カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

A 回答 (3件)

答えから言います。

カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-de …
    • good
    • 4

こんにちは。


概要はNo.1の方のとおりでいいのですが、ちょっと補足を。

まず、くびれが少なく、長めのスキー(『昔のスキー』とでも申しましょうか)は、もうほとんど販売していません。カービングスキーが『普通のスキー』になってしまいました。

また、カービングスキーの中にもいろいろなジャンルや、初級からレベルにあったモデルがあるのですが、下のURLの4ジャンル分けは98~99の2シーズンくらいだけで破綻してしまいました。
その後フリーライド、オールマウンテン、モーグルなどいろいろなジャンルが増えています。(どのジャンルも昔のスキーよりサイドカーブがきつくなっています)

中には『カービングスキー』と言いながら、カービングターンが容易でない(力をかけるとずれてしまう)モデルもあります。
初級用モデルや、楽に滑れるコンセプトのモデルは、カービングしやすいというより、短くて良いので取り回しが良い、サイドカーブによってターンのきっかけを作りやすいとか、パラレルターンがしやすいスキーと考えた方がいいと思います。
    • good
    • 10

普通のスキーは、スキーのトップからテールの幅がほとんど一定です。


一方、カービングスキーはトップとテールの幅が広く、センターの幅せまくなっています。また、カービングスキーはサイドカーブがきつくなっており、回転半径がちいさくなっています。

カービングとは、削ると言った意味で、ずれのないターンのことです。

普通のスキーでは、カービングターンをマスターすることはかなり難しかったのですが、カービングスキーでは容易にと言っては語弊がありますが、カービングターンがし易くなったと言われています。

参考URL:http://www.andermatt.co.jp/andermatt/ski/skicarv …
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカービングスキーの滑り方について

8年のブランクから戻ってきて、カービングスキーを購入しましたが、ここで昔のスキーとの滑り方の違いを見てみると昔は膝を曲げて加重しましたが、今は膝を伸ばしてターンするとのことでした。
そこはイメージ出来るのですが、切り替え時がちょっとわかりません。膝を伸ばしたまま切り替えるのはちょっと難しそうだし、やっぱりベンディングの要領で切り替えるのでしょうか?
でもそうするとショートターンでの板の返りがあまり使えないですから、早く細かいターンが出来なさそうですし…
どなたか教えてください!
あと、膝を伸ばして加重なら、ブーツのフレックスなんてあんまり関係無さそうですが、なぜ何段階かに分かれたフレックス設定のブーツが発売されているのかよくわかりません。来期はブーツの購入も考えていますので、どなたかご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

切り替えは、ベンディング又はクロスオーバー(ストレッチング)で行います。両方とも基本姿勢を経由してベンディングは腰の高さを変えずに、クロスオーバーは立ち上がって行いますが、ポイントは、谷方向、スキーの軌道の内側に体を持って行くことです(先行動作)。私も永年、スキッド系で滑っていたので前記は、始めの内、まるでローテーションしているように感じました。
序でですが、膝は、自ら伸ばすと言うよりも体を内側に倒して、谷側の足から山側の肩に抜ける軸を作ることにより、自然に出来るものです、全体に自らスキーに働きかけないで、スキーの角付けが出来たら、後はスキーに任すようにして雪の抵抗の分力を入れます。これもスキッドで慣れていると始めはなかなか難しいです。
小回りでの板の返りは、使いません。常に雪面にスキーを密着させた状態を保ちます。カービングターンで早い細かいターンをする為には、Rの小さな短い板が必要です。そうでない場合や急斜面でスピードをコントロールするには、先行動作と同時に足の捻りを入れてスキッド&カービングで滑ります。
ブーツのフレックスは、急斜面、ハイスピードでしっかり角付けするのに、また、体の動きを的確に伝えるにはハードなブーツが必要です。

切り替えは、ベンディング又はクロスオーバー(ストレッチング)で行います。両方とも基本姿勢を経由してベンディングは腰の高さを変えずに、クロスオーバーは立ち上がって行いますが、ポイントは、谷方向、スキーの軌道の内側に体を持って行くことです(先行動作)。私も永年、スキッド系で滑っていたので前記は、始めの内、まるでローテーションしているように感じました。
序でですが、膝は、自ら伸ばすと言うよりも体を内側に倒して、谷側の足から山側の肩に抜ける軸を作ることにより、自然に出来るものです...続きを読む

Qカービングスキーの滑り方について

20年前にアルペン競技をしてました。子供に指導する時に谷足荷重で教えていたら 今のカービングスキーは両足に荷重するということを聞いたので、まず自分も乗ってみないとと五万ほどの板を購入しました。

乗り方について教えてください。また乗り方の書いてあるホームページがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>谷足荷重で教えていたら 今のカービングスキーは両足に荷重するということを聞いたので、

おそらく,カービングターンで最後まで切り上げるには,内足にも多少の荷重が必要になるのでは?でも完全に両足ではなく,外足と内足の配分を変えて滑っている気がします。(正しいのか自信はありません)
あとは,ターンの際の外向,外傾を少なく,スキーに正対するような姿勢にしたほうがいいようです。外向傾が多いとずれやすいです。

カービングスキーでのカービングターンは結局のところ,サイドカーブとスキーのたわみで実現できるものですので,角付けと荷重をしっかり行うことが一番重要だと思います。(どうすればそれができるかで悩むのですが)

参考URLにはいろいろ詳しく出ています。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/ka2/dr-hama/ski/index.html#return

Qスキー カービングスキー ショートスキー だったら、どれが滑りやすい?たつのが簡単ですか?

スキー カービングスキー ショートスキー だったら、どれが滑りやすい?たつのが簡単ですか?

五年前にスノボーに行って初級滑れた印象でしたが
久しぶりに行ったら立つことも運動不足で難しくてなってて、

次に行ったときはブランク八年ですがにスキーしたことあるので、挑戦しようと思いますが
八年年前はカービングスキー?
スキーの授業受けた方が上達
早いと思いますが、前に習って時間もったいないのとお金もったいないので受けるつもりなくて、あと日帰りバスで行くので

Aベストアンサー

カービングとショートスキーで簡単なのはショートスキーですが、お勧めはその中間のミッドスキーです。100~130cmぐらい。

以前にスキーをやっていたのなら、ショートスキーは短すぎて違和感があると思います。
そして、装着はすぐ慣れると思うけどビンディングもちょっと違います。
簡易固定式で簡単に言えば、普通のスキーのように危険な力がかかっても外れず 危険な場合があります。

ミッドスキーなら危険な時に外れるビンディングが付いているし、以前のスキーの経験が生かせて、普通のスキーより取り回しも楽です。

Q春(悪雪)のカービングスキーでの滑り方

バブルの頃は結構スキーをしていたのですが、10年間以上シーズンに1回行くか行かないかでした。今シーズンはブーツと板を新調し(去年まではブーツも板も15年前位に買ったもの)、スクールにも入り、特に滑り方がずいぶん変わって戸惑っています。足をもっと広げて、内足も荷重して滑るように言われ、練習しています。

これから雪の状態はますます悪くなってきますが、悪雪の滑り方はどのようなことに注意していけばよいのでしょうか。特にカービングスキーでの滑り方で注意点があれば教えてください。

Aベストアンサー

これはあくまでも僕の経験ですが、春の雪は足場が悪く雪面の状況によって大きく変わってくるため圧雪した良い雪の時よりも余計に基本的な操作が必要ではないでしょうか?ノーマルスキーの時とさほど変わらない外足加重と踵押しひねりができれば大丈夫だと思います。ただスクールでも教わったとのことですが、ノーマルスキーよりもスタンスを広めにしたほうがいいと思います。カービングスキーはその独特の形状により雪によっては予想の付かない挙動を起こすことがあります。よって従来のスタンスではスキーが重なったりというアクシデントが起こりやすい為の回避としてのスタンスなのではないでしょうか?

Qカービングスキーの滑り方

カービングスキーの滑り方(最近のスキーのすべりかた。)について教えてください。
雑誌の表紙なんかを見ると、ターン内側の手が地面につくぐらい体を傾け、内側のひざが胸につくぐらい曲げ、外側の足はまっすぐ外側に伸び、スキーのスタンスをかなり広げて滑っている絵を良く見ます。いまはそんな滑り方が主流なのでしょうか。
http://www.skichannel.ne.jp/topics/information/20101217.html

当方20台後半で、小さいころから何度もスキーに行き、相当な急斜面でもそれなりに降りてこられるくらいの実力はありますが、このかた教わった経験もなく、基本的に自己流で育ってきました。しかしながら一緒に行く人からはお世辞かどうか、うまいとよく言われます。

数年前にカービングスキーは買ったものの、どうも昔ながらの滑り方が抜けないようです。

まず、スキーのスタンスですが、広く取るより、ぴったりくっつけたまま滑るほうが楽です。
斜面をほぼ直進的に小回りで滑るとき、スキーの先端を中心に、後ろをずらしながらターンする滑り方をしています。もちろんスキーは両足ぴったりくっついています。基本、上半身は斜面方向(谷)をまっすぐ向いたままです。(ウェーデルン?)小さいころ、誰かに体がスキーの方向に向いてはいけないといわれたので・・・。
また、上半身の縦方向の軸も地面に対して常に垂直になっていると思います。(滑っている自分を斜面下方から真正面に見たとき、上半身の縦の軸が地面に対して垂直。)先にあげた雑誌の表紙などはかなり傾いています(あれは大回りターンぽいですが…)。
カービングではこのように、ずらす滑り方はしてはいけないのでしょうか。
また、カービングで小回りするときはどのように滑ったらいいのでしょうか。

大回りも同様に、足を広げて滑るほうがいいのでしょうか。確かに足を広げれば、ターンで体が傾いたとき、内側のひざが曲がるのは理解できます。自分としてはやはり大回りも足が開かないほうが滑りやすいのですが・・・。

独り言みたいになってしまいましたが、回答およびコメントお願いします。

カービングスキーの滑り方(最近のスキーのすべりかた。)について教えてください。
雑誌の表紙なんかを見ると、ターン内側の手が地面につくぐらい体を傾け、内側のひざが胸につくぐらい曲げ、外側の足はまっすぐ外側に伸び、スキーのスタンスをかなり広げて滑っている絵を良く見ます。いまはそんな滑り方が主流なのでしょうか。
http://www.skichannel.ne.jp/topics/information/20101217.html

当方20台後半で、小さいころから何度もスキーに行き、相当な急斜面でもそれなりに降りてこられるくらいの実力はありま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
ずらしてスピードコントロールをする小回りの時は、従来どおりで良いですよ。
一口にカービングスキーといっても全部一緒ではなく、サイドカーブ緩め(R=○○mの数字が大きい。比較的クビレが少ない)板ほど従来のずらす小回りになります。

外向や逆ひねりは、回転性能の低い板を回すテクニックでした。今の板でもずらす時はその姿勢が出ますが、昔の板ほど極端ではありません。
外傾は外足の荷重を多くした結果出る姿勢です。

外傾、外向を強調し、膝でひねりこむような動作で遠心力Gに耐えようとすると膝を壊します。サイドカーブがきつくてエッジグリップも強いスラローム用や基礎小回り上級モデルで、昔エキスパートだった人ほど膝を壊してました。

だから、特に深回りのカービングで遠心力に耐えるために、体を一本軸に近くしてあまり関節を曲げない姿勢となります。
内スキーも有効活用して滑ります。もっともわかりやすい例が「奥原いたる」さんというプロスキーヤーです。
http://www2e.biglobe.ne.jp/~itaru/
ただし、実際にゲレンデで手がつくほど傾いて滑っているのはほんの一握り。
大半のレジャースキーヤーは普通に滑ってます。

私は10年前に「シモン・ジャコメ」という、ほとんど一本棒で滑るスイスデモのビデオを見て衝撃を受けました。
カービングの大回りでもなるべく足を閉じて滑り、2本のカービングのシュプール))が狭いのがカッコイイ(内膝を折りたたまない=内足の負担もかからない)と思ってまますが、板の性能によって比較的閉脚でカービングしやすい板と、肩幅程度にスタンスを広げないとバランスが取りずらい板があります。

こんにちは。
ずらしてスピードコントロールをする小回りの時は、従来どおりで良いですよ。
一口にカービングスキーといっても全部一緒ではなく、サイドカーブ緩め(R=○○mの数字が大きい。比較的クビレが少ない)板ほど従来のずらす小回りになります。

外向や逆ひねりは、回転性能の低い板を回すテクニックでした。今の板でもずらす時はその姿勢が出ますが、昔の板ほど極端ではありません。
外傾は外足の荷重を多くした結果出る姿勢です。

外傾、外向を強調し、膝でひねりこむような動作で遠心力Gに耐えようとす...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報