【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

こんにちは。
外国人で日本語がうまくできないです。


XXができないと、XXを使えない。
XXができないと、XXが使えない。

文法的に、助詞は「を」と「が」の中で
どっちが正しいですか?

A 回答 (7件)

助詞は、その文が置かれた文脈を強く暗示する。

だから文脈から切り離して「どれが正しいか」を論じてもダメで、文脈と整合するかどうかが肝要なんです。

 「Xができないと、Yを使えない。」は「(なんとかして、とにかく)Yを使いたい」という場合、すなわち、Yを使うということそれ自体が主題の場合になら言えますね。この後に「だから、まずXができるようにしなくてはならない」というような話、あるいは「(Xはできないとわかっているから)Yを使うことを諦めて、別の手段を探そう」というような話が続きそうだと予想されます。

 「Xができないと、Yが使えない。」は単独で完結する文ではなくて、この後に「(そして)Yが使えないと、Zはできない」のように、因果関係の連鎖が続くと予想されます。(続かない場合には「それで?」と続きを促されるでしょう。)

 「Xができないと、Yは使えない。」ならば、単独の文として成立します。この文は「一般論として、Yが使えるための必須の条件は、Xができることだ」と言っています。ちょっと偉そうな雰囲気の発言であり、だから、(少なくともこの発話がなされている瞬間には)言っている人が言われている人の上位に居るという、両者の関係を暗示しています。なので、「だから、これからどうすればいいか」という指示あるいは提案が続くかも知れない。例えば「だから、Xができるようにしなさい!」という風に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明、ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/25 15:20

条件節で「が」を使うと、主節では「は」を使います。


プログラムができないと、コンピュータは使えない。
僕が家に帰った時、家族はみな寝ていた。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/25 15:19

どちらも正しいですよ。



「を」は、動作の対象を 指定する 用法。

「が」は、動作の対象を 特定する 用法。
「特定する」というのは、「特にそれと指定すること」なので、「が」のほうが、動作の対象を強調的に指定することができます。

・XXができないと、[ とても重要な! / あの! / まさに、その! ] XXが使えない。

といったニュアンスになる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/11/25 15:19

XXの内容にも関係する訳ですから、「XX」のような伏せ字を使っては質問の真意が伝わりません。

このままだと「を」でも、「が」でも正しいとなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/11/25 15:19

「が」は主格を表すとも、文章の中では主役待遇です、あとにはたいていの内容がつつけられます。


「を」は他動詞の目的格につくほか、空間・時間の位置を示唆します(言い換えれば、その空間に存在する物で位置表現に置き換える、時間に関する場合は時刻の明示)。
また例文に否定語の使用は好ましくありません、真意が伝わらない時も(子供に注意するのに否定語の使用は禁止ともいわれます)。
これができれば、それができる
これさえできれば、それができる
それをできる→できる、は自動詞のため目的格を取りません(不要)、場所・時刻等に関して何等かの認識が必要か?「を」に関しては場所の中でも起点を表すといわれます、「できる」に「起点」を認識する必要ありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/25 15:19

基本的には「を」ですが「が」の場合もあります。



「を」を使うのは「××ができない」が「××を使えない」を目的語にするときです。

たとえば「プログラムができないと、コンピューターを使えない」という文章は、正しく目的語を修飾しています。

これを「プログラムができないと、コンピューターが使えない」言い変える元もできるのですが、この場合の「コンピューターが使えない」は正確には目的語ではなく「コンピューターが」という主語であり、使えない理由が倒置して前にきていることになるのです。

だから「プログラムができないと」の「プログラムが」を主語に置くなら「を」を使うのが日本語としては正しいといえますが「コンピューターが使えない」ことを優先的に扱い、その理由として「プログラムができない」という強調をしたいなら「が」を使うこともあります。

ただ、正当な日本語としては、一つのセンテンスで同じ助詞を何度もつかうことはあまり好ましくなく、その点でも「が」が2回繰り返されている「プログラムができないと、コンピューターが使えない」はあまり好ましい文章とはいえません。(ただし「の」は何度繰り返してもいいです)

なので、この場合「プログラムをできないと、コンピューターが使えない」が本来正しい文章になり、そうすると「コンピューターが」の部分が主語であることが明確になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/25 15:19

「が」。

正しいかどうかではなく、よく使うかどうかで判断しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/25 15:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング