プロが教えるわが家の防犯対策術!

【秋元康】美空ひばり、AKB48の作曲家、総合プロデューサーの秋元康は高校2年生のときにテレビの放送作家としてデビューしている。

とありますが、高校2年生でテレビの放送作家デビューってどういう経緯でなったのですか?

高校2年生で放送作家になれるのですか?テレビの?

何があったのですか?

A 回答 (5件)

ウィキペディアのコピペ



高校2年生の冬の夜、ニッポン放送『せんだみつおの足かけ二日大進撃!』を聴いていた際に何気なく、せんだみつおを主人公とした『平家物語』のパロディを受験勉強用に用意したノート20枚にわたり書き上げた(当時同番組には「せんみつ深夜劇場」という名作古典文学のパロディのコーナーがあった)。募集されていたわけではなかったが、同級生の薦めを受けそのノートをニッポン放送へ送ったところ、社員の亀渕昭信(のちに社長)と、大橋巨泉事務所の放送作家グループに所属していた奥山侊伸の目に留まった。このような経緯の後、ニッポン放送へ遊びに来るように言われ、出入りするうち奥山の弟子となり同グループに所属した。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2020/11/11 22:02

当時はネットも無く、高校生の放送作家がいるということが誰もが知ることではなかったです。



ただ今改めて思うのは、例えばYouTuberでも自己プロデュースが上手い子とか、動画作るのが上手い子がいると思います。例えば有名なブライアンとか、テレビ業界にいればまさしく放送作家。
秋元康も同じだと思います。高校生でも、クリエイティビティが早熟な人はいつの時代もいるんだと思います。

テレビ業界は、今は「会社組織」という趣が当時より強いように思います。コンプライアンスの問題も当時よりずっとうるさくて、その保守性が業界内でも問題視されています。
当時のテレビ業界は、今よりもずっと混沌としていて、融通が利く面があったのだと思います。ちょっと鋭い高校生が制作の目に止まり局に出入りすることも場合によっては出来た。出演者やスタッフの起用に関しても、裏社会だとか結構際どいところから引っ張ってきてたんじゃないでしょうか。「高校生がテレビ制作に携わっています! はい情熱大陸行き」とかいちいち大袈裟にフィーチャーすることもない。
つまり、今のYouTubeみたいなものです。法を犯してなければ、もしくは表沙汰にならなければ、大抵のことは出来る。

それだけのことで、とりたてて当時が今より凄いとかそういったことは無いと思います。「出来る子は出来るし、そうでない子はそうでない」、それだけ。
    • good
    • 0

高校2年生の冬の夜、ニッポン放送『せんだみつおの足かけ二日大進撃!』を聴いていた際に何気なく、せんだみつおを主人公とした『平家物語』のパロディを受験勉強用に用意したノート20枚にわたり書き上げた(当時同番組には「せんみつ深夜劇場」という名作古典文学のパロディのコーナーがあった)。

募集されていたわけではなかったが、同級生の薦めを受けそのノートをニッポン放送へ送ったところ、社員の亀渕昭信(のちに社長)と、大橋巨泉事務所の放送作家グループに所属していた奥山侊伸の目に留まった。このような経緯の後、ニッポン放送へ遊びに来るように言われ、出入りするうち奥山の弟子となり同グループに所属した。

以上ウキペディアより
    • good
    • 0

追記


販売はミスタッチ
    • good
    • 0

え?


回答ではないけど秋元康販売作曲はしないよ、作詞のみ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング