セックスに翻弄される女性、男性の生きていく姿を描いた映画3選

現在、レチノイン(ビタミンA)を高濃度に含んだ化粧品(クリームなど)が多く販売されています。
私も使ったことがあるのですが、これを使うと古い皮膚がどんどんはがれて、新しいつるつるした肌になります。
 以前学校では、トレチノイン酸やビタミンAは転写活性化因子だと習いました。
肌にクリームを塗ったとき、ビタミンAが細胞内に吸収され、転写を活性化しているのでしょうか。
 また、肌が新しくなるということは、細胞分裂(DNAの複製)も活性化していると考えられますよね。ということは、このようなクリームをずっと使い続けた場合、普通の人より早くテロメアが短くなって一気に老化が始まるなんてことになるのでしょうか。
クリームは使い続けたいけど、このような疑問が湧き、不安です。ご存知の方、よろしければ教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

これも友人から聞いた話ですいません。

一般にビタミンAは過剰摂取の危険性があるため、ビタミンAを薬剤で投与する場合、ビタミンAの前駆体を投与することが多いと聞きました。私の勝手な考えですが、ビタミンA前駆体の摂取により、細胞が必要な分だけビタミンAの前駆体からビタミンAを合成できているのではないかと思います。これなら、細胞の必要分だけ、細胞に与えることになるので害にならない?私もぜひとも専門家の意見を聞いてみたいと思いますので回答の投稿楽しみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど。ちなみに私の持っているクリームの成分表記には、トレチノイン0.05%となっていました。
 もしも、hagfishさんのおっしゃるように細胞の必要な分だけビタミンAが合成され、それが転写活性化因子として使われれば、安全ですよね。
 調べてみたところ、「トレチノインはレチノイン酸とおなじ意味。レチノイン酸はビタミンAの末端のCH2OHがCOOHとなったもので、ビタミンAの酸化によって得られる。相対生物活性はビタミンAと同等」だそうです。
 これから、細胞での代謝についても調べてみようと思います。
 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/06 17:52

 レチノイン酸に関するURLを見つけました。


 http://www.st.rim.or.jp/~ktyoshi/list/rejuv.html
http://www.st.rim.or.jp/~ktyoshi/list/tretinoin. …

 これによると、レチノイン酸以外にも様々な類似のビタミンA誘導体が用いられているようですが、効力や毒性は各々の物質で異なっていますので、十把一からげにして論じる事は出来ないと思われます。
 ビタミンAはレチノイン酸を含む複数の化学物質の総称ですが、それらの物質の中で最も代表的なものはレチノールです。
 レチノールの許容上限摂取量は5000IU(=約1.5mg)ですが、他のビタミンAでは同じ値とは限りません。
(参考URL:http://www.gak.co.jp/vitaminh/table1.html)
 実際、レチノールの前駆体であるカロチンも、ビタミンA一種と言えますが、毒性は無く大過剰摂取による弊害らしきものと言えば、体脂肪に蓄積するので、皮膚の色(正確には皮膚を透かして見える皮下脂肪の色)が黄色味を帯びる程度だそうです。(白人にとっては健康的に日焼けしたような色らしい)
 更に、カロチンにはα-カロチン、β-カロチン、γ-カロチン等がありますが、β-カロチンはα-カロチンやγ-カロチンの約2倍の効力がありますので、国際単位の値等しくした場合、カロチンの種類によって、質量が異なっています。
 ただ、元々皮膚からの吸収量は少ないため、レチノイン酸催奇性に関しては問題なさそうです。
 おそらく、ビタミンAとその誘導体の毒性に関しても、同じ事が言えるのではないかと、私は推測します。(過剰になるほど吸収はされない)
 それから、レチノイン酸は確かに細胞分裂を活性化させるようですが、皮膚を作り出す元となっている上皮組織の幹細胞等では、生殖細胞と同等かどうかは判らないものの、テロメアーゼという酵素が働いて、テロメアの長さを延長しているらしいと言われています(そう考えないと活性化されていない場合の皮膚の細胞分裂すら説明できなくなります)ので、少なくともテロメアの長さは気にされる必要はないと思います。
(参考URL:http://www.include.ne.jp/kashima/ronbun/telomere …の第5段落目)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。テロメアのことは気にする必要はない、と説明をいただいて、少しほっとしているところです。
ご回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/02/17 00:50

私も不思議です。

。。一般人ですが、考えたことを書きます。

『笑う!遺伝子』(村上和雄著)に、「笑って、健康遺伝子スイッチオン!」(笑うと健康遺伝子の転写が活性化される)といったことが書かれています。転写が活性化すれば、老化が早まる事はなさそうです。笑っている人って長生きしそうですから。どの遺伝子を活性化するかが問題だと思います。

・ビタミンAは脂溶性なので、皮脂になじんでゆっくり真皮に到達できる。その抗酸化作用により、テロメアの短縮を遅く出来る。DNAの複製が活発になっても、それ以上に、分裂回数の限界を引き上げられる。
・テロメアーゼ(テロメア合成酵素)を活性化すればテロメアは伸長できる。ただ、テロメアーゼは、生殖細胞と癌細胞くらいにしかない。
・水溶性と違って、尿で排出されず、体に蓄積されるのではないか?ビタミンAの代謝産物であるレチノイン酸は催奇性が強い・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

笑うことで健康になるなんて、すごい!
面白そうな本なので、私も読んでみようと思います。
テロメアーゼは生殖細胞と癌細胞にしかないのですね、残念。。。少量はその他の細胞にもあるのかと思い込んでいました。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/11 18:05

ビタミンA の急性中毒では呼吸困難, 慢性中毒では骨が脆くなることが知られています > #1



化石人類の中には骨が脆くなっているものがあり, その一部は (食性の変化に伴う) ビタミンA の過剰摂取によるものだと考えられているんじゃなかったかな.

ちなみに水溶性ビタミンでも大過剰だと障害が起きるとか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

呼吸困難、骨がもろくなるなどの障害が出るとは、知らなかったです。やはり過剰摂取は良くないのですね。回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/03 22:11

私も知りたいです。

養毛剤などについても,有効な養毛剤が効能のとおり働いたら早期に毛根の細胞が枯渇するのではないかと思います。そのころ老人になって居ればそれはそれで良いのかもしれませんが。少なくともあなたの心配にはかなり可能性のある根拠があると思いますから,別の方法をさがした方が良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり可能性があるのですね。なんか、ショックです。また、養毛剤などでもこのようなことが考えられるということは、初めて知りました。
ご回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/02/03 22:08

私は品種改良など遺伝が専門なのでビタミンはあまり詳しくありませんが水産食品研究の専門の友人からビタミンAについて聞いた話しがあります。


たしか、ビタミンは脂溶性(ビタミンAなど)と水溶性(ビタミンB・Cなど)の二つがあり、水溶性のものは過剰摂取しても尿として排出されるから害はないけど、脂溶性のものは体に蓄積するから過剰摂取した場合、体に害になるときいたことがあります。たしか、魚類の一種で肝臓に多量のビタミンAが含まれていて毒性があるとして指定されているものがあったはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

肝臓への害ですか。これは考えてもいませんでした。やはり、過剰摂取はよくないのですね。回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/03 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画像をはめ込むだけで雑誌の表紙になれるテンプレートなどのサイトありませんか?

雑誌の表紙が体験できる(画像を入れるとさも自分がその雑誌の
表紙になったようになる)テンプレートを探しています。
どなたかご存知の方教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://decojiro.net/

使い方はわかりませんが、週刊誌とかファッション誌とかあるようです。

Qいわゆるサプリで確かに有効なものは何でしょうか。ビタミンは別として多く

いわゆるサプリで確かに有効なものは何でしょうか。ビタミンは別として多くのサプリは腸で分解されてしまうか、自分で合成したものしか実際組み込まれないとかいう話をよく聞きます。しかしいわゆる一流メーカーが売り出しているものも数多くあります。一般論でも結構ですのでご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

確実に効くのなら医薬品になります。
 いわゆる民間療法で、効くという言われていて、量を守れば毒にならないもので、通常の食品とは異なる錠剤やカプセルのような形状をしているものがサプリメントです。
 「健康食品」の安全性・有効性情報〔独立行政法人 国立健康・栄養研究所〕 ( http://hfnet.nih.go.jp/ )
  →サプリメントと子どもの食事 ( http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1056.html )
    とそのリンク先

端的に言うと「鰯の頭も信心から」、もしくは、「健康のためには死んでもよい人のためのもの」

Q毛深いのを解消するための雑誌のクリーム

 僕はやや毛深いのが悩みです。半そでを着るようになるこれからの季節に手や足のむだ毛が気になります。

 そこで、男性のファッション誌の最後らへんのページに掲載されているクリームというのは本当に効果があるのでしょうか??

Aベストアンサー

 脱色されてはいかがでしょうか。薬局に売られていますが・・・脱毛もあります。
 雑誌の裏にあるクリームも、試す価値はあるかも知れませんが。とりあえず、有名ブランドから初めて見られては?

QDNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

DNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

先日シークエンスする機会がありました。
プロトコールにprimerは6.4pmolとあったのでPCR用(10μM)を
10000000倍希釈(1pM)にして6.4μl(final volume14μl)使用したところ結果は全滅。

先輩に聞いたところ1μMを6.4μl使えばOKとのことでした。
この数値はメーカーが推奨している、とのことです。
確かにそれで結果は出たのですが、釈然としません。
先輩に聞いたところ「bp数と分子量の関係で・・・」と説明してくれましたが
よくわかりません。

どなたか高校生程度の化学理解力でわかるように教えてください。

Aベストアンサー

>大文字のMはモル濃度で小文字のmolはモル数、でいいのでしょうか?
そうです。
高校なんかでは、molもMも「モル」と言うようになっていたかもしれませんが、正しくは、molは「モル」、Mは「モラー」(molar)と発音します。
Mはモル濃度(molarity)の単位で、1 Lの溶液に何molの溶質が入っているかを表します。
Mは国際単位系では、正統的ではないけれど慣習的に使用を認めるというような範疇に入っていて、mol/Lを使うほうが望ましいとなっていたと思います。

Qトルコのアイスクリームはどうやって作られているのでしょうか?

コンビニで売っていたトルコのアイスクリームの原材料を見てみると
普通のアイスクリームと比べて変わらないですよね。

山芋とかお餅のような粘り気があるので、不思議です。
ご存知の方はお願いします。

Aベストアンサー

過去に同様の質問がありましたので、参考にしてください。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=490770

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=490770

Q生理食塩水のNa濃度が血清Na濃度と違う理由

生理的食塩(0.9% NaCl)液について質問です。

血清Na濃度は143mmol/Lだが、脂肪やタンパク質が7%を占めるので154mmol/Lの生理的食塩液が等張である

教科書から抜粋した文章なのですが、理解てきません。
どうして血清Na濃度と生理的食塩液の濃度が違うのでしょうか?
どなたか噛み砕いて教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

なんの体積あたり。
食塩水のその濃度は血清あたりではないよ、そこにタンパク質や脂肪を入れてない。

血清の体積あたりではなく血清の水溶液の体積あたりなら。脂肪やタンパク質の体積を差し引き。
143/(1―0.07)

と思いました。
テキスト様が7%の体積を占めと書けばでしょう。
生物学科?獣医学?

Q自家製オレンジ味のアイスクリーム

自宅でオレンジジュースを使って簡単にオレンジ味のアイスクリームを作ることはできますか?
アイスクリームメーカーは使わずに。あと卵はこちらの事情によりなるべく使いたくないです。

Aベストアンサー

こんばんは

こちらでいかがでしょうか?
http://recipes.yahoo.co.jp/J000256/

Q濃度1 mug/ml は 何mg/mlですか? 濃度の単位に関して

抗生物質の濃度で、mug/mlの単位が使われたものがあるのですが、この単位が良く分かりません。 mg/mlまたはμg/mlに直すといくらになるのか教えて下さい! よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらくマイクロ(μ;micro)をミュー(μ;mu)と表記したかったのではないかと。
明らかに不適切なので,まねはしない方がよいでしょう。

Qクロテッドクリームとカードとサワークリームの違い

クロテッド・クリーム(clotted cream)とカード(curd)とサワークリームの違いがわかりませんので教えていただければなと思います。

Aベストアンサー

クロテッド・クリームは乳脂肪分を55~63%くらい含んでいて、丁度バター83%と生クリーム45~47%の中間のもの

カードは牛乳やヤギ・水牛などの乳に、酸やキモシンなどの酵素を作用させてできる凝固物のこと。チーズの製造に用いられるほか、そのまま食べることもあります

サワークリームは生クリームを乳酸発酵させたクリームのことです

Q人間以外の動物は自分でビタミンを作ることはできるのでしょうか?ビタミン

人間以外の動物は自分でビタミンを作ることはできるのでしょうか?ビタミンCは作れるそうですがそれ以外はどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

生物は、生存・生育に必要な代謝経路における酵素化学反応などの生理機能を営むために、様々な生理活性作用のある有機化合物を必要とする。進化の過程で、これらの化合物のうち、不足すると致命的なものは体内で生成できるようになった。ところが、短期間なら不足しても比較的問題ない化合物や容易に食料から摂取できる化合物は、それを摂取できずに病気や死に至る危険性よりも、体内で生成する器官を備えるコストの方が大きいため、次第に体外のみ(動物では食物、単細胞生物では環境水など)から摂取するようになり、合成に必要な代謝経路を失うようになったか、そもそもそのための代謝経路を進化させなかった。こうした有機化合物がビタミンになったと考えられている。

例えばコラーゲンの生成など、水素運搬体を必要とする代謝経路の多くに必須で動物の生存に欠かせない生理活性物質であるアスコルビン酸は、ほとんどの哺乳類にとって体内で合成されて必要をまかなう物質である。しかしヒトを含む多くの霊長類やモルモットのような一部の哺乳類では、これを合成する代謝経路を喪失しており、体外から食物としての摂取が生存上必須となっている。つまり多くの哺乳類にとっては、アスコルビン酸は体内で自給されている多くの生理活性物質の一つに過ぎないが、霊長類の多くとモルモットにとってはビタミンの一種であるビタミンCとなっている。

またカロテノイドは、全ての生物の細胞内の代謝経路において重要な役割を果たしており、たいていの生物、すなわち古細菌と殆どの真正細菌、多くの真核生物(原生生物、植物、菌類)は、自らの代謝経路において合成する事によって自給している。しかし全ての後生動物はこの代謝経路を喪失しており、カロテノイドを他の生物を捕食する事によって摂取しなければならない。そのため、ほとんどの生物にとってビタミンではないカロテノイドは、後生動物にとってはビタミンとなる。ヒトでは体内で必要なカロテノイドであるレチノイドをビタミンAと称し、レチノイド自体やβ-カロチンなどのレチノイドに変換可能なプロビタミンAと称される一群のカロテノイドを、食品とともに摂取しなければ生存できない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3

生物は、生存・生育に必要な代謝経路における酵素化学反応などの生理機能を営むために、様々な生理活性作用のある有機化合物を必要とする。進化の過程で、これらの化合物のうち、不足すると致命的なものは体内で生成できるようになった。ところが、短期間なら不足しても比較的問題ない化合物や容易に食料から摂取できる化合物は、それを摂取できずに病気や死に至る危険性よりも、体内で生成する器官を備えるコストの方が大きいため、次第に体外のみ(動物では食物、単細胞生物では環境水など)から摂取するように...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報