【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

かなり昔の冷房専用霧ヶ峰を家電リサイクルで処分を考えています、別の方の事例で室内機と室外機に分断してガスを封じ込める作業はわかりましたが、最近、四台ほど実家のエアコンのポンプダウンの作業を終了した際、銅管のもろさに気がつき、取り外した後、リサイクル工場に持ち込む際、特に室外機側の銅管が割れたりしてガス漏れの心配をしています、銅管をうまく収める方法などがありましたら教えてください。

A 回答 (1件)

>かなり昔の冷房専用霧ヶ峰…



というと、フレア接続でなくインスタントカップリングですね。
室外機に配管が 3m ほどつながっていて切り離せないのですね。

それで間違いなければ、半径 30~35cm ぐらいになるまで少しずつじわっじわっと曲げていくよりほかないですよ。
直径で 60~70cm ぐらい、すなわち室外機の横幅ほどを目安にします。

力を入れすぎると小さな半径で曲がってしまい、ひび割れの原因になります。
金だらいでもあれば、たらいに巻き付けるようにすれば、極端に小さく曲がることを避けられます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング