水酸化マグネシウム飽和水溶液のphは、どの位なのでしょうか?
殆ど変わらないですか?

前回URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=117693

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以前の質問の続きですね^^


25℃において、溶解度積[Mg2+][OH-]^2=1.8×10^(-11)という条件の下で計算してみましょう。
また、計算の簡略化のため、水の電離は無視しております。
Mg(OH2) ←→ Mg2+ + 2OH-
という平衡で、Mg2+がxmol生成したとすれば、OH-は2xmolですよね。これを溶解度積に代入すれば、
4x^3 = 1.8×10^(-11)
→x=1.65×10^(-4) [mol/l]
よって、[OH-]=3.30×10^(-4) [mol/l]
これより、pOH=3.48
ゆえに、pH=14-3.48=10.52
(多分これでよいと思います。計算が違っていましたらスイマセン)

とまあ、予想以上にpHは上がります。これは、次のような現象を知っていると、
ある程度は納得できるかもしれません。
試しに、1lの純水に1.0mol/lの塩酸を1滴加えたときのpHを求めてみましょう。
1滴は大体0.05mlなので、これに含まれる塩酸は5.0×10-5mol/lですよね。
ってことは、この溶液のpHは大体4.3になります。

たったこれだけの塩酸で、pHは7→4.3に下がってしまうのです。となると、
いくら水酸化マグネシウムが難溶性であるとはいえ、若干ながらOH-が
溶け込んでいる以上は、pHはジャンプアップしてしまうのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 22:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハロゲン系難燃剤の範囲とは?

 環境影響物質の含有についての問い合わせが
いろいろあるのですが、この
ハロゲン系難燃剤についての回答に困って
しまいます。
 テフロンなどハロゲン化合物を含んでいますが、
難燃剤ではないと思うのですが・・・

 そこで質問です。

1)ハロゲンだけ、ハロゲン化合物でなく、
  どうして難燃剤と指定して来るのでしょうか?

2)この難燃剤での問い合わせが来たとき、
  難燃剤でないハロゲン化合物を含んで
  いても、含有なしで答えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

プリント配線板材料の設計に携わっている者です。
このような問合せにたまに対応しています。

1)ここで言う難燃剤とは、後添加型の難燃剤を指しま
す。つまり、マトリックス(樹脂等)の骨格に取込まれ
て(化学結合して)いないものになります。「ハロゲン
化合物」と言った場合は骨格中にハロゲンが取込まれ
ているものを指すことになります。
添加型難燃剤が環境負荷で重要視される理由は、燃焼
時にダイオキシン発生の可能性がある添加型の「デカ
ブロモジフェニルエーテル」が使用禁止物質となって
いることにあります。
「ハロゲン化合物」といった場合は、骨格中にハロゲ
ンを含有するものを指し、燃焼時の毒性は低いとみら
れているものです。

2)「含有なし」で良いです。

Q水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別実験

水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別する実験の方法を教えてください。
使っていい道具
ビーカー・ガスバーナー・試験管・マッチ・三角架・金網・薬さじ・ろ紙・漏斗・スタンド・リトマス紙・BTB溶液・フェノールフタレーン液・ガラス棒・スライドガラス・金属皿・駒込ピペット・メスシリンダー・マグネシウムリボン・べネジクト液・沸騰石・試験管ばさみです。量は限りがないものとします。
「混ぜて白く濁らる」以外であればお願いします。
※禁止事項
・息を吐いて二酸化炭素を入れる
・手を入れてみる、触ってみる
・においをかぐ
・見た目(ただし、色の違い・気体発生などの明らかなものは可)
・手で重さを比べる

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム水溶液と水酸化カルシウム液のそれぞれを、ビーカーに100ccほど採り、駒込みピベットで少量ずつ塩酸を入れ、両方の水溶液が中性になったところで、塩酸を入れるをやめる。両方の水溶液が中性になったかどうかは、リトマス試験紙で確認する。中性になったそれぞれの水溶液を、それぞれの試験管に入れ、試験管ばさみで試験管を持ち、ガスバーナーで、結晶が出てくるまで加熱する。そして、それぞれの結晶をスライドグラスにのせ、結晶を顕微鏡で見る。塩化ナトリウムの結晶が見られる方が、水酸化ナトリウム液となる。

Q水酸化マグネシウム

水酸化マグネシウムは、純水にはどれ位溶けるのでしょうか?

Aベストアンサー

MiJunさんのおっしゃるとおり、化学便覧を調べるのがよいかと思われます。

Mg(OH)2の溶解度はかなり低く、たいてい溶解度積[Mg2+][OH-]^2で掲載
されています。私の手元にあった理科年表(1997)には、25度の水に対して
溶解度積は1.8×10^(-11)と載っていました。
これを水100gに対する溶解度に換算すると、9.41×10^(-4)となります。多分。
(換算の式は省略。わからない場合には補足をお願いします。)
要するに、水100gにはMg(OH)2は大体0.9mgほどしか溶解しないようです。

なお、溶解度積は参考文献によって大きく異なる場合が多いので、化学便覧を
信用するのがよいかと思われます。

Qマグネシウムは水酸化ナトリウム水溶液に溶けるか??

こんばんわ。早速質問に移らさせていただきます。

亜鉛、鉄などが塩酸などに溶けることは有名であり、また、同じような金属が水酸化ナトリウムに溶けることも知っております。
となると、マグネシウムも水酸化ナトリウム水溶液に溶けると思うのですが、身の回りの参考書のどこを調べても、マグネシウムに関する記述のみ掲載されておりません。
そこで、みなさんにご質問させていただきました。
どうなんでしょうか?
溶けますよね??

Aベストアンサー

マグネシウムは水酸化物には溶けにくいです。ですから、水酸化ナトリウムにはほとんど溶けません。
2族元素の水酸化物への溶解性は上から、溶けにくい>溶けやすい、となっています。カルシウムはわずかに溶けます。

Q水酸化マグネシウム

こんにちは。現在高3で受験を間近に控えているものです。
唐突な質問ですが、水酸化マグネシウムはなぜ塩化アンモニウム水溶液に溶けるのでしょうか????

Aベストアンサー

簡単に言えば平衡が生成系(右に)ずれるからです。
Mg(OH)2 + 2NH4 + 2Cl- → Mg^2+ + 2Cl- + 2H2O + 2NH3↑
水酸化マグネシウムは低溶性ですが塩基、塩化アンモニウムは弱酸ですので、中和反応がおき、系からアンモニアが抜けるため、反応は右に移行するのが有利です。

Q飽和ヨウ化鉛水溶液とヨウ化カリウム水溶液

飽和ヨウ化鉛水溶液とヨウ化カリウム水溶液をまぜると、黄色くなりました。黄色くなったのは何が沈殿したからですか?できれば反応式とともに教えてください。

Aベストアンサー

Pb(NO3)2 (aq) + 2 KI (aq) → PbI2 (s) + 2 KNO3 (aq)
のことでしょうか?
おそらくですが硝酸鉛(II)とヨウ化カリウムを反応させてヨウ化鉛と硝酸カリウムができたのではないでしょうか?
この実験は沈殿物の見やすさから沈殿の演示実験によく用いられます。
ちなみに黄色い沈殿は「PbI2 (s)」です。

Qプラスチック用難燃剤の表記区分

プラスチックに含まれる難燃剤の表記区分について教えてください。
難燃剤成分を調べるとDecabromodiheyl ethaneとアンチモン化合物であることがわかりました。
JIS K 6899-4(ISO-1043-4)のコード番号に当てはめた場合、Decabromodiheyl ethaneは芳香族臭素化化合物に該当するのでしょうか?そうすればコード番号17になるのですが。
それとも別の区分なのでしょうか?

Aベストアンサー

>>Decabromodiheyl ethane
これは綴り間違いでDecabromodiphenyl ethaneです。
確かに難燃剤で芳香族臭化物です。ただし、コプラナーPBBになりやすいので、国内では使われなくなる方向にあると思います。
googleで調べたら当たるサイトの90%が中国企業。(--;
添付URLの化学構造式のものです。

参考URL:http://oceanchemical.en.ecplaza.net/1.asp

Q酢酸水溶液に塩酸or水酸化ナトリウム水溶液を加えたとき最初は急激にpH

酢酸水溶液に塩酸or水酸化ナトリウム水溶液を加えたとき最初は急激にpHが変化したのですが徐々に変化量が小さくなっていきました。
これは何でなんでしょうか?

Aベストアンサー

最初の変化が大きいのは,解離平衡があるからです.
平衡定数がどういう式で表せるか,その構成要素がどう変わるか考える必要があります.
この延長で,水酸化ナトリウムについては説明できます.
塩酸の方は,ある程度入れた後は,過剰に酸を入れているだけなので,入れている酸のpHに近づいていくというだけのことです(それ以上には下がりえないので).

Q水酸化マグネシウムその弐

水酸化マグネシウム飽和水溶液のphは、どの位なのでしょうか?
殆ど変わらないですか?

前回URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=117693

Aベストアンサー

以前の質問の続きですね^^
25℃において、溶解度積[Mg2+][OH-]^2=1.8×10^(-11)という条件の下で計算してみましょう。
また、計算の簡略化のため、水の電離は無視しております。
Mg(OH2) ←→ Mg2+ + 2OH-
という平衡で、Mg2+がxmol生成したとすれば、OH-は2xmolですよね。これを溶解度積に代入すれば、
4x^3 = 1.8×10^(-11)
→x=1.65×10^(-4) [mol/l]
よって、[OH-]=3.30×10^(-4) [mol/l]
これより、pOH=3.48
ゆえに、pH=14-3.48=10.52
(多分これでよいと思います。計算が違っていましたらスイマセン)

とまあ、予想以上にpHは上がります。これは、次のような現象を知っていると、
ある程度は納得できるかもしれません。
試しに、1lの純水に1.0mol/lの塩酸を1滴加えたときのpHを求めてみましょう。
1滴は大体0.05mlなので、これに含まれる塩酸は5.0×10-5mol/lですよね。
ってことは、この溶液のpHは大体4.3になります。

たったこれだけの塩酸で、pHは7→4.3に下がってしまうのです。となると、
いくら水酸化マグネシウムが難溶性であるとはいえ、若干ながらOH-が
溶け込んでいる以上は、pHはジャンプアップしてしまうのです。

以前の質問の続きですね^^
25℃において、溶解度積[Mg2+][OH-]^2=1.8×10^(-11)という条件の下で計算してみましょう。
また、計算の簡略化のため、水の電離は無視しております。
Mg(OH2) ←→ Mg2+ + 2OH-
という平衡で、Mg2+がxmol生成したとすれば、OH-は2xmolですよね。これを溶解度積に代入すれば、
4x^3 = 1.8×10^(-11)
→x=1.65×10^(-4) [mol/l]
よって、[OH-]=3.30×10^(-4) [mol/l]
これより、pOH=3.48
ゆえに、pH=14-3.48=10.52
(多分これでよいと思います。計算が違っていましたらスイマセン)
...続きを読む

Q クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム

 クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム酸イオンが生じる。
という記述があったのですが、反応式がわかりません。

どなたか、教えていただければ光栄です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは間違いでしょう。


次のような平衡が成り立っています。


2H^+ + 2CrO4^2- ⇔ 2HCrO4^- ⇔ Cr2O7^2- + H2O


酸を加えると平衡は右に移動して Cr2O7^2- を生じ、
塩基を加えると左に移動して CrO4^2- を生じます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報