最新閲覧日:

ドイツでは、抗うつ剤、医薬品として、認可されており、日本でも、健康食品として販売されている、サプリメント「セントジョーンズワート」と、新世代の抗うつ剤「SNRI」の相互作用について、情報がありましたら教えてください。
 日本薬剤師会の「健康食品「セント・ジョーンズ・ワート(St John's Wort:セイヨウオトギリソウ)製品」で重大な相互作用の可能性」(2000.3.10http://www.nichiyaku.or.jp/news/n000310.html)において、「セント・ジョーンズ・ワート製品は、英国や米国では医薬品としては認められていませんが、ドイツでは抗うつ剤として使われており、その作用機序は、最近日本でも承認されたSSRIと同様に脳のセロトニン作動性神経を活性化するといわれています。したがって、SSRIと併用した場合には、セロトニンによる作用が増強され、副作用が現れやすくなると指摘されています。」とあり、うつ病の治療薬として、メジャーになりつつあるSSRIとの相互作用が指摘されています。うつに悩むものにとっては、少しでもよくなる可能性があるのであれば、服用したい思うのですが、この情報からは、SSRIのセロトニン再取り込み阻害作用が、セントジョーンズワートのそれと重複するため、併用を避けたほうが良いとすれば、SNRIも、脳の神経伝達物質であるセロトニンおよびノルアドレナリンの神経終末での再取り込みを選択的に阻害し、抗うつ効果を発現させる薬剤であることから、同様に、併用を避けるべきでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

SNRIの場合も同じで併用はしない方がよいと思われます。



SNRIもSSRIも症状に応じて投与量を調節する薬剤ですので、もし現在セントジョーンズワートを服用されているのでしたら、担当医に必ずお話してください。

薬の効果が不十分でしたら、担当医に相談するのが、一番良い方法だと思います。

『本で市販されている商品をみてみると、1錠当たりのセントジョーンズワート含量がまちまちだったり、純品であるかどうか定かではないため、適切に薬効評価できるかどうかが不明です。』という記載が下記HPにありました。
http://www.yakujien.com/Pages/sent.html

参考URL:http://www.phoenix-c.or.jp/muguet/jyouhou7.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。主治医と相談してみます。

お礼日時:2001/08/19 05:48

日本薬剤師会の「健康食品「セント・ジョーンズ・ワート(St John's Wort:セイヨウオトギリソウ)製品」で重大な相互作用の可能性」は2000年3月10日の記事のようですが、その後、平成12年5月10日付けで、旧厚生省が相互作用についてHP上で発表している記事がありましたのでご覧ください。



ところで、ちょっとした疑問なんですが、
なぜ、あえて同じ抗うつ作用をもつ2つの薬を併用されようとお考えなんでしょうか?

参考URL:http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1205/h0510-1_15.ht …

この回答への補足

ご疑問はごもっともです。セントジョーンズワートと、SNRIが、同じ仕組みの抗うつ作用(脳の神経伝達物質であるセロトニンの神経終末での再取り込みを選択的に阻害する)を持つのであれば、理屈からいうと、併用しても効果は同じであり、却って相互作用を招くだけであるとなります。
しかし、もし、セントジョーンズワートに、SNRIと違う抗うつ作用があれば、服用したい、もっと言えば、鬱の気分をなんとかしたいという、藁をもすがる気持ちからの期待感からでしょうか。しかし、相互作用により、SNRIの効果が落ちる、あるいは、副作用が出る恐れがあるのであれば避けたいという気持ちもあります。何とかしたいのですね。この気分の落ち込みを。

補足日時:2001/08/18 19:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