システムメンテナンスのお知らせ

社会機構、体制、仕組み、組織、環境
何を変えても、一切を動かしている「人間」そのものが
無慈悲で、利己主義のままでは、
皆が満足できるような盤石な世界など
10000年経っても実現できませんね

gooドクター

A 回答 (73件中1~10件)

うん。

    • good
    • 0

う〜ん?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

人生
自分らしく生きよ。と言う人いますが
常に明日を目指して成長していくこと
『誇りを持てる人生』を生きることですよね

お礼日時:2020/12/06 07:49

異邦性、それは人間には『厚みがある』と気づくことだ。


ひとりの人がどれほどまでよそよそしく、どれほど私たちの理解に抵抗するかを、どれほどかたくな に人が、人間が私たちを否定するかを知ることだ。
すべての美しいものの底には非人間的ななにものかが横たわっている。
世界の原初の敵意が数千年を超えて私たちに向かって立ち上がる。
その一瞬、私たちはもはや人間が理解できなくなる。
なぜなら私たちが何世紀もの間、人間について理解してきたもの とは、実は、私たちがあらかじめ人間に仕込んでおいた形や図柄だったからである。
人間は人間それ自体となり、私たちの理解を超えてしまう。
この人間の厚みとよそよそしさ、それが不条理ということである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

芸術的なお答え、おそれいります

お礼日時:2020/12/05 12:05

異邦性、それは世界には『厚みがある』と気づくことだ。


ひとつの石がどれほどまでよそよそしく、どれほど私たちの理解に抵抗するかを、どれほどかたくな に自然が、風景が私たちを否定するかを知ることだ。
すべての美しいものの底には非人間的ななにものかが横たわっている。
世界の原初の敵意が数千年を超えて私たちに向かって立ち上がる。
その一瞬、私たちはもはや世界が理解できなくなる。
なぜなら私たちが何世紀もの間、世界について理解してきたもの とは、実は、私たちがあらかじめ世界に仕込んでおいた形や図柄だったからである。
世界は世界それ自体となり、私たちの理解を超えてしまう。
この世界の厚みとよそよそしさ、それが不条理ということである。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

芸術的なお答え、おそれいります

異邦性ではなく異方性ですよね
物質や空間の物理的性質が、 方向によって異なることですよね

非人間的ななにものかが横たわっている・・・??
なにもの・・・って何でしょうかね

お礼日時:2020/12/05 09:47

ほっ?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

人生はある意味
常に「生きずまり」との戦いです。
生きる限り、戦う限り、必ず困難の壁が立ちはだかるのは当然です
順風ばかりで「生きずまり」がないのは
むしろ停滞の証です

人生とは挑戦の連続です、実践です、戦いです、前進です。
人生は生涯、研鑚です、勉強です。

お礼日時:2020/12/05 10:03

無人島に1人でいれば「社会」としては理論的には満足な世界です

    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通り
しかし現実の社会で生きていくためには
不自由と戦わなければならない
法律に縛られ、仕事の縛られ、人間関係に縛られ
家庭に縛られ、
無人島にいきた~い

お礼日時:2020/12/04 09:50

人それぞれ見方捉え方考え方があります


法律等のルールを守ってさえいればいいわけです
ですから質問者さんは質問者さんの考え方をまっとうすればいいわけですし、同様に質問者さん以外の人達もそれぞれの考え方をまっとうすればいいのです
だからこそお互いに尊重し合うことが大事なのです
にも関わらず質問者さんはそれを無視して他人様の意向を無視して質問者さんの考え方を押し付けようとしているから質問者さんは身勝手極まりないのです
加えて質問者さんはそれに気付いてすらいない事から質問者は視野が狭い頭でっかちのお子様だとうことです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誤れる見方捉え方考え方は、自分が不幸になるだけでなく
他人をも不幸におとしいれます

狭い地域でさえ、人それぞれ価値観は違います
まして世界では、環境が伝統が常識が文化が違うため
多種多様の価値観が生まれます
「寛容に徹して」「人権の尊重」をはかるのは当然ですが
それらに合わせる事など、受け入れる事など不可能です
だからと言って傍観は寛容ではありません

誤れる見方捉え方考え方は、自分が不幸になるだけでなく
他人をも不幸におとしいれます

法律等のルールを守る事は当然として
誤れる見方捉え方考え方を180度変えようとすることは
人格や尊厳の否定ではありません
至難の業ですが、無知の輩の誹謗中傷など予測通りですから、
逆に、励ましにさえ聞こえます

精神には根源的に備わる無知があります
ここから人間の尊厳にたいする不信や
他者への蔑視が生まれ
人間の不幸と悲惨の根本原因となるのです
前にエイリアンとか、根本的な闇とか
貪り、愚か、怒り、に集約される、とか言いましたが
取り急ぎ結論が先に来ていますので、よろしく

精神の、茫漠たる未踏の領域に足を踏み入れると
闇の奥深くに、生命を生命たらしめている
究極の実態、生死の「一法」の存在が見えてきます
例えば
物理学者達がちまなこで探し求めている
あらゆる現象を一つの数式で表す
「神の数式」のようなものです

無量に展開するこの世の神羅万象は
一つの法則から成り立っている
と言う事です

お礼日時:2020/12/04 09:32

あ頭市さんおはようございます。

 小澤富夫『末法と末世の歴史意識』https://ci.nii.ac.jp/naid/110007563378のp.6より引用します。「わが国における末法初年は永承七年壬辰(一〇五二)となる。」です。今年は2020年です。2020-1052=968です。968年間ほど末法の世が過ぎました。末法の世は10000年の間続きます。10000-968=9032です。あと9032年程猶予があります。末法の世が終わる西暦11051年の年末に日本は滅びます。
 移住します。適当な移住先を探します。『人間10000年の目標は 限りなく完璧な循環存在を実現することではないでしょうか?』のNo.24さんhttps://oshiete.goo.ne.jp/qa/12023954.htmlの「恒星ケプラー22」が良かったです。『Vol.8 号外:「系外惑星ケプラー22bとヒッグス粒子」』https://iss.jaxa.jp/column/norisan/vol8.htmlさんも良かったです。系外惑星kepler22bへ向け穢土11000です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
末法は10000年の外尽未来際ともありますが

お礼日時:2020/12/03 08:51

質問者さんがしてることは所詮幼稚な王様気取りに過ぎません

    • good
    • 1
この回答へのお礼

戯言でも寝言でも、実をあげれば、良い結果を出せば
真言であり本音と言う事になります

結果第一主義ではあるが
偶然や、たまたまを排除するために
論理的、整合性、不変性が必要であり、
更に
文献的証拠に裏付けられているかが重要なのです
それで得た結果のみ信じられるのです

①文献的証拠
②論理的裏付け
③現象(結果)
これをもって真実とするのです

ムカリンさんの批判は
批判的思考の基準に当てはめて見ると
明瞭さ、的確さ、正確さ 妥当性、深さ、
幅、論理性 重要性、公平性
に問題がある事が分かります

古代ギリシャのソフィスト達を思い出します
退廃と欺瞞の社会にありがちな批判です
あ、
ソフィスト達は、もう少し論理的に批判する



忙しくて、即答できませんので、
あしからず

お礼日時:2020/12/02 18:09

闇に覆われた罠にはまった、エゴにとらわれた、不幸の原因となる間違っ対して考えを改めさせるなんて考え方それこそ勘違いも甚だしぃ幼稚なエゴですね


ま〜身の無い戯言しか言えない質問者さんにはそれが幼稚なエゴだとはわからないんでしょうね
それは質問者さんの知的限界ですからね
    • good
    • 0
1  2  3  4  5  6  7  8 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング