システムメンテナンスのお知らせ

日本語を勉強中の中国人です。「めちゃくちゃ楽しかったです」の「めちゃくちゃ」は話し言葉でしょうか。「とっても楽しかったです」との違いは何でしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (8件)

「めちゃくちゃ」とは、


まるで道理の合わない、筋道の通らない様
程度のはなはだしい様
非常に混乱した様
というのが本来の意味であり、結果として悪い状態になった時に使います。
ですので、「めちゃくちゃ楽しかったです」は、言いたいことは伝わりますが、正しい日本語としては、「とても」を強くした「とっても」や「本当に」となります。
これをより改めた表現にすると「非常に」や「大層」となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。いずれも大変勉強になりました。

お礼日時:2020/11/11 23:10

「滅茶苦茶」(めちゃくちゃ)・「無茶苦茶」(むちゃくちゃ)に「だ」を付けて「形容動詞」になります。

漢字はすべて当て字で、その字に大した意味はありません。「ひどく」「大層」の意味を持っています。「無茶」だけ取り出して「道理に合わない」という意味になります。「無理矢理」と共通点があります。「無茶」は既に漱石が「坊ちゃん」で使っています。

https://karens8.com/mecha-mucha-chigai/  意味と語源
    • good
    • 0

どちらも同じ意味で、話し言葉にも、メールや手紙などにも使いますヨ♪



同じ意味だけど言葉だけで言うと
「めちゃくちゃ」の方が少しカジュアル?くだけた印象で
「とっても」の方が少しきちんとした印象かな…

お手紙で「とっても楽しかったです」
だと、きちんと丁寧にお礼=「ありがとうございました♪」
を伝えてる感じで
「めちゃくちゃ楽しかったです」
だと、まだ今も楽しい感情が溢れてて
「すごく楽しかったです♪」
を伝えてるようなイメージかな…♪
    • good
    • 0

どちらも親しい間で使う話し言葉です。

無理に違いを述べるとすれば「めちゃくちゃ」のほうが「とっても」よりも砕けた表現です。
    • good
    • 0

質問文に全く問題ありません。



仰る通り「話し言葉」です。
「とっても(とても)」は丁寧な表現。
それと比べて「めちゃくちゃ」は、砕けた(フレンドリーな)表現。
目上の相手にはあまり使わない表現です。
意味は、どちらも同じです。

「めちゃくちゃ」は、「手の施しようがない」意味があります。
「手の施しようがないくらい楽しい気持ち→めちゃくちゃ楽しかった」といった感じでしょうか。
    • good
    • 0

意味は同じですが、目上の人には使わないです。

友達とかにカジュアルに言う言い方です。
    • good
    • 1

めちゃくちゃは、とてもと同じニュアンスですね。


ただ目上の人には「めちゃくちゃ」は使わないです。少し砕けた印象、友達やあまり気を張らない人に対して伝えます。
もちろん「すっごく楽しかったです」で大丈夫です。
    • good
    • 0

とても、とっても、めちゃくちゃ、めちゃめちゃ、めっちゃ…などは全て同じ意味ですが、使う相手は選んだ方が良いです。



とても→丁寧。
とっても→とてもよりも更に興奮している。

めっちゃ・めちゃめちゃ・めちゃくちゃ→話し言葉。若者に多く使われている。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング