オンライン健康相談、gooドクター

なぜ人は巡礼するのですか?

gooドクター

A 回答 (9件)

仏教の四大聖地に関しては、釈迦のエネルギーやデータが残っており、瞑想の進歩や天への道ができるとかです。



釈迦自体も「4つの場所」語った 大般涅槃経 というものがあるそうです。

ヒンドゥー教ではガンジス川が汚れを取り除く沐浴の場所、天への道として遺体の焼却と流す場所になってます。

チベット仏教のカイラーサやヒンドゥー教のヒマラヤでは、ヴァイブレーションが良く修行の進歩のためという理由があるそうです。

釈迦や神々の予言した場合として、また神々のいる場合として認識されてたりします。

カトリックでは、奇跡が起きて、そこを訪れると病が治ったとされる理由で巡礼対象とされたりします。

意外と近年ではルルドの泉が認定された場所となります。


もっともっと色々あるでしょうが、一部お送りしました。

あなたが、真に価値ある場所を訪れる事が実現する事を望みます。

ありがとうございました。

分かりやすく返信しやすい要素を素晴らしいと思います。
    • good
    • 0

信仰心が強いから。

    • good
    • 0

> 【宗教】なぜ人は巡礼するのですか?



【頭書】に【宗教】とありますが、巡礼の名前は、宗教とは無関係にも使います。
例1: https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php? …
 https://www.hankyu-travel.com/kokunai/junrei/ban …
 https://www.eurasia.co.jp/attraction/feature/san …
例2: https://www.newotani.co.jp/tokyo/stay/exe/offers …
  https://anime-and-otherthings.com/%E3%80%8E%E3%8 …
  https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/aspp0200.asp …

渡り鳥やクジラ、鮭、回遊魚などの行動は巡礼とは言いません。 ほぼ1年のサイクルで夏冬などで生息域を変え巡るのも巡礼とは言いません。

登山や探検、各種のスポーツ競技やお祭りも、人間以外のものはやらないみたいです。 たぶん、学問研究とかも人間特有でしょう。 農耕などの栽培でも、食糧確保獲得のためという理解は表面的には可能であっても、その農業や栽培に関わる膨大で長時間になされる作業は、単純な食糧確保の行動を遙かに超えています。 人間には、人間社会集団間の争いも多く、武力を平常時から養成し強くし維持するような行動や志向が強く見えます。もちろんそうした紛争を起こさないようにしたりする動きも多いのですが、腕力や体術、技能、武器、兵力や戦術布陣兵站などに鋭意努力する人も結構います。 ビジネスの起業や拡大・隆盛に鋭意努力する人もいます。 権力の強化や支配領域の拡大に夢中になる人もいます。 哲学的思考に夢中になる人もいます。 他人の未開を解明にするべく指導や教育あるいは論破に夢中になる人もいます。 また介護や救済支援など他人を救うことに夢中になる人もいます。 占いや超能力開発?に夢中になる人、子育てや恋愛に夢中になる人もいます。 父母や祖先あるいは子孫のためにということを第一に考えようとする人もいます。 恋に恋するような人もいます。 粛々と儀式を厳かに執行することを最優先する人もいます。 
ギャンブル依存、アルコール依存、ゲーム依存なども、人間はなりやすく、他の動物は人間ほどはなりやすくはないでしょう。 

登山や闘争でも走行や体操、演奏、難問に挑戦、難題に挑戦、細かく神経を使うことに集中、肉体的・精神的・知的にハードな作業・労働・訓練・修行に集中するというと、自分の安逸などをそっちのけにしているように他人には見えることをわざわざ選び取っているということは、どうやら、人間にはしばしば見受けられることです。 (もちろん、そんなことはしないという人や、滅多にしないという人も多いです)
ということは、人間と他の動物とは、行動に駆り立てるなにかに違いがあるのです。

私は、その違いは脳の生理的なことに起因しているのではないかと思います。 人間の脳は、他の動物に比べて大きく、複雑になっていて、何かの拍子に特別の機能が働いてしまうではないかと思っています。
具体的にいうと、視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞あたりの生理が他の動物よりも簡単にオキシトシンを分泌しやすいのではないかと思っています。(証拠とか、研究とかは知りません)
で、そのために、そのあたりが活性化するようなことをすると、満足・昂揚・快適・幸せという気分が高まっちゃうのだと、私は想像しています。
スポールの練習や試合、フィットネス、ゲームや難問挑戦、勉学や仕事・各種の作業、長時間の歩行、見知らぬ不案内な場所の訪問、日常あまりしない行動や大騒ぎ・祭り・イベント・行事への参加、儀式的な行動や発声・歌唱、舞踊などをしたり/みたり/聞いたりということで、結果、オキシトシンが出て、満足・昂揚・快適・幸せという気分が高まっちゃうのだと、私は想像しています。

途中省略

この下の映画の解説に、「年齢も境遇も動機もまったく違う9人の長い旅」には「9人には、純粋な意味での“巡礼”巡礼の心はありません」が、巡礼であるとされています。
「そういう彼らがやっと到着した聖ヤコブ教会。そこには、彼らのような巡礼者がたくさん集まっていました。"この道を歩きとおすことができた!"この感激と興奮は、彼らの心に何を生むのでしょうか。一つの最終目的地に向かってのびている道を、ひたすら歩み続ける巡礼の旅。それは、まさしく人生の旅なのでしょう。」
https://www.pauline.or.jp/cinemas/cinemas200702- …

観光で知らない場所を回る、探検で人に知られていない場所を求めて回る、アニメや映画や宗教で"聖地"と言われる場所を回る、旅行企画で"聖地"と言われる場所に行き飲食や温泉の経験をする、札所を巡る、街道をとにかく辿るなども、未経験や未体験、珍体験などをして、「やった!」「やってるんだぁ」の感覚と思いで、快適・充足感を、人間はえることができるからだと、私は思います。
    • good
    • 0

たぶん


越境が必要な気がします。
    • good
    • 0

深い意味などありません


なんなら巡礼をしている人に聞いてみたら

宗教に関する知識などほとんどなく
神社や寺の歴史も本尊も教義もろくに知らずに
違う宗派だろうが、何が本尊だろうが関係ない
ミソクソめちゃくちゃなお祈りをして回っているのです
寺があやつる猿回しのサルです

そのうち
キリスト教の教会や、イスラム教のモスクにも
巡礼のコースになるんじゃないの

ちなみに
仏教においては、キリスト教や、イスラム教のような
特別な場所など聖地など、重要視しないのですよ

釈迦が説法をした霊鷲山、観光でも行かない
祇園精舎の後、何処にあるんだ
    • good
    • 0

教祖や聖人、高僧の体験を追体験して、自己同一化するためでしょう。

    • good
    • 0

布教のために聖地を設けたからです。



つまり、信者を増やすための
技術です。
    • good
    • 0

「Go To 巡礼」ではないでしょうか。



四国八十八ヶ所お遍路さんの経済効果
全国で1,650億5,872万円
四国地域で1,320億4,698万円
ただし、2016年発表の1年間の経済効果試算

(経済がまわる。お遍路さんだけに・・・。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みんなありがとうございます

お礼日時:2020/11/11 20:37

日本では江戸時代の日本全国からの「お伊勢参り」でしょうか。


結局は、今の日本でもよくあるドラマ・アニメ・小説などの「聖地巡礼」と同じことでしょう。

日々繰り返しが多い「日常的生活空間」から「非日常的空間」への転移でしょう。
すなわち旅行を通じた「異次元世界」「神秘的空間」の体験という人生の大イベントです。

軽いものは単なる観光地巡りですが、そこに宗教や、史実・創作物による物語が付加されることで、精神性が強まり、単なる名所・旧跡巡りではなく「聖地巡礼」に昇華することになります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング