新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

自分が申告した医療費10年分(各年ごと)が書面として欲しいです。可能でしょうか。この間住まいは2都道府県3市に及びます。

gooドクター

A 回答 (3件)

過去10年分が全部揃うとは限りませんが、


下記の『申告書等閲覧サービス』を利用することで、
提出した確定申告書を税務署で閲覧することができます。
カメラ等で撮ることも可能となりました。
https://www.nta.go.jp/law/jimu-unei/sonota/05030 …
https://www.nta.go.jp/law/jimu-unei/sonota/05030 …

下記の申請書を提出することにより、最寄りの税務署へ
取り寄せることも可能となるようです。
https://www.nta.go.jp/law/jimu-unei/sonota/05030 …

あとは、過去何年分あるかですが、時効なども考慮すると、
7年分ぐらいは残っていると思われますが、ここはなんとも言えません。

とりあえず、いかがでしょう?
    • good
    • 0

結論から言うと「認められない」です。


税務署が受理した申告書は公文書なので、それを閲覧することは原則できません。ただし、正しい申告書の作成をするために過年度の申告内容を確認する必要がある場合には「ええよ」となってます。
青色申告者の場合には過去3年分の繰越欠損金額の推移が分からないと申告書が作成できないので、過去三年分の閲覧は許可されます。
その他の場合には、進行年度の前年分のみです。令和2年なら令和元年分だけは閲覧できます。
閲覧して手書きで写し取ってましたが、最近「撮影してもいいよ」となりました。

医療費控除額については、それが不明だと令和2年分の申告書作成できないものではないので、閲覧許可がでません。
閲覧理由を偽って閲覧しても令和元年分のみが許されるでしょう。

国税当局は課税権が時効になった年度の申告書は廃棄します。
所得税については過去7年間分しか保存してません。その意味では過去10年間分の申告書の閲覧は物理的にできません。

ところで「医療費10年分(各年ごと)が書面で欲しい」との事ですが、年間医療費の合計額が知りたいのか、すべての医療費の領収書が見たいのか、ちと不明です。
何のために、どんな係数が必要なのかを述べられれば、税関係以外での調べ方があって、それを教えてくれる方がいるかもしれませんね。
    • good
    • 0

自分で作るしかないでしょう。


役所にデータは残ってませんから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング