プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本語を勉強中の中国人です。「武士の家計簿」という映画を見ました。その中の女性のある仕草についてお伺いいたします。

昔の時代の話と思います。和室の中で、自分のいのちと同じぐらい重要なそろばんを前に、男性の主人公は生計に不安で、とても困っている様子でした。その男性の後ろから少し離れたところに座っている奥さんは、大和撫子雰囲気の女性でした。わたしは、てっきり自分の主人を後ろから抱きしめて慰める動作をすると想像していました。しかし、その発展は、女性がただゆっくりと男性の後ろのほうに移動し、男性の背中に自分の顔と手を当てただけでした。背中に顔と手を当てることで、昔、寄り添い、支えるという意味でしょうか。どなたかその仕草の真意を説明していただけませんか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

武士道というのを知ってますか?



明治の始めに新渡戸稲造という人が英文で武士道という本を出しました。

その中に代14章に女性(武士の妻や女子)の修練と地位というのがあります。

非常に長いので興味があったら読んで下さい。

日本には陰陽裏表のいう思想があります、武士が陽なら妻は陰とした教育が有り武士(形)の妻(影)はとしてけして夫の前には出ません、だから表現として抱き会うことは出来ませんせめて背中にさわる位が最大の愛情表現です。

日本語の武士道も在りますから明治以前の日本を知りたいのならぜひよんでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。武士道についてぜひ読ませていただきます。大変勉強になりました。

お礼日時:2020/10/26 09:20

背中から触れる女性の仕草って素敵ではありませんか。

西洋人なら直ぐ前から抱きつくところです。そんな仕草って好きだな。出演した女優は誰だったな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。ありがとうございます。仲間由紀恵さんです^ - ^

お礼日時:2020/10/26 09:22

そうですね。


男は 愛おしい時に 抱きしめるのですが、女性は、寄り添うだけ
で、抱き着いたりしません。
それが、大和撫子(淑女)の たしなみ でた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2020/10/26 09:19

> 自分の主人を後ろから抱きしめて慰める



これは江戸時代には考えられないでしょうね。町人の夫婦でしたらアリかも知れませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2020/10/26 09:18

たぶん、それですら誇張された表現ではないでしょうか?



明治時代の夫婦を描いた映画の中で、妻が落ち込んでいる夫にそっと寄り添う場面がありました。
これはある女性作家の自伝小説を映画化したもので、妻はその女性作家自身です。

それで、「そういうことが実際に夫婦の間で会ったのですか?」という質問に対して、作家は「いいえ、あれは映画ですから」と答えています。
「明治の旦那様は怖くて、妻が自分の方から触れるなんて、とてもできません」と。

ましてや江戸時代の、庶民の夫婦ならまだしも、武士の夫婦なら、夫は殿様、妻は女中頭くらいの上下関係です。

映画でもTVドラマでも、現代人が理解しやすく感動しやすいように描くのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。いい勉強になりました。

お礼日時:2020/10/26 09:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング