プロが教えるわが家の防犯対策術!

なんで、兵器を作るの、買うの

A 回答 (4件)

売れれば儲かる、



買えば生き残れる。
    • good
    • 0

日本人は平和ボケと言われ


その通りですね

争いこそ、国家、繁栄、義務、尊厳なんて言う、教育されて来てる人も居るんですよ
    • good
    • 0

そこに兵器があって、仮想敵国が買うからです。



日本は島国で、明治以前は外国を攻めたこともないし、攻められたこともない(元寇や朝鮮出兵など例外はある)ので「隣国が攻めてくる」という認識がありませんが、大陸にある国々は人為的な国境線を引いただけで「あそこは元々うちの国の土地だった、だから取り戻せるはず」という認識がどこにでもあるわけです。

だから「取り戻すために兵器を買って、備える」し、逆に「隣国が取り戻そうとしているから、こっちも備える」ということになるわけです。

これらの諍いの元を無くすには、その場所から国境を無くすしかないのですが、それはそれで文化が異なる人々が同じ国になることは難しいといえます。

だから武器があって「隣の国が買うかもしれない」なら「今のうちに買って備えないと攻められた時に守れない」わけです。

日本の隣の大国が近年ものすごく軍事力強化をしているのに「うちの国は侵略戦争はしない。あくまで防衛だけです」と言い張るのは、つまりそういうことです。
    • good
    • 0

発展途上国では


武器が国力を決めます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング