ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

誘導電動機の損失の中で、固定子鉄損がありますがこのことについて詳しく教えてください。

A 回答 (2件)

ヒステリシス損…鉄心内の磁束が方向、大きさを変化することにより磁気分子が方向と配列を変え、分子相互間に発生する摩擦損(保磁力)。



渦電流損…磁束の変化で鉄心内に起電力が生じ、電流が流れる結果、発生する抵抗損失

です。
    • good
    • 0

強磁性体(固定子)が交流磁化されると,次のようなエネルギー損失(鉄損)が生じます。

(1)ヒステリシス損 (2)うず電流損(ジュール熱損失) (3)高周波損失 が考えられます。それぞれの詳しい説明は,省略します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

cswhiteさん、回答ありがとうございます。その損失の中で、渦電流損についてわかりやすく教えてもらえないでしょうか。おねがいします。

お礼日時:2001/08/18 00:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄損と銅損の違い

私はいまモータについて勉強しています。
そこで、思ったのですが鉄損と銅損の違いは何なのでしょうか?

鉄損はコイルの導線の抵抗によって失われる電気エネルギー
銅損は巻線の導線にある電気抵抗によって失われる電気エネルギー

とのことですが、どちらのほうがシステム的に厄介、優先的に抑えるべきなか、
鉄損や銅損が大きいとどういった問題が起きるのか

どなたか詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

>鉄損はコイルの導線の抵抗によって失われる電気エネルギー

これは間違いです。鉄損は磁気回路の磁場の変化に伴って発生する損失でヒステリシス損と渦電流損があります。

>どちらのほうがシステム的に厄介、優先的に抑えるべきなか、

設計上はどちらを優先するというより、目的とする主な動作状態において銅損と鉄損の合計が最も小さくなるように最適設計します。この条件が他の第3の条件との兼ね合いで満たされない場合にはその第3の条件とのトレードオフにより最適化します。

>鉄損や銅損が大きいとどういった問題が起きるのか

発熱、効率低下(消費電力増加)などの問題が生じます。

Q電圧変動率

高2です。

今、電気実習で変圧器についてやりました。
レポートで電圧変動率について調べよとあったのですが、調べてもよくわかりません。
なので高2レベルで回答下さい。

ちなみに高2レベルは第2種電気工事士の内容は頭に入っていると考えて下さい

自分で調べる方が為になっていいというはわかっていますが、そこは見逃して下さい。
回答お願いします。

Aベストアンサー

高2の方には、少し難解な回答をされているようなので、概略で説明いたします。

電圧変動率というのは、無負荷時の電圧と、定格負荷の電圧との変動具合を表したものです。
実際は、定格力率の定格負荷を接続した場合の定格出力電圧となる入力電圧を設定し、その時の出力電圧と、無負荷にした時の出力電圧との差から求めます。
その為、定格負荷時は負荷のインピーダンスでの電圧降下が出力電圧と等しくなり、無負荷時はそれに変圧器のインピ-ダンスを合成した電圧が出力電圧に等しくなります。
それが前回答者の添付図になります。
http://www.jeea.or.jp/course/contents/05101/

等価回路をみれば分かり易いのですが、変圧器のインピーダンスと負荷のインピーダンスを合成した時の電圧が変圧器の出力能力で、無負荷時の電圧になり、負荷の電圧はそのまま定格負荷の電圧なので、その差が変動率となっています。

Q励磁回路について

励磁回路ってどういう回路のことを言うのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

電磁石又は永久磁石を利用し機器の動作に必要な磁気を与える電気回路の全般をよびます。

どのような事例での励磁回路なのか不明ですので、これ以上詳細な説明は控えます。

質問の内容をもう少し具体的に書いていただけると、その事例での実際例などお知らせできるかも知れません。

余りにも漠然としていますので・・・

Q負荷?無負荷?

負荷状態、無負荷状態という言葉に混乱しています。

負荷状態→抵抗がある状態
無負荷状態→抵抗が0である状態
ということなのでしょうか?

あと、短絡というのは無負荷と同義でしょうか?

頭の中がこんがらがっています(>_<)

どなたか教えてください!

Aベストアンサー

まずアドバイスですが、具体的にどのような回路、装置についてこの質問をされたのかを明確にしたほうが適切な回答が得られると思います。

抵抗、短絡と言う言葉があるので電気回路と考えて回答します。
基本的な考え方は機械系でも同じですが。
外部に対してエネルギーを供給できる電源:電池、発電機、トランジスター回路、直流電源等(機械系の場合はエンジンやモータ等の動力源)を考えます。
負荷状態とは電源に負荷(=電球等)が接続されて(負荷が接続されているといいます)電流が流れて電源から負荷(=電球等)にエネルギーが供給されている状態です。
無負荷状態とは電源スイッチがOFFされていて電源に負荷(=電球等)が接続されておらず(オープン状態)電流が流れず電源から負荷(=電球等)にエネルギーが供給されていない状態です。
無負荷状態は別の言い方をすると抵抗値無限大の負荷が接続されていることになります。
短絡と言うのはこれと逆に電源に抵抗値ゼロの(ゼロに近い)負荷が接続された状態(俗にショートと呼ぶ)で通常は短絡電流と呼ばれる大電流が流れて配線が焼けることもあります。
この事故を防ぐために配線用遮断器(ブレーカ)やヒューズを設置します。
また、電源には負荷に無理なくエネルギーを供給できる定格出力と呼ばれるエネルギー供給能力があり、定格出力となる負荷を定格負荷、定格負荷時の電流を定格電流と呼びます。

まずアドバイスですが、具体的にどのような回路、装置についてこの質問をされたのかを明確にしたほうが適切な回答が得られると思います。

抵抗、短絡と言う言葉があるので電気回路と考えて回答します。
基本的な考え方は機械系でも同じですが。
外部に対してエネルギーを供給できる電源:電池、発電機、トランジスター回路、直流電源等(機械系の場合はエンジンやモータ等の動力源)を考えます。
負荷状態とは電源に負荷(=電球等)が接続されて(負荷が接続されているといいます)電流が流れて電源から負...続きを読む

Q誘導電動機の力率

三相誘導電動機、単相誘導電動機の力率はどうやって求めるのでしょうか。参考書には巻線抵抗、リアクタンス、滑りなどに比例するとしか書いていないのですが、式はどのようになるのでしょうか

Aベストアンサー

単相誘導機だと、やはり実負荷試験をするのが一番かなと思います。
ただし、実負荷試験の結果は、きれいな円線図にはならないように思います。
(単相機だと、すべりの異なる誘導機2台を直結しているような特性になるため)

三相機なら、短絡試験、無負荷試験で等価回路を作るのが手っ取りばやいと思います。
この方法はJISでも規定されていますので。

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Qコアのギャップについて

高電圧トランスのコアにギャップを入れる事は、どの様な効果があるのでしょうか?
飽和しにくく、一定のインダクタンスが得られるとは思うのですが、その他にも効果があるのでしょうか?

当方、あまり磁気学は詳しくありません。やさしい回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>当方、あまり磁気学は詳しくありません。
トランスのコアにギャップを入れる質問をされている時点ですでにだいぶ詳しいと思いますが (^^;

高電圧トランスというより、高周波トランス全般ですね。
ギャップの役割は、おっしゃるとおり磁気飽和を防ぎ、AL値を一定化させ、一定のインダクタンスが得られるようにすることです。

特に高電圧トランスの場合AL値が高いと1次巻き線の巻数が極端に下がり、製造に支障をきたすため、ギャップは重要な役割となります。

EIコアではPETフィルムをはさむなどしてスペーサギャップをつけますが、生産性が悪いのでEEコア、ERコアなどではセンタコアを削ってギャップを作るほうが多く、一見するとギャップがないように見えます。

Q発電機の乱調とは?

お世話になります。
発電機の並列運転中に起きる乱調についてですが、周波数が変動したり、回転数が変動したりすることかと思うのですが、コレでよいのでしょうか。
言葉で説明するとなると難しいのですが、どのように説明するとよいでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

同期発電機が並列運転を行なうためには
・発電電圧が等しいこと。
・発電周波数が等しいこと。
・電圧の位相が等しいこと。
・電圧の波形が等しいこと。
・原動機のガバナ特性が等しいこと。
の条件が必要です。

複数の同期発電機の並列運転中にある発電機の回転数(周波数)がずれると位相もずれ同期化力が働き位相を同期させようとしますが、回転部に慣性があるため回転数(周波数)は落着かず変動を繰り返します。この状態を乱調といいます。
乱調状態では回転数(周波数)が変動する為、発電機電力も変動します。
乱調が激しくなると脱調となり並列運転は不可能になります。

Q誘導電動機の負荷特性曲線について

こんにちわ。
誘導電動機について、負荷抵抗の値を変えて誘導電動機の負荷を変え、トルク、力率、効率、一次電流、すべり等を求めたのですが、これらを一つのグラフにし、「負荷特性曲線」を描けと言われました。
値が全然違うものをどうやって一つのグラフに描けばいいんでしょう・・・?
と言うか、負荷特選曲線についても良く分かっていません・・・。
初歩的なことで申し訳ありませんが、どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

通常は、横軸に出力をとって、縦軸にそれぞれの値をとった曲線を描くかと思います。(縦軸の数はそれなりに必要になります。)

Q鉄損の計算

どなたか教えて下さい。お願いします。
ヒステリシス損と渦電流損の計算式(スタインメッツの実験式)を見つけたのですが、ヒステリシス係数khと渦電流損係数keが見つからない為、損失が計算できません。この係数は材料によって値が違うとあるのですが、空芯コイル(銅)の場合はどうなるのでしょうか。
間に磁性体がなく、空気や銅の比透磁率がほぼ0に近いので、損失はほとんどないと考えているのですが(磁界は10A/mとする)。

・ヒステリシス損: Ph=kh・f・Bm^1.6   
・渦電流損: Pe=ke(d・f・Bm)^2
Bm:最大磁束密度(T)
kh:ヒステリシス係数(材料による係数)
ke:渦電流係数(材料による係数)
f:周波数(Hz)=30MHz
d:磁性体の厚さ →コイルの表皮厚さ(仮定)=約12um (ちなみに線径は2mm)

Aベストアンサー

空芯の場合は、ヒステレシスは発生しないので0で、渦電流も起きないので、渦電流損は0です。
その代わり、30MHzでは銅損が大きくなります。


人気Q&Aランキング