【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

鬼滅の刃にて鱗滝さんが育手だったから炭治郎は水の呼吸なのですか?もし炎の呼吸の使い手に教わっていたら炎の呼吸使えてますか?

A 回答 (2件)

そうですよー。



炭治郎の適性は別の呼吸にあります。(炭治郎の日輪刀は黒いけど、水の呼吸に適性があり一定以上の技量を備える剣士が持ち主になると水色になります。鱗滝さんの刀の色ですね。アニメでご覧になっているのなら、炭治郎が最終選別で持っている刀が青っぽいはずです。これは鱗滝さんの刀を借りたからだそうです。)


適性と違う呼吸でも習って一定以上の技量を有すれば習った呼吸が使えるようです。
作中では何人かが習った呼吸と違う呼吸に移っています。
たとえば、炎柱候補だった甘露寺蜜璃は煉獄杏寿郎に師事しています。時系列としては、竈門家が襲われたのとあまり変わらない頃に弟子入りしたことになりますね。
甘露寺蜜璃が習ったのは炎の呼吸でしたが、彼女自身の適性と身体能力などから恋の呼吸の派生を生み出しています。(ボウズビーツの人が作画を担当した外伝で語られています。)
他にも作中の柱何人かは同じく習った呼吸から派生させた呼吸を使っています。


ですので、もし炎の呼吸を習っていたなら炎の呼吸を使っていたと思われます。
ただ、一話の時点でやってきた柱が冨岡義勇以外だったなら、禰豆子はその場で殺されていた可能性が高いだろうと私は思います。
そうすると無惨は現代まで生き延びそうですね…。
    • good
    • 0

そうだと思います

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング