在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

今、旦那の扶養になってます。私自身パートですが、年間収入50万前後です。旦那の会社で年末調整の書類をもらったみたいで、今まで一度も私関係のものは何も記入した事がないとのことですが、養母は私が扶養でも生命保険とか書けば税金が安くなる?とかなんとか言われました。私の生命保険は年間で8万位です。私はパート先で年末調整の用紙をもらいましたが、扶養だから、だんなさんの方で書いてるだろうなら、名前と住所書くだけでいい、って言われてます。何をどう書いたら良いのでしょうか?旦那の会社の事務、今年入ってきた人で聞いてもわからない。とのことです。

A 回答 (3件)

ご質問の内容としては、


⑪ご主人が、奥さんの扶養を申告したことがないがするのか?
⑫奥さんが、パート先での年末調整は必要か?
⑬奥さんの生命保険料の申告は、夫妻どっちがした方がよいか?
といったところでしょうかね。

回答だけ、先に記入しておくと、
⑪ご主人が奥さんの扶養を申告していないなら、
 ずっと損していることになります。
⑫奥さんはパート先で年末調整が必要です。
⑬生命保険料を払っている人が申告するのが、正しいのです。
 但し、奥さんが申告してもそこから軽減できる税金がないので
 申告の意味がありません。
 ご主人が払っているなら、ご主人が申告すれば①に加えて、
 税金が減り、給料の手取りが増えます。払い方によります。

⑪は、是非きちんと申告して下さい。
税金が最低でも5.2万減り、手取りが増えます。
所得によっては、7.1万、10.9万と手取りが増えていきます!

ご主人の持ち帰ってきた書類は、
①令和2年分 扶養控除等申告書
②令和3年分 扶養控除等申告書
③令和2年分 基礎控除等申告書
④令和2年分 保険料控除等申告書
って感じですかね? ご確認下さい。


①②③に奥さんの氏名、マイナンバー等と
奥さんの収入を記入して、申告します。
『A源泉控除対象配偶者』の欄に
奥さんの氏名等とマイナンバーを記入。
所得見積額には『0』と記入します。
※ここが0の理由は後述します。

次に
③基礎控除申告書を記入します。

記入内容としては....
まず、ご主人の収入金額等を
基礎控除申告書に記入します。
所得金額の欄は
給与収入から給与所得控除を引いた
所得金額を求めて記入します。
ちょっと厄介です。A^^;)

給与所得控除額と所得金額の求め方を説明しておきます。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

給与所得控除の概要は以下のようになります。
給与収入  控除額(割合)
~162.4万 55万
~180万  40%-10万
~360万  30%+ 8万
~660万  20%+44万
~850万  10%+110万
850万超  195万
といった、控除額になっています。

単純な例で収入が140万なら
給与収入  控除額(割合)
~162.4万 55万
で、控除額55万を引きます。
140万-55万=85万
収入金額 所得金額
 140万  85万 
合計額   85万 
900万円以下に ✔
区分Iに A
基礎控除の額 48万
と記入。

もうひとつ例として、
収入300万なら、
給与収入  控除額(割合)
~360万  30%+ 8万
で、
300万×30%+8万=98万
が控除額になり、
300万-98万=202万
が、所得金額になり、
収入金額 所得金額
 300万  202万
合計額   202万
900万円以下に ✔
区分Iに A
基礎控除の額 48万
となります。

所得900万以下で、
区分Iに A
基礎控除の額 48万
がポイントになります。

次にその右にある、
配偶者控除等申告書の記入で、
ご主人の税金が減ります。

配偶者控除、配偶者特別控除の条件は
奥さんの給与収入条件によって以下のようになります。
給与収入  所得税 住民税
~103万  38万 33万
~150万  38万 33万
150万超  36万 33万
155万超  31万 31万 
160万超  26万 26万
166.8万~ 21万 21万
175.2万~ 16万 16万
183.2万~ 11万 11万
190.4万~  6万  6万
197.2万~  3万  3万
201.6万~ 控除なし

奥さんの給与収入は50万なので、
配偶者控除
合計所得 所得税 住民税
~103万  38万 33万
が、該当し、
ご主人は、
所得税で、
38万×所得税率5%~=1.9万~
※所得により10%、20%、23%と増えます。
住民税で、
33万×住民税率10%=3.3万
の税金が最低でも軽減できるのです。

記入のしかたは、下記の添付ようになります。

前述の今年12月までの奥さんの
収入金額50万から
給与所得控除を引きます。
給与収入  控除額(割合)
~162.4万 55万
50万-55万≦0
となるので、
●所得金額は、0
区分Ⅱ ②
配偶者控除の額 38万
となります。
ここがポイントです。

最後に、
④令和2年分 保険料控除等申告書
を記入します。
生命保険料は、ご主人が記入できるならして下さい。
秋に来ている控除証明書の内容を下記で入力すれば、
各保険料控除額が求まりますので、結果を転記すればよいです。
https://www.dai-ichi-life.co.jp/examine/deductio …

これだけで、ご主人は最低でも6万ぐらいは、給料が増えます。
その分、奥さんがもらっちゃいましょう!

奥さんの方は、
③の基礎控除申告書だけでよいです。
配偶者控除は書かないでいいです。

給与収入  控除額(割合)
~162.4万 55万
で、控除額55万を引きます。
給与収入50万-55万≦0
収入金額 所得金額
 50万   0 
合計額   0 
900万円以下に ✔
区分Iに A
基礎控除の額 48万
だけです。

長くなりましたが、いかがでしょうか?

添付 配偶者控除等申告書(サンプル)
「扶養者の年末調整って必要ですか?」の回答画像3
    • good
    • 0

>今、旦那の扶養になってます…



何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテですので 1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

夫婦間は配偶者控除または配偶者特別控除です。
夫が今年分所得税で「配偶者控除」を取れるのは、妻の「合計所得金額」が 48 (給与収入のみなら 103) 万円以下のときです。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
48万円を超え 123 (同 201) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

>パートですが、年間収入50万前後…

それなら夫は今年分所得税で「配偶者控除」を取れます。

>旦那の会社で年末調整の書類をもらったみたいで、今まで一度も私関係のものは何も記入した事がない…

配偶者控除に限らずどんな所得控除
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
も権利であって義務ではありません。
権利には行使しない自由もありますので、何も書かないのも選択肢の一つです。
夫は少々の減税など必要ない、さぞかし高給取りなんでしょう。

一方、大変失礼ながら夫は並のサラリーマンなのなら、夫の「令和2年分給与所得者の扶養控除等 (異動) 申告書」
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/an …
の「A 源泉控除対象配偶者」欄にあなたの名前、生年月日、個人番号、所得の見積額を記入して会社に提出すれば、減税を受けられます。

ここで注意点は、税の話をするとき収入と所得は意味が違い使い分けないといけない点です。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

したがって、「所得の見積額」は 50万でなく「0円」と記入します。

>私の生命保険は年間で8万位です。私はパート先で年末調整の用紙をもらいましたが、扶養だから、だんなさんの方で書いてるだろうなら…

その 8 万円は誰が払っているのですか。
生命保険料控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられたり、妻のカードで決済されているような場合は、夫にはまったく関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0

>扶養者の年末調整って必要ですか?



扶養者の年末調整は必要でしょう、そりゃ。
ちなみに、扶養者とは扶養する側のことです。お書きになりたいのは被扶養者ですね?

年間収入が給与収入で50万程度ならそもそも課税されませんから、生命保険料控除を申告しても意味はありません。
ですから、書類は言われたように名前などだけ書けば問題ありません。

ただ、年末調整とは生命保険の金額を申告すること自体ではなく、それも含めて改めて給与の収入とそこから控除できる金額を再計算して最終的な所得税額を出すことを指しますから年末調整自体はご本人の勤め先で行うことになります。
もし年の途中で引かれている所得税がなかったとしても、最終計算の結果として所得税が0であることを確認するのが年末調整です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング