次出力の値が次第に下がって来ますがどうしてなのでしょうか?
誘導電動機の等価回路は、1次コイルと2次コイルとを空隙を設けて対向させて、2次側を回転させることができる変圧器と考えることが出来ます。
そこで無負荷特性は、変圧器と同様に考えて、電圧を変えずに周波数だけ上げていったとします。
磁束密度は、周波数と反比例しますから、磁束密度は下がり励磁電流と鉄損電流は減りますから、1次電流は減少します。
1次出力とは、なにか良く分りませんが「インバーターの出力...続きを読む

Q誘導電動機について

二重かご型誘導電動機の原理について簡潔に教えてください。後、普通かご型誘導電動機はなぜ大容量のものが無いのですか?

Aベストアンサー

かご型誘導機では、すべりの大きな起動時に大電流が流れます。
この対策として、導体を二重にして、内側に低抵抗の導体を、外側に高抵抗の導体を入れたのが二重かご型。

すべりの大きいときには、回転子インダクタンスの効果(表皮効果と類似の効果)で外側の高抵抗導体に主に電流が流れ、高い二次抵抗で運転し、突入電流を抑えます。

定常速度になって、すべりが小さくなると、内側の導体にも電流が流れ、二次抵抗が下がります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報