【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

統計学の問題で上側確率を求めるために、問題文にある偏差値の標準得点を計算したところ、−の値になりました。この場合、標準正規分布表はどう見ればいいのですか?
また、−の値になってるということは、この数値は0より下の面積ということですか?
上側確率を求めるにはどうしたらいいですか?

A 回答 (2件)

「標準正規分布」となるように規格化した統計変数ということですか?


通常の「偏差値」ということなら「平均が 50、標準偏差が 10」ということなので、通常ならマイナスになることはないと思いますが。

もし「標準正規分布」となるように規格化した統計変数ということなら、標準正規分布は「平均が 0、標準偏差が 1」ですから、「平均よりも下」ならマイナスになります。
そのマイナスの数値というものを -a とすると、上側確率を求めるなら
 P(-a≦Z) = P(-a≦Z≦0) + P(0≦Z)
     = P(0≦Z≦a) + 0.5
ということです。
分布は「平均である 0 の左右に対称」なので
 P(-a≦Z≦0) = P(0≦Z≦a)
ということになります。

>また、−の値になってるということは、この数値は0より下の面積ということですか?

そうです。
ですから、「上側確率」といったら、それに「正の部分の面積」である「0.5」(分布の半分)を加えないといけません。
    • good
    • 0

このことですかね?


絶対値で対応
→t検定をするときに、tの値がマイナスになったときは、t分布表… - 人力検索はてな http://q.hatena.ne.jp/1315429639
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング