プロが教えるわが家の防犯対策術!

回路ブレーカーが落ちずにメインブレーカーが落ちる場合とは、どういう場合ですか。

#素人考えでは回路ブレーカーのどれかが落ちるのが普通かな・・と。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

s-holmesさんの仰るメインブレーカーが契約用のアンペアブレーカーの場合は、#2さんの回答にある通り使いすぎです。



メインブレーカーが漏電ブレーカーの場合は、使いすぎ もしくは 漏電です。

漏電ブレーカーには赤いステトボタンと黄色(他の色の場合も有ります)の漏電表示ボタンが有り、漏電で落ちた場合はこの表示ボタンが飛出ます(テストボタンのようになる)。

漏電表示ボタンが出ていなければ使いすぎです。

ちなみに漏電表示ボタンは、ブレーカーを入れ直してもリセットするまで出たままになる物が多いです。リセットは表示ボタンを押しこんでやります。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

結局プロにみていただくことになりました。(-_-;

お礼日時:2005/02/07 18:32

● 回路ブレーカーは過負荷(電気の使いすぎ)で落ちます、一般に15A、又は 20Aです



● メインブレーカーは過負荷と漏電との兼用に成っています。

● メインブレーカーで過負荷が働くのは、例えばメインブレーカーが30Aの場合、個々のブレーカーが3個あれば、個々のブレーカー合計の最大は60A迄可能ですが、この場合はメインブレーカーが30Aであればメインブレーカーが落ちます。

● メインブレーカーの漏電が働くのは、特に水を使う機器が漏電している場合が多いです、例えば洗濯機など

質問 1)何を使っている時にメインブレーカーが落ちますか
   2)メインブレーカーは何Aですか
   3)個々のブレーカーは何個ありますか
   4)受電線は2本ですか、3本ですか
   5)どの地域(電力会社名) 
結論 漏電でブレーカーが落ちている可能性が大ですが、参考までに質問事項を連絡いただければ、再度考えます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

結局プロにみていただくことになりました。(-_-;

お礼日時:2005/02/07 18:33

メインブレーカーが30Aで回路ブレーカーが


6個あって各々が10Aだっとします。

回路ブレーカーに8Aの電流が流れても
回路ブレーカーは遮断されませんが
メインブレーカは8A×6=48Aで
メインブレーカーが先に落ちるわけです。

極端な例ですが、回路ブレーカーに余裕があっても
メインブレーカーが先に落ちることもよくありますよ。

その場合は電力会社に言ってメインブレーカーの
容量を上げてもらえばすむはずです。

工事費は無料で基本料金が10Aにつき300円程度
上がるだけで済みます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

結局プロにみていただくことになりました。(-_-;

お礼日時:2005/02/07 18:32

 このような場合はたいていは漏電で、メインの漏電ブレーカーが落ちていると思います。


 各回路のブレーカーを全て落として、メインブレーカーを入れて、次に各ブレーカーを順に入れて行きます。どれかのブレーカーを入れたときメインブレーカーが落ちれば、その回路が漏電しています。
 その回路の漏電を直せば使えるようになります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

結局プロにみていただくことになりました。(-_-;

お礼日時:2005/02/07 18:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーカーが落ちて、上げても元にもどりません

さきほど、居間・和室の20と書いてある漏電ブレーカーが落ちました。電気の使いすぎかなと思って、電器を全て切ってからONにしようと持ち上げたのですが、全然元に戻らなくなりました。どうしてなんでしょう。電気工事店に来てもらった方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

最後につけた電化製品はなんだったでしょうか?それもOFFにしましたか?あと、エアコンなどのコンセントも抜いてみましたか?

電化製品を全てOFFにしているのなら、漏電ブレーカー~居間・和室のコンセントの間の配線に不具合がある可能性があります。この場合は素人での調査・解決は難しいので電気工事店に来てもらうしかないと思います。(どこに頼んでいいかわからないときは、電力会社に電話すれば電気工事店を紹介してもらえると思います。)

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Qショートの意味とブレーカーの落ちる原因について

機械音痴の自分なのですが、昨日職場で仕事をしている最中に電源が全て落ちまして主電源装置を調べると水が垂れてました(装置の下に水溜りが出来ていました)。
昨日はすごい雨だったので何かの原因で雨漏りし主電源に通じるパイプを伝って雨が装置の中に入ってたようです。
素人では治せないんで今日業者に来てもらって修理してもらうことになりました。社員の人達はショートしたなと言ってました。
恥ずかしい話なんですが、今までショートするとはブレーカーが落ちる状態のことを言うのと思っていました。
そこでお聞きしたいのですが、ショートの意味とブレーカーが落ちる原因を教えてもらえないでしょうか?
職場が工場関係なんで将来仕事を任される時がきてこんなことも知らないようでは情けないんでちゃんと理解しておこうと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地につながる」です。
「漏電」とも言います。

