システムメンテナンスのお知らせ

年末調整について
現在私の扶養に母が入っており、10月で60歳を迎え来年の1月より 国民年金をもらいます約月額 7万円を受給します
父は現在70歳を超えており、年金受給額が現在月額20万
年齢が父と母は10以上離れており 年齢が離れているので年金が役3万円上乗せされてもらっているそうです
しかし母も年金を受給し始めるので3万円多くもらっているものが無くなるそうです
母はそのまま私の扶養に入れたほうが良いのか、又は父の扶養に入れた方がいいのか 教えてください

gooドクター

A 回答 (4件)

補足見ました。



それですと、扶養控除は、
合計所得 所得税 住民税
~48万  38万 33万
の控除額に対して、
所得税率は20%で
38万×20%=7.6万
+復興税2.1%
住民税率は、10%
33万×10%=3.3万
で、合計11万ぐらいになるので、
お父さんの扶養より、軽減額は多いです。
※お父さんの軽減額は5.2万

社会保険料も扶養家族分はタダですから、
お父さんの国民健康保険も1人分で済んでいます。

お母さんの年金額であれば、扶養条件には問題ないと思いますが、
年金の種類や受給開始時期は、よく確認された方がよいと思います。

添付 750万の場合の明細
「年末調整について 現在私の扶養に母が入っ」の回答画像4
    • good
    • 0

お母さんの年金の話に疑問があります。


お母さんは、昭和35年生まれで私とほぼ同い年ですから、
特別支給の老齢厚生年金の受給は62歳の2年後からです。
国民年金(老齢基礎年金)だけなら、65歳からです。
まず、そこを確認して下さい。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinen …

お母さんの年金が国民年金だけなら、お父さんの3万多くもらっている
年金(加給年金)は、お母さんが65歳になるまで、あと5年はもらい
続けることができますよ!

お父さんの年金が月20万だと、
年240万(加給年金も含む?)
公的年金等控除110万
基礎控除    48万
社会保険料   20万?(想定)
といった控除はありますが、
それでも課税所得は62万あり、
概算で、
所得税3.2万
住民税6.5万
が課税されていると思われます。
ですから、
お母さんをお父さんの扶養にすると
お父さんの税金は減ります。

あなたの税金を減らすか?
お父さんの税金を減らすか?
あなたの所得が多ければ、
それだけ税金の減る額も大きくなりますが、
あなたの所得が不明なので比較できません。

また、お母さんはあなたの社会保険の
健康保険に扶養家族として加入して
いるのですか?
それが一番影響が大きいです。
社会保険の扶養は、税金とは別です。
そうだとしたら、
あなたの扶養のままの方がよいです。
仮にお母さんの年金が月7万あっても
社会保険の扶養条件は、60歳以上で
年180万未満
月15万未満
ですから、月7万でも問題ないです。

もし、国民健康保険できているなら、
お父さんは国民健康保険料を
お母さんの分も払っていることになります。
※国民健康保険は扶養制度はないからです。

ですので、あなたの健康保険に
扶養で加入した方が得かもしれません。

まとめると、
あなたの所得が年間いくらか?
で、お父さんとの税額の比較ができる。

あなたは社会保険に加入しているか?
それによってお母さんの健康保険料がうく。

そして、気になるのが、
お母さんが国民年金を来年から受給
というのが、疑問です。
可能性としてあるのが、
・国民年金の繰上受給
・国民年金基金に加入していた?
・企業年金か確定拠出年金?
・個人年金?
といった可能性はあります。
個人年金だとだいぶ事情が変わります。

確認をお薦めします。

添付 老齢年金の受給開始年齢
「年末調整について 現在私の扶養に母が入っ」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は年収750マンぐらいです そして私の社会保険に母も加入しています

お礼日時:2020/11/20 12:33

>母はそのまま私の扶養に入れたほうが…



何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテですので 1.税法限定で回答しておきます。

扶養控除や配偶者控除などは 1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
納税者が会社員等ならその年の年末調整で、納税者が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。
サラリーマンの給与に扶養控除や配偶者控除分が折り込まれているのは、はあくまでも年末調整の“予約”に過ぎず、確定したものではないのです。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

>来年の1月より 国民年金をもらいます…

来年のことなら来年の今頃になったら判断すればよいのです。

>又は父の扶養に入れた方がいいのか…

父の税金を安くしてあげようと思うなら父が配偶者控除 (扶養ではない) の確定申告をすればよく、親の税金より自分の税金の方が大事と思うなら今までどおりにしておけばよいです。
他人が判断することではありませんので、家族でお話し合いください。

父がどっちでもいいよと言ってくれるのなら、「課税される所得」の多い方につけるのがセオリーです。

父の「課税される所得」をご質問文から推定すると、多くても 84万を超えることはありそうにないです。

あなたの「課税される所得」は源泉徴収票で
[給与所得控除後の所得金額] - [所得控除の額の合計額] = [課税される所得]
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/an …
です。

で、今年これからもらう源泉徴収票で「課税される所得」が 100万円であったと仮定すれば、これに扶養控除分 38万を足して 138万として、父と比較しないといけません。
今年 200万なら 238万として税率が父と違うかどうかを見ます。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0

今までも、会社の健康保険から何も言われていないと思いますから、今までどおりあなたの扶養親族にしたままのほうがいいですよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング