出産前後の痔にはご注意!

現在アメリカで働いています。去年から401Kに加入できる資格がありましたが、日本にすぐ帰ると思っていたため加入しませんでした。あと1年半ほどアメリカにいる予定なのですが、401kに加入したほうが良いのでしょうか?60歳前に引き出すと税金がかかるとのことですが、最低何年加入しておけば、税金を差し引いても掛けた以上のお金が戻ってくるのでしょうか?ご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1~2年だとあまりメリットはないと思いますよ。

もちろんその分を現金等の形で給付があればですが。
というのも確定拠出年金口座維持管理費用がかかりますから、ある程度の金額があれば利息収益でまかなえますけど、金額が少ないと逆に管理費用で持ち出しになりますので。

いずれ解約してしまうのであれば、やっぱり得なことは何もないですし。

とはいえ私も401kの税制も含めた詳細は知りませんので(アメリカの場合は特に州ごとに違うし)、断言は出来ませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなりましたがありがとうございました。再度、検討してみます。

お礼日時:2005/02/07 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ401Kプラン

アメリカの401k Planの基本的なことをご存知の方いらっしゃいますでしょうか。例えば、年金を貰うための最低加入期間、支払い額等です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

在米で、米国企業に勤務しています。 米国の401Kの概要を記します。 (例外的なことを記しだすと、書ききれなくなります。)

401K プランは福利厚生の一部として企業が提供する、退職後に引き出すことを前提とした社内預金みたいなものと考えます。 企業によっては従来からの退職企業年金(Pension Plan)だと将来の払い出しのための積み立てだの経費が掛かるため、Pension Planを廃止し 401K だけに移行する会社もあると新聞に記されています。 (IBMの社員は、この移行により不利益を被ると裁判を起こしています。)

一般的な年金でなく貯蓄残高に応じているため、支払額との観念は有りません。 従来型の場合、給与からの天引きは課税前に行われるので給与への課税額が減ります。 また会社側も Match と呼ばれる金額を社員の401K口座に加算振込みをしてくれます。 「社内預金」みたいなと記しましたが、会社がこのMatch(通常、規定の上限内で天引き額と同額とか、50%とか)や口座の運用会社を決め、どのような Fund を使うか決めていますが、別企業が運用します。 私の会社だと CitiBank系の会社が運用しており、私の会社の株への投資の他、10種類の Mutual Fundへの投資が認められています。 自分の判断でどこに投資するか決め、自分の裁断で口座残高を増やしたり、投資の選別に失敗し残高が減ったりします。 すべて自己責任です。 (倒産したエンロンの社員は、会社が儲かると伝えていた自社株に投資し、会社が倒産し株価が無くなったので資産を失いました。)

例外的に60歳前に引き出すことも可能ですが、原則 60歳前の引き出しは10%の罰金が掛かります。 60歳以降、規則にしたがって口座残高に応じて引き出していきます。 最低加入期間(Vest)も各会社によって違います。

最後に、401Kは政府からの年金とは無関係です。 会社から提供されるプランの説明書(あるいは Web)を読むことが大事です。 会社を退職した場合、(a)そのまま継続して運用できる会社もあるし、(b) 次の会社の 401K口座に移転、(c) 銀行や証券会社の IRA (個人年金口座)に移転もあります。

参照 URL を見るか Google で 401Kを 探してください。

参考URL:http://www.401k-center.com/

在米で、米国企業に勤務しています。 米国の401Kの概要を記します。 (例外的なことを記しだすと、書ききれなくなります。)

401K プランは福利厚生の一部として企業が提供する、退職後に引き出すことを前提とした社内預金みたいなものと考えます。 企業によっては従来からの退職企業年金(Pension Plan)だと将来の払い出しのための積み立てだの経費が掛かるため、Pension Planを廃止し 401K だけに移行する会社もあると新聞に記されています。 (IBMの社員は、この移行により不利益を被ると裁判を起こしていま...続きを読む

Qアメリカから帰国 銀行口座やクレジットを維持する方法ありますか?

アメリカから完全に帰国するのですが、
今までの銀行の口座やクレジットカードを引き続き利用したいです。(ネットや株のため)
この場合の最良の方法や、皆さんのアイデアを教えてください。

友人に住所を借りることは可能ですが、ジャンクメールが多いので郵便局の転出届けを友人宅にするかどうかでもなやんでいます。

必要書類のメールだけ届くように、銀行、クレジット、DMVなどだけに限定しようか、やはり郵便局に全部友人宅へフォワードしてもらう方がいいのかでもなやんでいます。

Aベストアンサー

できます。実際に持ったままです。

アメリカで駐在員をしていて帰国する際、チェックやクレジットカードの決済のため口座は残さざるをえませんでした。銀行はシティバンクです。

現在の住所は日本の住所で、ちゃんと毎月statementを送ってきてくれています。インターネットで手続きができますし、電話で問い合わせもできます。日本からのトールフリーナンバーがあります。電話は英語でやっていますが、フィッシングのメールが来たときはさすがに日本語の話せる人を頼みました。しかし、時差があり向こうは夜で探してもらうのに時間がかかるので、結局英語で済ませました。

チェックの住所は帰国前の住所が印刷されたままですが、運転免許の更新などでそのまま使用しました。全く支障ありません。

シティバンクのカードですので日本で引き出すこともできます。

あなたの口座のある銀行にご相談下さい。

Qアメリカから日本への送金

アメリカに在住です。
日本の家族にお金を送金したいのですが何か方法はありますでしょうか。
お金は米ドルです。

Aベストアンサー

送金される金額が分からないのですが、1回 $700 までなら郵便局(USPS) で International Money Order($3.45)を購入して、日本に郵送すれば安上がりかと思います。例えば$2,100を送金するなら3枚の Money Orderを一つの封筒に入れて EMSなどで郵送すれば銀行送金より安いと思います。

Money Orderには受け取り人が記入されていて、日本の家族が身分証明証をもって行けば日本の郵便局で日本円で受け取れます。

これを知る前にはトラベラーズ・チェック(AAAのメンバーだと手数料なし)に相手の名前を記して送り、日本の外貨を扱う銀行で入金してもらったことも有ります。 日本ではT/Cの為替手数料が一番低いと思います。

銀行送金は手数料が高いです。 他に Western Union も海外送金を取り扱っていますが、状況は分かりません。

参考URL:http://www.usps.com/money/sendingmoney/sendmoneyinternationally.htm

Q海外に住んでいても開設できる日本の銀行口座

海外に住んでいても開設できる日本の銀行口座

現在アメリカに滞在し、日本の市役所には海外転出届を提出しています。
日本の銀行に自分名義の口座を開きたいのですが可能でしょうか?

調べた所、オンライン等で開ける口座は結構あるのですが、
口座開設には日本に居住していることが条件となっている所しか見つかりませんでした。
また、同じ名字宛ての公共料金等の請求書や住民票など、
自分の住所を証明する書類が必要とされています。

訳があり家族名義や家族の書類等を提出せずに自分で口座を開きたいのです。
当面すぐに帰国予定も無く、口座はすぐに必要なので困っています。

また、過去に持っていた日本の銀行口座があるのですが、数年使っていません。
日本で開いた口座を全く使用していないとどの位で使用できなくなりますか?

ご存知の方、教えて頂けますと助かります。

Aベストアンサー

嘗て日本では大金持ちが所得を隠したいという要求があり、銀行は預金残高を増やしてくれるという思惑から銀行口座を十分な本人確認なしに開設できた時代があり、1人が1行で複数名義を持てました。
そのせいで脱税や犯罪に使われることが多発、また特にアメリカから「改善しろ!」と圧力もありました。
嘗ての日本のように本人確認をしないで銀行口座が開設できてしまうと、マネーロンダリングなどの国際犯罪やテロ国家支援のレッテルを貼られ、国際社会から強く非難されていました。

そこで、日本も「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」を批准する為に、平成15年に”必ず最初に本人確認をする”という法律が制定されました。
平成20年に改正されて現在の法律になっています。
この法律によって銀行口座開設時に本人確認をしないと銀行が罰せられるようになりました。
従って、非居住者の本人確認が難しいので、非居住者の銀行口座開設は難しくなっています。
銀行側から言えば、マネーロンダリングなどに悪用されるリスクが多すぎて割が合わないからです。

また、「租税条約」とかいう日本と相手国との国際取引上のことで、二国間の税金に関する約束事です。
これに銀行はあまり良い気分をしたがらないのです。
源泉地国(ここでは日本)の所得は、居住地国(あなたの場合はアメリカ)で課税対象になりますから、日本の課税を確定申告で控除しないと二重課税になる場合があります。(分りやすいように簡単に言いまわしています)
従って、日本の銀行では税金徴収が減り、支払い猶予時の保留量が減り増すから。

よって、本人が帰国するしか本人名義の銀行口座を開設することができません。
しか~し、私は2つ考えました。
彼方が過去に持っていた日本の銀行口座が復活できないのであれば、私の案を読んでください。

私は非居住者で無いので試せませんが、もし私が非居住者であったらやってみようと思っていました。
これは単なる妙案です。
正しい回答ではないですから、先ずこのことを頭に入れて置いて下さい。

1つ目の案:
彼方の近くに日本の銀行の海外支店はありますか?
海外主要都市の大手銀行がいいでしょう。
先ずそこで相談します。
その海外支店の顧客になって、日本の支店に口座開設できるかどうか
本人確認の件で進まないなら、日本大使館にも相談すると良いかもしれません。
もしかしたら、本人確認の書類を作成してくれるかもしれません。
それを持って海外支店経由で、日本の支店で開設できるかどうかです。
(本当に相談されるなら、その相談内容や回答を教えて頂けませんか?)

2つ目の案:
彼方は日本国籍でしょうか?
海外転出届を出しているのだから日本国籍なのですが、もし日本国籍から外国国籍へ移籍しているのなら、次のができのうです。
日本に居ながら海外銀行口座開設ができるこのと逆ができそうです。
もし結婚して国籍が変わったのであれば、日本支店のある外国銀行にそのサービスがあれば可能と言えます。
ごめんなさい、私はアメリカの銀行にそのようなサービスがあるか知りませんので、必ず確認してください。



>日本で開いた口座を全く使用していないとどの位で使用できなくなりますか?
という質問ですが、日本の銀行の場合、長く使用していない口座は停止口座になることが多いようです。
強制解約にはならないと思います。
データはバックアップされ、直ぐには出てこないらしいです。
外国銀行では1年以上入出金していないと口座管理手数料を徴収されるところもあります。
その点、日本は基本無料です。
一度、過去に取引していた銀行に相談の上、小額の電信送金をしてみては如何でしょうか?
受取人(ここでは彼方)が受取れないで、組み戻されるケースもあるかもしれません。



変な回答になってしまって、すみません。

嘗て日本では大金持ちが所得を隠したいという要求があり、銀行は預金残高を増やしてくれるという思惑から銀行口座を十分な本人確認なしに開設できた時代があり、1人が1行で複数名義を持てました。
そのせいで脱税や犯罪に使われることが多発、また特にアメリカから「改善しろ!」と圧力もありました。
嘗ての日本のように本人確認をしないで銀行口座が開設できてしまうと、マネーロンダリングなどの国際犯罪やテロ国家支援のレッテルを貼られ、国際社会から強く非難されていました。

そこで、日本も「国際的な...続きを読む

Q日本へ帰国によせて

在米20年を終えて本帰国する事を決心したのですが、たまにいろいろな事で決断した心が揺らぎます。三十後半になって変化が怖いのがメインな理由だと思います。社会人としての経験はこちらでしかないので、家族がいるとはいえ、半分また外国に引っ越すような緊張感と常に闘っているようで気持ちがずっとグラグラしているのでどうか一日でも早く行動にうつしたいと思ってます。私の状況をまとめますと、
・高校卒業後、アメリカの大学を卒業後、就職。今の会社はアメリカの会社で11年目で、給料も安定しています。
・アメリカ人と5年間結婚していましたが、離婚、子供はいません。
・日本で1年ぐらいは職なしでいけるくらいの貯蓄はあります。自宅暮らしになりますが。家族とは仲いいので、それは問題じゃありません。
・英語はまず問題ないです。

帰国を決めた理由は、
・アメリカ人にはなりたくない、なれない。じゃあ何故ここにいつまでもいるのかというコンスタントな疑問
・家族の近くにいたい。年二回の帰国じゃ物足りない。
・仕事は日本は年齢が大分関係あるようなので、じゃあ40前に。とこれは甘いかも知れませんが、どうしようも無い現実なので。

気が揺らぐ理由は、
・はっきり言って震災の後、少し怖くなっています。東京の家族は「どうにもなんないんだから仕方ない!」っていう感じで私だけがびびってます。これはアメリカのメディアにびびらされてるとは思いますが。
・就職への不安。今の安定した収入を諦めるのはかなり覚悟です。
・永住権の破棄。結婚でなく、仕事を通してとったので手放してしまうのは残念です。

長くなりましたが、結論的には帰りたいんです。後ろから誰かにポンって押してもらいたいだけなんです。お時間ありがとうございます。

在米20年を終えて本帰国する事を決心したのですが、たまにいろいろな事で決断した心が揺らぎます。三十後半になって変化が怖いのがメインな理由だと思います。社会人としての経験はこちらでしかないので、家族がいるとはいえ、半分また外国に引っ越すような緊張感と常に闘っているようで気持ちがずっとグラグラしているのでどうか一日でも早く行動にうつしたいと思ってます。私の状況をまとめますと、
・高校卒業後、アメリカの大学を卒業後、就職。今の会社はアメリカの会社で11年目で、給料も安定しています。
...続きを読む

Aベストアンサー

私も20年以上暮らしたアメリカから、1年ちょっと前に帰国しました。
私も質問者さんと同じく、社会人生活はアメリカのみです。

帰国時、仕事のあてもなく、歳も40も半ば越えてました。

最初は英語が使える派遣(東京でしたらすぐに紹介してもらえます)で働いて、その後、給料は安いけれど、日本の会社で正社員になりました。

履歴書にちゃんと年齢も書いて写真も貼りました。満面の笑顔の写真です。
日本でずっと働いてきた人と同じカテゴリーで張り合ってもしょうがないし。(ダメモトでGo!の精神はアメリカ生活で磨きをかけたと思います)
ユニークな仕事をさせてもらえる機会は日本のほうがあるかもしれません。
もしくは、外資企業に派遣や契約社員として入って(東京ならばあります)手堅く働くか。

私は、ユニークな仕事をさせてくもらうほうを選んだので、安月給ですが、とても充実しています。
日本の人達も、若手の人は価値観も多様で、帰国前に思っていたよりずっと快適に伸び伸び暮らしています。

応援してますよ~!


人気Q&Aランキング