教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

第二次世界大戦。

もし日本海軍が、ハワイ島を占領してたら。
アメリカ本土攻撃可能でしたか?
当時の零戦って飛行距離どのぐらい有ったのですか?
当時の日本海軍の空母はアメリカにとって
脅威でしたか?

流石に生き証人は居ないと思うけど?

gooドクター

A 回答 (11件中1~10件)

父親が特攻隊でした。

父親はあの戦争は負けると分かってたと亡くなる前申しておりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう(^-^)

あなたのお父さんに、
ベストアンサーを付けさせて貰います。

これで、この質問を締め切らせて頂きます。

回答ありがとうございました。(^-^)

お礼日時:2020/11/10 22:09

風船爆弾で本土攻撃してました。


木に引っかかっていた風船爆弾の不発弾に触れたピクニック中の民間人6人が爆死した例が確認されている唯一の戦果。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

え、そんな事が有ったのですか?

回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/09 23:56

カテ違いとそれを甘やかすとBA乞食。


より場に迷惑なのはどちらだろう。

回答順に表示を推奨。

この質問で、真珠湾の重要性を知らない者が湧くとか・・・

「初期」の戦闘機 ってどの時代のどれのことだろう。
それと零戦を比較して、何の意味があるのだろう。



放置すると誤解が広まるので回答はしますが、
(あなたがどこで質問をしているつもりなのかわかりませんが、
ここで扱うのは「映画」の「戦争・歴史」についての質問です)
「史実」を扱う場は他にあります。
カテ違いは他の質問を流す上に、質問するべき場を寂れさせます。

【カテゴリ一覧】
https://oshiete.goo.ne.jp/category/list/

ここを勧めたマヌケなアプリのせいにしても、それを真に受けて選んだのはあなたです。



A:>アメリカ本土攻撃可能でしたか?

この場合の「本土攻撃」の定義が不明ですが、本土への攻撃は伊号潜水艦
に搭載された偵察機が爆撃をしています。

【伊号第二十五潜水艦】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8F%B7 …



以下の事を知らずに無謀やら愚策とか言っている方もいるようですが、
まず、日本の戦争目的は、初期にアメリカに打撃を与えて戦意を挫いて有利な条件(経済制裁の解除等)で講和する事です。

なので、アメリカ本土の占領は考えていません。

そんな事をするには爆撃機による攻撃が必須ですが、当時はハワイからアメリカ本土まで往復できる「爆撃機(≠零戦等の戦闘機)」など、どこの国も持っていません。(零戦で何でもやっていたと思っている方もいるようですね)
そして、ハワイーアメリカ間には滑走路を作れるような島もありません。
空母の艦載機が詰める爆弾程度では、広大なアメリカを制圧などできません。
更に、爆撃機の護衛の為に、アメリカ近海に空母を派遣して戦闘機を発進させる必要があります。
これらのコストや危険はどれほどのものでしょうか。

そして、ハワイはアメリカにとっても重要な島でした。
日本をB29で爆撃するにはフィリピンを取る必要がありましたが、それにはまずハワイが必要でした。



B:>当時の日本海軍の空母はアメリカにとって脅威でしたか?

回答C:十分に脅威でした。

このようなわかりきった事を聞く意図が不明ですが、当時空母を建造し「艦隊」として運用出来るような国は日本とアメリカくらいのものでした。
空母だけでなく艦載機や乗員の練度も高く、決して侮れる相手ではありませんでした。
アジア人という偏見で侮っていた「彼ら」は初戦でそれを思い知らされました。



D:>当時の零戦って飛行距離どのぐらい有ったのですか?

要約:私はここで質問できる程度にネットを使えるのに、この程度のことすら自分で調べる気はありません。

無知は傲慢になれる免罪符ではありません。
他人様の好意やリソースを何だと思っているのですか。


E:>零戦って飛行距離は、さほど無かったんですね。(No4様へのお礼?)

うわぁ・・・
「第二次世界大戦。 もし日本海軍が、ハワイ」の回答画像9
    • good
    • 1
この回答へのお礼

他の回答者さんは、皆が詳しいよ、

お礼日時:2020/11/09 17:22

ハワイの米軍の海軍基地があったのは、ハワイ島ではなくオアフ島のパール・ハーバーで、空軍基地があったのも同じくオアフ島のヒッカム基地ゆえ、ハワイ島を占領しても意味がなかったでしょう。

 零戦は、機体下部に増槽、いわゆる増加燃料タンクを取り付けることで、最も航続距離が長い初期型の二一型では、約3350kmの距離を飛行することができました。 しかし、オアフ島のヒッカム基地からロスアンジェルスまでは片道4000㎞以上もあるゆえ、ヒッカム基地を奪っても、ゼロ戦による米国本土攻撃は不可能でした。 ただし、太平洋戦争当初は米軍も太平洋の制海権も制空権も握っていないゆえ、航空母艦で米国西海岸に接近し、艦載機で米国本土を攻撃することは可能だったでしょう。 しかし、日本軍も当初は東南アジアの石油基地などの占領に注力していたため、パール・ハーバー奇襲後、空母は南方に振り向けられました。 かといって、日本軍がアメリカ本土攻撃をあきらめていたわけではありません。 あまり知られていませんが、10隻近い伊号潜水艦による、米国西海岸への攻撃がたびたび行われました。 西海岸沿岸を航行する船舶を沈めたり、浮上して本土を砲撃したり、搭載している航空機での空爆も行われて、そこそこの戦果も挙げました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。(^-^)

お礼日時:2020/11/09 17:08

ハワイから西海岸へ約4000km、さらにニューヨークへ約4000km。

物理的に不可能。B29でも片道しか行けず。

ゼロ戦、増槽を装備して約2000km。

主力空母たった4隻で脅威なんて言わない。

生き証人がいても考えていない。地政学的にみて出来ないんだから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本海軍は、脅威では無かっんですか。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/09 17:11

既に回答がありますが、日本軍もアメリカ軍も飛行機の航続距離は


さほど長くは無かった。
だから真珠湾攻撃においても、主目的はアメリカ軍の空母の攻撃であったが、
真珠湾に空母は係留しておらず、空母攻撃は大失敗だった。
だから、ハワイ島を占領していたとしても、アメリカ本土への攻撃は
ほぼ不可能だとの説が有力です。

一方、アメリカ軍は、日本の通信の暗号解読に成功しており、
それによって開戦後の半年後にミッドウー開戦で、日本の空母の
絶滅に成功している。
即ち、4年にも及ぶ太平洋戦争は、僅か半年で決着(日本の敗戦)していた。

それでも負けを認めない日本に対して、東京空襲などを決行したが、
あくまでも反抗する日本に対して、原爆投下の最終手段で決着をつけた。

という経緯が定説です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本土攻撃は、ほぼ不可能だったんですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/09 17:19

日本のハワイ占領に脅威を感じたのは、海軍の人ですね。


今もですが、戦艦のような大きな船舶が停泊可能な港は、意外と少ないです。ハワイを拠点基地としてつかえないと、海軍さんだけはかなり困ったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/09 17:17

初期の戦闘機の飛行距離は、意外と短い。

アメリカ本土攻撃は無理。
真珠湾攻撃でアメリカの空母を沈めたら、日本本土攻撃はない。
はずでしたが、実際は大空襲やられてますね。
開発力、生産力の差で、日本に勝ち目はありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね~

零戦って飛行距離は、さほど無かったんですね。

回答ありがとうございました。(^-^)

お礼日時:2020/11/09 10:28

面白い視点ですね。



>もし日本海軍が、ハワイ島を占領してたら。アメリカ本土攻撃可能でしたか?

可能にはなりますが、日本本土からハワイ諸島は遠いので、ただでさえ米国の1/30しかない日本の生産能力でアメリカ本土を攻撃するのはものすごく大変だったでしょう。

 なのでもしやるなら、真珠湾攻撃後すぐにハワイ諸島制圧占領、1年以内に米国西海岸攻撃じゃないと無理ですね。

>当時の零戦って飛行距離どのぐらい有ったのですか?
航続距離は約2200km、ただハワイ諸島から西海岸までは3500kmぐらいはあったので、途中まで空母で行き、攻撃が終わったら空母に帰る必要がありました。
 その間、米国本土に近いところにいる母艦は相当な攻撃にさらされるでしょうから、かなり無謀な作戦になったことでしょう。

>当時の日本海軍の空母はアメリカにとって脅威でしたか?
結果的に「脅威」と認識されましたが、実は太平洋戦争開始まで、日米に限らず「戦闘機が大型水上艦船を沈没させるほどの攻撃はできない」とされていました。

実際ミサイルのない時代なら当然で、後は魚雷攻撃しかないのですが、当時の戦闘機から発射する魚雷には難点が多くて、水上艦船側も対策できていたのです。

しかし、真珠湾攻撃では日本が開発した新型魚雷がその欠点を克服していて、だから浅瀬の真珠湾で艦船が沈没したのです。

その結果米海軍に「航空勢力で艦船攻撃をする能力がある」と認識され、工業生産力の差からミッドウェー海戦で日本が大敗する結果をもたらした、と言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、途中まで空母で行かないと本土攻撃は
無理だったんですね。

何故このような質問したかと言うと。
当時の米軍フィルムで、米国海軍の偉い人が
もし日本海軍がハワイ島を占領してたら、

背筋が凍る思い。

って述べていたから。

当時の日本海軍、零戦等
知りたかったのです。(^-^)


詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/09 10:18

無理です、己を知らずに向かう無謀さは、前代未聞の愚策です。


当時の軍部と内閣の馬鹿さ加減がよく分かりますね。たとえ、ハワイ島を取っても、零戦で、ワシントンまでの飛行は無理です。
そこから米国との戦争は、負けを覚悟の玉砕ですから、国民を犠牲にすることは織り込み済みです。
途中で手を打つ予定が、韓国から中国、インド方面へと進軍出来たので、有頂天になって、兵力以上の進軍をして、統率出来なくなって、自滅への道を進んだのです。
日本の技術は、当時トップレベルですが、資源と工場がなければ、力も持てません。
当時の無謀がよくわかります。
https://www.jacar.go.jp/shusen/
参考までに公文書館の公開済みの太平洋戦争史です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時の米軍が、真珠湾攻撃の後
占領されてたら。背筋が凍る思いって
当時のフィルムで言っていたので、

零戦の飛行距離とか、知りたかったのです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/09 10:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング