ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

USCPAの有効期間というものは、あるのでしょうか?
また、失効のような制度はあるのでしょうか?
失効した場合、受験のし直しなんでしょうか?
合格実績としては、一生ものなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

また聞きなんであまり自信がありませんが、年に一度(?)資格の更新をする、という話を聞きました。

日本の自動車免許の更新みたいなものなんでしょうか。
私は今、CPAの勉強中です。もし受かった後ならもう少し具体的な回答ができたのかもしれませんが・・。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q29歳、無職1年超、米国公認会計士取得を目指す

米国公認会計士の資格取得までの間に経理?会計?の実務経験を積む

働きながら資格取得のための勉強。1,2年内に合格

頃合いを見て転職など

このようなプランで良いのでしょうか?
TOEICスコアが740あり英語にさほど抵抗はなく、英語力もさらに高めながら米国公認会計士の資格取得を目指し、ゆくゆくは必要となりそうなら公認会計士にもチャレンジしてみようと考えています。

実務経験も会計知識も何もないためこのようなプランしか思いつかないのですが、29歳からこのようなプランは現実的と言えるのでしょうか?
米国公認会計士の今後の需要や国際化のお話、日本の公認会計士資格目指しなさいとかいう意見でも構いませんので、まったくの素人で何もわからないため会計士として生きて行くためのキャリアプラン等のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

良いキャリアプランだと思いますよ。

29歳でしたらギリギリで頑張れば計画通りにいくと思います。

私は米国公認会計士の試験に合格したのは35歳の時でした。
それ以前は経理経験はありませんでしたが、30歳で外資系の経理スタッフをしながら英文会計の学校へ行き勉強していました。

仕事をしているうち、もっと上を目指したいとUSCPAの勉強をするため、会社を辞め1年半試験勉強に
専念し、合格しました。
その後は、あれあれという間にキャリアアップでき、マネージャーから最後はコントローラーまで
昇進できました。
これも,試験に合格したからだと思います。

外資系企業では英語ができる経理マンが必要とされているので、たくさん需要はあります。
そして、将来のキャリアアップが展望できる素晴らしい資格です。

ただ、29歳で経理の経験がないというのがネックですね。
どこでもいいから雇ってくれるところで、まずは経験を積みながら勉強するのが一番です。
試験にだけ受かっても経験のない29歳を雇ってくれるところは希少でしょう。
私は自分の部下を採用していたので、これは言えます。
ただ、一度、やる気はあるけど、経験のない男性を雇いましたが、将来性を考慮し、訓練し、1年後は立派な経理マンに
なりました。 逆に経験はあるけど、どうも仕事のできない男性もいました。

決めたのなら、今すぐ、勉強を開始し、経験を積むため、仕事をはじめてください。

経験者の私から、この資格はお薦めです。あと、英語の勉強もしてね。

良いキャリアプランだと思いますよ。

29歳でしたらギリギリで頑張れば計画通りにいくと思います。

私は米国公認会計士の試験に合格したのは35歳の時でした。
それ以前は経理経験はありませんでしたが、30歳で外資系の経理スタッフをしながら英文会計の学校へ行き勉強していました。

仕事をしているうち、もっと上を目指したいとUSCPAの勉強をするため、会社を辞め1年半試験勉強に
専念し、合格しました。
その後は、あれあれという間にキャリアアップでき、マネージャーから最後はコントローラーまで
昇...続きを読む

QUSCPAとCPA

今年大学に入学でいま米国公認会計士と日本の会計士とどちらにしようか悩んでいます。
普通科を出ているので簿記等の知識は全くありません。大学入学後7が月後をめどに日商簿記1級の取得を考えています。
元々大学ではアメリカに留学することが夢でしたが日本の公認会計士を目指すと難しいようなのでどちらにしようか悩んでいます。
今英語はTOEICで590くらい
    受験用の偏差値では70くらいあります。
両者の違いやメリット・デメリットについて教えてください。

Aベストアンサー

僕は、日本の大学を卒業して、アメリカでUSCPAの勉強をしています。
どっちの会計にしても、財務会計(financial accounting)という分野の参考書を眺めてみることをお勧めします。会計士にとっては基本中の基本分野です。僕は日本で財務会計の本を見ましたが、やってやろう、という気になれず、その為、僕は大学時代は何も会計をしませんでした。
4年後に、アメリカへ留学して会計と再会しました。その時には、英語の方が会計は簡単やん、ということに気付きました。用語が英語とは言えシンプルなので、とっつき易かったです。そこで、一度諦めたハズの会計で生きる決意までしました。
日本人で更に受験偏差値が高いようなので、論理は日本語、用語は英語、という使い分けでも問題ないと思います(事実、僕がそのスタイルです)。
偏差値と言っても、どの科目で70があるのか、にもよりますが、数学で70ならば、論理的思考力にはかなりのモノがあるんじゃないでしょうか。ただ、社会で70ある、と言われてもコメントは出来ませんが……。
英語は量をこなせば読めるようになりますし、論理の流れが分かるだけの頭脳を駆使すれば、半分がリスニングのTOEICの点が低くても何とかなります。日本語の参考書もあるわけですし。ただ、確かに、勉強量という意味では、かなり覚悟はいると思います。
後は、他の方が仰ってるように、将来どっちで仕事をしたいか、ですね。USCPAだけしかなければ、どうしても日本での就職口は狭くなります。

僕は、日本の大学を卒業して、アメリカでUSCPAの勉強をしています。
どっちの会計にしても、財務会計(financial accounting)という分野の参考書を眺めてみることをお勧めします。会計士にとっては基本中の基本分野です。僕は日本で財務会計の本を見ましたが、やってやろう、という気になれず、その為、僕は大学時代は何も会計をしませんでした。
4年後に、アメリカへ留学して会計と再会しました。その時には、英語の方が会計は簡単やん、ということに気付きました。用語が英語とは言えシンプルなので、と...続きを読む

Q英会話学習法として、興味のある本を英訳するのは有効ですか?

英会話を独学しているものですが、英検準1級程度のリーディング、単語、文法を学んできた者です。留学なしの英会話の習得方法として、脳内作文や、独り言が有効であるということが割と習得されている方の共通点としてわかってきました。

確かに、環境がどうであれ英語で考えるというのが一番の要素であると思うのでなるほどと思いました。そうはいっても、もともと独り言するようなタイプではないし、ネタもなくなってきます。そうした練習に加え、自分の興味のある日本語の本を英訳してみて、英語上級者に添削してもらうというのは
有効でしょうか?

できるだけ母語干渉しないほうがいいのかなと思いますので、原文が日本語であることに対する賛否の意見もお願いします。

Aベストアンサー

英語の勉強にはなりますが、英会話に限定すると メキシコの爺ちゃんさんは言うほど無駄ではないですが、効果については疑問です。


>できるだけ母語干渉しないほうがいいのかなと思いますので、原文が日本語であることに対する賛否の意見もお願いします。
ただ、英会話でも 英語で考えるのは重要なことですので、英語を起点にして 日本語を英訳する腕を上げるには ↓のような教材も参考になるかもしれません。英語圏の人向けの日本語の入門書です。
普通の英語の勉強では あっさり流されて来た 助詞の「~は」と「~が」の区別、並列を表わす「~や」をどう英訳すか、など 英語の視点から日本語を見つめ直すことができます。


https://www.amazon.co.jp/Teach-Yourself-Japanese-Complete-Course/dp/007143156X

https://www.amazon.co.jp/Japanese-Ease-Lucas-Klein/dp/2700521013/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1505561312&sr=1-1&keywords=Assimil+Japanese


でも、一番大事なのは 英語を話す友達を作ることなんですが....

英語の勉強にはなりますが、英会話に限定すると メキシコの爺ちゃんさんは言うほど無駄ではないですが、効果については疑問です。


>できるだけ母語干渉しないほうがいいのかなと思いますので、原文が日本語であることに対する賛否の意見もお願いします。
ただ、英会話でも 英語で考えるのは重要なことですので、英語を起点にして 日本語を英訳する腕を上げるには ↓のような教材も参考になるかもしれません。英語圏の人向けの日本語の入門書です。
普通の英語の勉強では あっさり流されて来た 助詞の「~は」と...続きを読む

Q1990年代後半のUSCPA(米国公認会計士)のテキスト

USCPA(米国公認会計士)の取得を考えており、
1997年か98年ぐらいに取得した方からその当時のテキスト一式を
頂戴しました。

もう10年も前になりますが、このころから内容は随分
変わっているでしょうか?内容の変更点につき詳細を教えて
頂ければ幸いです。

科目により大幅なアップデートが必要であれば、それに応じて
必要な科目だけ別途新しくテキスト購入しようと思っています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

昨年から勉強を始めたので詳細や経緯は分かりませんが、監査に関してはとりあえず2002年のエンロン事件以降SOX法が出来ていますから明らかに変わっています。
また財務会計でも減損処理での変更などが2000年以降に行われています。
私が通っている専門学校でも2-3年に一回はテキストが改定されていますし、試験内容の今後の変更予定も発表されていますからそのまま使用するのはかなり危険だと思います。
出版された学校に問い合わせてみるのがいいと思います。ANJOでしたら無理ですが、他の専門学校にも相談してみてください。
そこでその専門学校に行くかどうかは、あなたの判断ですから相談は自由ですよ。
試験内容はいきなり変わることもあるので、受験されるのでしたら学校に行かれることをお勧めします。

Q里道と専用通路

専用通路が有効幅員1.9m それに沿って里道が幅員0.9mであります その場合有効幅員2.6mと考えていいのでしょうか

Aベストアンサー

残念ですが、おそらく建築をするためということなのでしょうが、「専用道路」という用語は非常に耳慣れない言葉です。なんの専用道路なのでしょう。

里道は道路法上の道路ではないので、建築基準法上どう判断しているか管轄の建築審査課などに確認する必要があります。赤道でもときに隣地として下さいという判断もありました。

道路の幅員を決めるのにここで聞くのは難しいですよ。
結局のところ基準法上の道路として認めるのは、役所です。
道路かどうか未確定なものは、「道路相談」書類を用意して役所に依頼する必要があります。物によっては査定をすすめられるかも知れませんし役所でご確認ください。

Q米国公認会計士(U.S.CPA)試験について

米国公認会計士(U.S.CPA)試験の受験を考えていますが、具体的な勉強方針や、当日の試験の受け方などについて、ブログなどに載っていません。
詳しいブログがあれば教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

ブログじゃなくて、資格試験の専門学校に相談したら?

受験要件に関わる学歴や知識レベル、使える時間等によっても
勉強の仕方なんて違ってくるし人それぞれだよ。

相談するだけなら無料でしょ?

Q化合物の同義語について

こんにちは。製薬企業の特許関係の仕事をしています。
仕事上、多量の文献を調査するのですが、その際同義語も含めて調査する必要があります。この、同義語を調べるのに苦労しています。
同義語を調べるのに便利な本、又はWEBページはありますでしょうか?
どなたか知っていたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらで引いてみたら,うまくいくかもしれません.
http://homepage1.nifty.com/k_funa/aiueo2.html

他にも,便利な情報がこちらに出ています.
http://www.chem-station.com/
http://chemnews.cambridgesoft.com/index.cfm?language=j

Q中小企業診断士とUSCPA

こんにちは。

現在28歳の金融系の会社に勤務している会社員です。
30歳という節目が見えてきて、将来に向けて資格の勉強をしながらより知識を身に付けたいと考えています。

現在、TOEIC800点程度(学生時代に1年程度留学経験あり)、FP2級の資格を持っています。
今後の目標として、より自分に自信が持てて、業務にも活かせような資格に挑戦したいと思っています。

現在、取得検討している資格は2つあります。
(1)中小企業診断士
(2)USCPA

(1)は今勤めている会社が法人営業で経営層への提案がほとんどの為、知識として身につければ仕事で活かせると考えています。また、将来的に会社経営・マネージメントに携わってみたいという考えから、検討しています。

(2)は現在も勉強継続中の英語+αの部分で探していた所、興味のある会計・税務(アメリカのですが)知識+英語を活かせる資格として検討しております。
現在の会社においては海外の支店も多く、これから力を入れていく方針であり、近い将来海外と関わるセクションへの異動を検討しています。

現在自分の中では、以下の2つの理由でUSCPAの方に傾いています。
1.今後グローバル化が一層進む事を考えると、USCPAの知識が世界のマーケット相手に仕事をする上で役立つ想いが強い
2.どちらも難しい試験と思いますが、比較的USCPAの方が中小企業診断士よりも取得が容易な点

しかしながら色々と調べていると、日本人でUSCPAを持っていても、実際実務ではあまり使えない(英語がネイティブレベルでは別だと思いますが)という意見や、今の会社が営業がほとんどを占める会社である為、経理に転籍して専門的に使いたいという考えが無い事から、それなりの時間とお金をかける事になる為、非常に悩んでおります。

また中小企業診断もMBA取得を一時検討していた自分としては(家族ができ、お金の部分もある為、自費は断念)、経営を体系的に学べる中小企業診断士も捨てがたい資格ではあります。英語は別途勉強し続けているので、まずは基本的な知識として覚えておくのは今後非常に役立つのでは?とも考えております。

以上のように色々考えているものの、中々決めかねている状況です。
過去同じ悩みを抱えられた方含め、何かアドバイス頂けたら幸いです。

尚、会社から若干ですが支援金も出る為、どちらの資格を勉強するにしても、TACにしようと資料も取り寄せ検討しております。

以上、よろしくお願い致します。

こんにちは。

現在28歳の金融系の会社に勤務している会社員です。
30歳という節目が見えてきて、将来に向けて資格の勉強をしながらより知識を身に付けたいと考えています。

現在、TOEIC800点程度(学生時代に1年程度留学経験あり)、FP2級の資格を持っています。
今後の目標として、より自分に自信が持てて、業務にも活かせような資格に挑戦したいと思っています。

現在、取得検討している資格は2つあります。
(1)中小企業診断士
(2)USCPA

(1)は今勤めている会社が法人営業で経営層への提案がほとんどの為、知...続きを読む

Aベストアンサー

追加で書かせていただきます。

外国公認会計士資格は、一定の国であれば、国際的資格であり、その資格での活動の可能性があります。
しかし、中小企業診断士は、日本国内の資格であり、名称独占の強い資格です。

ですので、国際的な活動をお考えであれば、外国公認会計士の方が評価が高いことでしょう。
また、日本であれば、公認会計士(外国公認会計士)資格にコンサルタント系業務が含まれていると考えられる場合も多いことでしょう。

QBATICと米国公認会計士について

私は経理職で4年目を迎える26歳です。
外資系企業に興味があり、BATICのコントローラーレベルか
米国公認会計士のどちらかを取得したいと思っているのですが、
難易度的には(必要勉強時間等)どちらが難しいのでしょうか?

現在、日商簿記1級レベルの知識(全経上級合格)を持っており、
BATICだったら英文を頑張って訳せるようになれば何とか
なるかなぁという印象でした(甘い考えでしたらすいません…)

BATICコントローラーレベルと米国公認会計士の必要勉強時間が
それほど差がないのでしたら、米国公認会計士のほうが
転職に有利そうなのでそっちを目指そうかと思っております。

あと、これらを取得するにはやはり独学では厳しいでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身はBATICのみの受験ですが、日商1級をお持ちでしたら
BATICコントローラーは独学でも目指せると思います。
事実、私の友人はそれでコントローラー取りました。
(本人曰く英語力はあまり無いとのこと。)

私は日本の簿記の知識もあまりない状態でしたので、学校に
通いましたけどね。
ただ年々この試験も難しくなってきているうえに、
コンバージェンスによる新論点なども出てきているので
その辺は過去問を解くだけではキツイかもしれません。

BATICは半年でもコントローラーを目指す事は可能だと
思いますが、米国公認会計士は最低でも一年位の勉強は必要だ
と聞きます。
あと、試験は米国に受けに行く事になるので、時間も費用も
かかります。勉強量もBATICの比ではありません。
独学も出来る事はできるんでしょうけど、なかなか難しいのでは
ないでしょうか?

まずはBATICを受けてみて、それから米国公認会計士へ向けて
勉強という順番で考えてみられるのが良いと思います。
BATICで勉強する事はUSCPAの試験にも含まれているので、
無駄にはなりませんから。

頑張ってください。

私自身はBATICのみの受験ですが、日商1級をお持ちでしたら
BATICコントローラーは独学でも目指せると思います。
事実、私の友人はそれでコントローラー取りました。
(本人曰く英語力はあまり無いとのこと。)

私は日本の簿記の知識もあまりない状態でしたので、学校に
通いましたけどね。
ただ年々この試験も難しくなってきているうえに、
コンバージェンスによる新論点なども出てきているので
その辺は過去問を解くだけではキツイかもしれません。

BATICは半年でもコントローラー...続きを読む

QCPA(全米公認会計士)、日本で働く場合

もしCPAをもっている場合、日本または全米以外の国で会計士として働く事は可能ですか?
その場合どのようなステップを踏めばいいのでしょうか?その国での会計士の試験を受ける必要はありますか?

CPAをアメリカで持っていて、事情で日本に帰らなければならない場合、日本で仕事をするにあたってどのような会社または職がふさわしいですか?

日本にはCPAを活かせる会社などありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国家資格といわれるものは、その取得した国内で有効な資格です。
しかし、公認会計士や医師などの資格の場合には、例ががあると思います。

私は専門家ではありませんが、インターネットで『外国公認会計士』で検索されてみてはいかがですか?
ある程度の情報が集まると思います。

外国での公認会計士が日本の公認会計士協会での審査等を受け、外国公認会計士登録を日本で受けることができれば、日本の公認会計士に限りなく近い業務が行えることと思います。

ただ、会計士業界がわかりませんが、日本の会計士試験に合格していないことから、監査法人等における業務では、差別化されているかもしれません。しかし、差別化というのは悪い意味ではなく、取得国の関連する会計士業務であれば、その国で取得された会計士資格者の方が国の事情に詳しいこととなるでしょう。

日本での公認会計士の業務は、独占業務が監査業務ということとなります。会計業務やコンサルタント業務を行うのであれば、外国公認会計士登録で十分仕事を行うことは可能でしょう。
外国公認会計士登録者は、通常の公認会計士に適用される法令のほとんどが適用されると思いますので、日本における税理士登録も可能かもしれません。
公認会計士は、何かしらの加盟国の範囲であれば国際資格のような扱いとなると思いますが、税理士はそのようには言われません。しかし、外国での税務業務のほとんどが会計士や弁護士によるものとされていることなどから、税理士法の範囲で認められる国内外を問わない資格者であれば、税理士登録も可能でしょう。

監査法人の敷居が高いように感じるのであれば、国内の税務を学ぶことで税務会計で仕事をすることは可能でしょう。税理士法人や税理士事務所での勤務ということも、開業することも可能だと思いますね。

どこまでを業務範囲とすることが認められるのか、あなたが業務範囲とするのか、勤務先がどこまでを業務とするのかはいろいろだと思います。
日本の公認会計士と同様の取り扱いとなれば、業務範囲はものすごく大きなものとなると思います。

日本での公認会計士は、監査を独占業務とした会計の専門家となります。資格の歴史や法制度の経緯、業務の特殊性などから公認会計士は、税理士登録を無試験で認められることとなります。さらに行政書士資格も無試験登録が可能となります。
さらに、会計士資格により会計士業務として商業登記や社会保険業務を取り扱うことも認められるとのことです。これは、税理士では商業登記は認められませんし、社会保険の業務で扱える範囲は税理士の方が狭いと言われています。
したがって、資格を上手に活用して日本での資格社会への登録等を行えば、多くのことをワンストップサービスとして扱えることとなります。
さらに、独立して行えるようなことは、勤務でも同様に考えることが可能です。
外国公認会計士として税理士登録を行えば、税理士法人の役員にもなることが可能でしょう。同様に行政書士法人でも同様です。社労士法人などでも補助者でありながら、有資格者に近い業務を扱うことなども可能かもしれませんね。

取得されたCPAが日本でどの程度認められるのかは、まずは公認会計士協会や金融庁の担当部局などに確認されるとよいと思います。
参考までに、以前私が監査法人のHPをいくつも見ていたときには、国内の公認会計士と同じようにパートナーとして外国公認会計士が名を連ねていましたね。

したがって、活かせるところで言えば、監査法人・公認会計士事務所・税理士法人・税理士事務所・その他の士業法人・その他の士業事務所・コンサルタント会社などで有効でしょうね。
さらに、国際的な会社での総務や経理部門でも有効でしょうし、国内だけの会社でも評価してくれるかもしれませんね。

国家資格といわれるものは、その取得した国内で有効な資格です。
しかし、公認会計士や医師などの資格の場合には、例ががあると思います。

私は専門家ではありませんが、インターネットで『外国公認会計士』で検索されてみてはいかがですか?
ある程度の情報が集まると思います。

外国での公認会計士が日本の公認会計士協会での審査等を受け、外国公認会計士登録を日本で受けることができれば、日本の公認会計士に限りなく近い業務が行えることと思います。

ただ、会計士業界がわかりませんが、日本の会計士試...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報