水分によって電線や機械の絶縁が破壊され、プラスの電線からマイナスの電線へ戻るより早く、機械の枠などを通して地面へ流れて行ってしまう現象です。

漏電も小規模のうちは見つけ出すことが困難ですが、ある程度の量になると、人が機械に触っただけで、ビリッビリッと感じるようになります。
さらに大きくなれば、人の生命を危機にさらしたり、出火したりすることもあります。

漏電は、専用の「漏電しゃ断器」で保護するようになっていますが、古い設備ですと漏電しゃ断器などないこともあります。
雨のかかった量が多ければ、地洛 (= 漏電) と短絡とが同時に起こることもあり得ます。

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地に...続きを読む

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Q60A契約でもブレーカーが落ちます。どうしたら・・・

60A契約をしているのに、それでもメインブレーカーが頻繁に落ちます。ブレーカーは1回路余っているようなのですが、それをうまく使ったら? とか、200Vにできないのか? とか70A以上の契約ができるのか? とか思うのですが、素人なので何もわかりません。わかる方、教えてください・・・

Aベストアンサー

>ブレーカーは1回路余っているようなのですが、それをうまく使ったら?
関係ありません。どのブレーカーでも60Aまで使えるようになっているのが普通です。ただし、すべてのブレーカーで使っている電流の合計が60Aまでしか使えません。
大元のブレーカーは60A契約の60Aで、その下の小ブレーカーのスイッチごとにアンペア数が刻んで書かれているはずです。通常は皆同じですが、テーブルタップのACコードでは最大15Aまで(蛸足配線で1500Wまで、1500Wまで使うとACコードが暖かくなり、カーペットなどの下にACコードを引くと熱がこもってさらに暑くなり、ACコードを蛇のようにとぐろをまいておくと出火にいたる場合があります。)、壁の中や天井裏のAC100Vの配線ケーブルは通常の家庭では30A定格のものが使われています。
60A契約がお住まい建築当初からの契約であれば、屋内配線が60Aで配線されている可能性もありますが、後から契約容量を変更された場合は屋内配線が30A容量のものが使用されています。建築後に、クーラーや電子レンジ、電子オーブン(電子オーブンレンジ)、乾燥機付き洗濯機などを購入された場合は別回路で30A定格のAC100V屋内配線が追加され、それぞれ専用の小ブレーカーが追加設置されている可能性があります。
小ブレーカーのスイッチノブに刻印されているアンペア容量を確認してみてください。皆30Aとなっていれば、よく切れる小ブレーカーの配線の下に接続している電気消費量の多い電気機器を各ブレーカーに分散して接続するか、同時に電源を入れないようにすればブレーカーが落ちなくなります。
同じ冷暖房クーラーややぐらコタツは出力を半分くらいにして使用すれば消費電流も減ります。
私のところは冬場は3つの部屋でやぐらコタツを使い、消費電力900W程度の電子レンジとレーザービームプリンターおよび900W位の電気釜を使っていて30A契約でやっています。(冷暖房クーラーはなし。冷暖房クーラーやオーブンレンジ、乾燥機付き洗濯機は最大出力で使用すると1台で20A前後消費します。)電子レンジと電気釜を同時に使うときは、レーバービームプリンタの電源はOFFにしやぐらコタツは一番弱またはOFFにする号令をかけてから、使うようにしています。年に1、2回位位はブレーカーを落として家中真っ暗になることがあります。そんなときは、大きな消費電力の電化製品のスイッチを全部切ってからブレーカを投入します。

 使い方次第で60A契約で十分いけると思います。多分これ以上の契約をすると工場並みの基本料金の契約になると思います。

>ブレーカーは1回路余っているようなのですが、それをうまく使ったら?
関係ありません。どのブレーカーでも60Aまで使えるようになっているのが普通です。ただし、すべてのブレーカーで使っている電流の合計が60Aまでしか使えません。
大元のブレーカーは60A契約の60Aで、その下の小ブレーカーのスイッチごとにアンペア数が刻んで書かれているはずです。通常は皆同じですが、テーブルタップのACコードでは最大15Aまで(蛸足配線で1500Wまで、1500Wまで使うとACコードが暖かくなり、カーペットなどの下にACコー...続きを読む

Q漏電ブレーカーが妙な感じで落ちます

3週間前ぐらいから漏電ブレーカーがいきなり落ちるようになってしまいました。
古い築30年ぐらいの建物なのですが、昔の学生アパート5部屋を全部かりており、ここに住みだして17年ですが、今回初めてのことです。

漏電は夜中寝ているあいだに時間帯もバラバラで、昔のアナログタイマー時計があり、それでいつブレーカーが落ちたかわかるので、それをみますと夜の9時半で留守にしている時だったり、寝ている時間で夜中の2時半、3時ごろ、4時半とか5時とか6時とかバラバラ・・・ある時は朝の9時半、今度は夜の11時にいきなりバサッと・・・

しかし、どれも1日1回で2回とか3回などはありませんでした。 ところが今日はじめて3回朝からブレーカーが落ちましてちょっと・・・となっています。

一応電力会社にきてもらって漏電の点検をしてもらいましたら、各部屋の1室が既定値ギリギリだといわれました。 それが原因なのかと思っていて、湿度やらなにやらでこのブレーカーが敏感に反応しているのかもしれませんと。

なので、自分が家で仕事をしているときは落ちても平気だったのと比較的夜中とか朝方だったのでPCやらの影響もないしと考えていました。 そして早朝で起きてちょっとして9時ぐらいに落ちたとか、11時の夜に落ちたときにブレーカーをあげるときは、黄色のリセツトを押して緑のスイッチを上げますが、全ての部屋のブレーカーは落としておいてそれから漏電ブレーカーを上げていました。

ところが、あるときその通りにして上げるとすぐにパチンと跳ね返って降りてくるのです。 何度かリセットスイッチを押して緑のレバーを上げても同じ感じで跳ね返ってきます。 少し3分ぐらいおいて上げると普通に上がり、普通に使え出します。

不思議なのが、各部屋のブレーカーはOFF、全く電気は各部屋に通ってないのですが、メインの漏電ブレーカーは跳ね返ってきて全然上がってくれない状態があり、どうもここで1室の測定値ギリギリのものが原因ではなさそうだと感じだしました。

ここで現在考えられるのが、この漏電ブレーカー自体の寿命、もしくはこのブレーカーまで来ている大元の電力会社のメーターの所、その間での何かトラブルなのか?という感じを疑っています。

ブレーカーなら簡単に交換でいいのでしょうが、このブレーカーから元の電力会社のメーター間のトラブルだと面倒な事だなぁと思ってしまっています。

とりあえず原因はわからずなのですが、ここ数日前は丸々1日ブレーカーが落ちずにいたり、このあいだは2日間落ちずにいて、それが今日は3回落ちたり・・・

オーバーロードとかではないのは確実です。 寝ている間になりますし・・・(待機電力は冷蔵庫にFAXやら通信類ぐらい、TVとか録画機はないので、後PCの若干の待機電力など)

想定できる原因があれば教えていただけると幸いです。 ブレーカーが寿命という説だととってもありがたいのですが・・・

3週間前ぐらいから漏電ブレーカーがいきなり落ちるようになってしまいました。
古い築30年ぐらいの建物なのですが、昔の学生アパート5部屋を全部かりており、ここに住みだして17年ですが、今回初めてのことです。

漏電は夜中寝ているあいだに時間帯もバラバラで、昔のアナログタイマー時計があり、それでいつブレーカーが落ちたかわかるので、それをみますと夜の9時半で留守にしている時だったり、寝ている時間で夜中の2時半、3時ごろ、4時半とか5時とか6時とかバラバラ・・・ある時は朝の9時半、今度...続きを読む

Aベストアンサー

漏電ブレーカーは内部に半導体の増幅回路を持っていますがこれが不安定になればそのような現象も起こるでしょう。
二次側の分岐ブレーカーを全て切っても落ちるなら益々怪しいし壊れかかった状態では現象がランダムに起こる事は普通でここはやはり電気工事屋さんにお願いしてみて下さい。

Q漏電ブレーカの落ち方

漏電ブレーカのスイッチの落ち方

電気工事士の免許を取ったばかりで、仕事をしているものです。漏電ブレーカのスイッチの落ち方について質問です。

先輩から、漏電ブレーカが落ちるときには、過負荷で落ちるときと、漏電でおちるときと2種類あると聞きました。

(1)過負荷の場合 スイッチが下まで完全に落ちる。

(2)漏電の場合 スイッチが途中までしか落ちない。

(2)の場合、復旧するとき、スイッチが途中までしかあがらないので、緑のリセットボタンを押して、あげてやる。

本当でしょうか。ご存知の方がおられましたら、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

#3です。
>なにか、付け加える点がありましたら、よろしくお願いします。
●漏電表示ボタンですが、機器によっては色が違うと思います。
私の場合ですと、白色ですし、黄色のケースもありますので、色で判断するんじゃなくて何のボタンかが表示がされていますので、「漏電表示ボタン」の表示を選んでください。もう一方のボタンはテストボタンです。

漏電表示ボタンは、通常奥まっていますが漏電遮断した場合は飛び出します。これが漏電表示です。


補足ですが、
>漏電すると、漏電ブレーカーのスイッチは、完全に下まで、落ちなくて、中央までしかおちない。
●内部の接点機構では完全にスイッチが切れています。操作レバーが中央で止まっているだけです。

Qブレーカーの容量

2つ質問がありますがよろしくお願いします。
(1)ハロゲンヒータの増設を考えているのですが、今あ る100Vのコンセントからハロゲンヒータを3台同時に 運転したところ、ブレーカーがとびました。そこで今つ いてある20Aの漏電ブレーカーを50Aにすることは可 能でしょうか?それとも違う方法があれば教えてく ださい。当然施工は電気業者に頼みます。

(2)単三の分電盤の頭に50Aのブレーカーがついています。 その下に20Aが8個ブレーカーがついています。
 そこでですが単純に20Aが8個ついていれば160 Aですよね。頭が225Aのブレーカになるのではないでしょう  か?
 その頭のブレーカーはどのように選定するのでしょう  か?
20Aのブレーカーはどのように個数を決めているのですか?

Aベストアンサー

基本的にはNo.4様の記述の通りです。
ハロゲンヒーターということは1台1kw程度でしょう。
この場合1台につき10Aの電流が流れます。3台で30Aなります。20Aのブレーカーでは当然落ちてしまいます。
一方分岐ブレーカーの大きさは、複数の負荷をまかなう場合、20Aを最大とする決まりがあります。
ブレーカーの大きさが20Aを越えることができるのは、ブレーカーと負荷(コンセントなど)が、1対1の専用回路の時に限られます。このことに関しては、法律で定められており、これを逸脱することは、電気工事店に工事を依頼してもことわられるでしょう。
全ては、一般人が電気を使用するに当たっての安全策から来ていることで、専門家なら尊守すべき事項です。
主幹ブレーカーについては、負荷バランスが100%とれている場合、(20A×8×0.8)/2=64Aとなります(単3なので半分になります。)。これは最大負荷を想定した場合で実際にはこれの60~70%程度の電流になります。よって50Aのブレーカーが適正な主幹でしょう。

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q質問なんですがブレーカーが落ちた形跡がないのに(下がっていないのに)ブ

質問なんですがブレーカーが落ちた形跡がないのに(下がっていないのに)ブレーカーが落ちた時の様な現象は起きますか?昨日主人と昼寝して起きてみるとブレーカーは下がっていないのに風呂の時計とタイマー、空気清浄機の電源が切れてたんです。空気清浄機のコンセントはもちろん刺さったままで電源も1日中つけっぱなしです。切った記憶も全くありません。どうしたらこんな現象起きるのでしょうか?専門知識のある方または同じな経験された方教えて下さい。

Aベストアンサー

「ブレーカーが下がった形跡は残らないものなのでしょうか?ブレーカーが下がっていなかったものでどうも素人目線だと不思議で、、、。」

送電線(電力会社から供給されている電気)から送られる電気が
途絶えても家庭の遮断機(ブレーカ)には動作しません。

つまり、遮断機(ブレーカ)の役目は、
・超過電流(電気が一定量以上のオーバー)
・漏電・ショートなどの理由で、

電気が物理的に遮断される機能を持つのであって
通称ブレーカのスイッチが下がり電気が切れます。
それらの要因がなければ遮断機自体は機能しません
ので遮断機のスイッチはONのままで、つまり
遮断機のスイッチは(OFFには)下がりません。

停電があった時に、その後に電気が復旧した場合、
わざわざ遮断機のスイッチを入れることはせずに
室内の電灯が点いた事で復旧が確認できる人が
殆どだと思います。

家庭まで届く途中の電力会社設備や送電線付近の
落雷や、近所などでの電気工事などで時間的に
1秒程度の停電は予想以上に頻繁にあります。

故に銀行などATMやコンピュータなどには
電力が瞬時でも停止した場合にバッテリなどに
よる(蓄電池)電源の自動切替え装置が設置
されています。

質問者の場合は特に停電の事実が確認できない
状態であって遮断機が動作していないことから
1秒程度くらいの停電があってもわからなく
また、その程度の瞬時ならば御近所の方も
家の中で起きていても気づかれない人の
方が多いと思われます。

家庭家電機器の中で停電復旧後に自己復旧が
不可能な機器だけが電源が切れていたと思われます

ためしに動作中にコンセントを抜いて再び刺すと
どうなるかで確認は出来るはずです。

「ブレーカーが下がった形跡は残らないものなのでしょうか?ブレーカーが下がっていなかったものでどうも素人目線だと不思議で、、、。」

送電線(電力会社から供給されている電気)から送られる電気が
途絶えても家庭の遮断機(ブレーカ)には動作しません。

つまり、遮断機(ブレーカ)の役目は、
・超過電流(電気が一定量以上のオーバー)
・漏電・ショートなどの理由で、

電気が物理的に遮断される機能を持つのであって
通称ブレーカのスイッチが下がり電気が切れます。
それらの要因がなければ遮断機自体...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング