システムメンテナンスのお知らせ

山間部の国道などを走っていると、時々山肌に白いガードレールが見えます。今走っている道路とはもちろん違う、側道です。
その多くは民家のある場所につながっている生活道路だったり、国道ができるずっと前は幹線道路だったり、林道や山林の管理道路だろうと想像はつきます。

ですが、時々全く意味がわからない道路(その多くは廃道)があるのも事実のようです。世の中には廃墟マニアならぬ側道マニアの方もいるようで、ネットにも投稿されています

・行き止まりになっている。土砂崩れとかではなく、作りかけのまま切れている。
・時にはトンネルまで掘られている。多くはただ通れるだけで、内側はゴツゴツしてる。
・しかしその先には集落はない。人が入ったことがないような山があるだけ。


山を切り開いたり、崖の斜面を削って道を作るのは、小規模であってもそれなりにお金がかかるでしょう。トンネルまで掘ったらなおさら。いったい誰が、何のために?
どうみてもコストをかけた対価が見いだせないような、存在する(した)意味が不明な側道があります。

こうした工事に関わった方や、あるいは発注側の立場の方(国?県?市町村?)で事情を知る人がいたら教えてください。

誰が、何のために作った道なのでしょうか?

リンク先は側道マニアの方のブログ投稿を引用させてもらいました。一例ですがこういうのが謎なんです。
https://ameblo.jp/naoyakaneko/entry-12273445943. …
https://ameblo.jp/naoyakaneko/entry-12577482489. …

gooドクター

A 回答 (4件)

比較的、曲線や勾配が緩い場合、鉄道敷設法により、鉄建公団が工事に着手するも、国鉄再建法により工事が凍結された路盤の跡地だと思われます。

    • good
    • 0

旧道であったり、発電所や無線中継基地への専用アクセス道路であったりします。

    • good
    • 0

林道や農道、砂防ダム建設用の資材運搬道路ということもあります。

    • good
    • 0

一番多いのは新道が出来たため使われなくなり事実上の廃道になったものですね。


途中に畑や山林などがあり使用者が一人でもいれば正式な廃道にはなりません。

あとは集落があったが消滅したため道路だけが残っている。
さらには送電線の鉄塔や水路、テレビ送信アンテナなどの保守用の道路もあります。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング