プロが教えるわが家の防犯対策術!

中国による尖閣諸島の実効支配がいよいよ現実味を帯びてきましたが政府は本当に何もしない。再来年、遅くても5年以内に尖閣諸島は中国が実効支配するでしょう。今のままならば。
でもまぁ10年前からこの政府は何も変わってないし変わる気もないからこれから5年後も今と変わらないでしょう。つまり尖閣諸島は中国にとられ遺憾の意を伝えるだけで終わるでしょう。中国が尖閣を実効支配するために武力を全面に押し出してくるとは思えない。ハイブリッド戦を仕掛けてくるのは目に見えている。
実効支配されたら取り返すのは不可能。だが実効支配させないというのはリスクも低くて可能だ。
皆さんどう思います?
実効支配なんかされないだろ的な平和ボケコメントは求めてないのでそこはよろしく。

A 回答 (14件中1~10件)

日本の公務員を常駐させることが、中国に対し武力行使を躊躇わせることになるのですが、公務員に万一のことがあると日本も引っ込みが付かなくなるので、そこまでの覚悟は日本政府にはないのでしょう。



このままでは侵入・排除、上陸・排除、照準をつけた睨み合い・どちらかが引くまでチキンゲーム、といったところにエスカレートします。

もちろん、やってしまったときの尻尾切りはずるい中共は考えていると思いますが、日本政府がそこまで考えているとは思えない。

なので、行き着くところは、尻尾切りされた海警、勝手な判断で暴走した中共海軍に対する容赦ない総攻撃、中国の軍人、準軍人の戦死で地域紛争自体を治めないとなりません。

そこで日本政府が賠償に応じようものなら足元を見られますから、例え虐殺と言われようとも、「中共の尻尾切り、もしくは中共反動分子の暴走軍事行為に対処した。その結果が彼ら自身の死であり、全ての責任は中共にある。まずは日本に詫びろ、賠償しろ。次いで防止策を講じろ、そして最後に遺族に対し中共が補償しろ」と言い切ることができるかどうか。中国人民に「中共に忠誠を誓ったところで、俺達はいつも犬死」という意識を植えつけ(正確には自覚させ)、中共が崩壊するところへ上手く導くことが必要です。

日本に敵対的な相手の主権なんか知ったことじゃありません。どこの国でも自国に敵対的な国が不幸に見舞われようが「ざまぁみろ」です。日本の政府もそういう常識的な感覚を持てるようになって欲しいです。
    • good
    • 0

そう、ならない様に軍備増強してる。

潜水艦を造ってるのは、中国の港から、船を出させない様にするため。日本の敷設した海底ケーブルには、磁気探知センサーを、付けており日本全国カバーしてるので中国の行動は、把握してる。たま~に発表するのは、見てますよアピールしかし全部は発表しない中国軍は規模はデカイので、港に張り付けにするのと行動監視が、最重要。その次は米軍が出る。とかく日本は攻めにくい。
    • good
    • 1

仰る通りです。



犯罪組織中共に世界秩序・平和を維持する積りはありません。国ではなく中国共産党と称した単なるヤクザ・マフィアの連中です。恐怖の独裁政権で、近くは香港から完全に自由・選挙を略奪しました。
縄張り(領地)拡大と恐怖の独裁帝国実現だけが念頭です。
犯罪組織を国と認めて来た従来の日本政権・財界には大きな責任があります。

特に、内政の失敗を外に向けたがっているお頭の習近平は戦争をしたがっています。チベット・ウイグル・内モンゴル・満州の侵略に飽き足らず、インドへの侵略・ブータンの一部占領・ベトナムの一部占領・スプラトリー諸島を侵略しあっと言う間に軍事要塞化・日本の領海内に勝手に列島線を引き中共のものと縄張り拡大を主張し出しました。

中共から330km以上離れ、与那国島から150km程度の日本固有の領土尖閣諸島。日本人がかっては約200人も住んでいた島を我物顔に連日挑発しに来ている中共公船。日本漁船を追い回しています。日本からの一発を戦争原因としたいのでしょうか。挑発行為はエスカレートしています。
日本は刺激しない様に、穏便に遺憾砲を投げかけているだけ。ただ欲しいだけの世界のガン・ヤクザ中共には通じません。

中共が武装漁船を単なる漁船と称して何百隻も尖閣に押し寄せて来て、背後に軍艦が多数護衛として来たら、排除は困難です。あっと言う間に尖閣を占領され、スプラトリー諸島同様に国際世論も無視しし、巨大な軍事基地化するのは目に見えてます。日本船が近寄ったら撃沈するでしょう。ヤクザに気が付かない日本政府ですが、中共にはヤクザの理屈しかありません。

自衛隊明記の憲法改正反対・非核三原則順守・防衛力強化=戦争と短絡に結び付け反対・実質敵国の頭領習近平を国賓に迎えようとした日本政府・新型コロナで気が付いたらマスクや医療機器すら中共依存の危機管理無さ・日米安保条約で米軍が守ってくれるとの幻想・犯罪組織の王毅来日を許可し尖閣は中共のものと言わせ、その場で反論すらしなかった茂木・中国輸出管理法で適用品目拡大されたら日本防衛経済も回らない等平和ボケ・危機管理不足の日本政府・財界・日本人に日本を守れますかネ。親中韓の野党は全く論外ですが、、、

政治・国防は最悪を想定して準備するものと信じます。自由日本を守る為には日本は日本人が守る気概が必要でしょう。時代は変わっても平和の維持は所詮力です。尖閣占領されたら、沖縄・九州・台湾が危機的になります。

ヤクザ中共に対峙する為には、全く遠慮はいりません。
遠慮するからヤクザ中共はつけ上がります。
ヤクザ中共が戦争を仕掛けたら、中国共産党を崩壊させる位の防衛力が必要です。
★尖閣防衛の為に
 ・海保の守備防衛力増強。
  中共公船は衝突したら相手船を輪切り出来る強さ有。
 ・尖閣に海保・日本漁船の為の補給基地を急ぎ造る。
 ・中共への睨みを利かす為に、尖閣に近い与那国島に自衛隊陸海空
  を集結させ、尖閣への防衛力強化を図るべき。
  海保が対応できない時は武装漁船と言えども撃沈。
新型コロナ・親中派バイデン誕生で日本防衛にスキを見せてはならないと思います。戦争抑止力向上の為、核武装すべきとも思います。

中共の僅か50分の1程度ながら、台湾の 蔡英文総統が中共の侵略に対峙する為に、防衛機器の国産化、自国防衛強化を進めている事を菅政権は深く学ぶべきですね。
    • good
    • 7

尖閣諸島について、去年の今頃の日本政府の対策と現在の日本政府の対策の違いはあるのでしょうか?


去年から日本政府の対策に変化が無ければ、
日本政府は何もしない根拠になります。
海保は知りませんが、海自は去年から何一つ変わっていません。
一方、中国は中国海警が非軍事組織から軍事組織で武装警察の配下に移籍しました。
ですので、武器の使用が簡単に認められるようになるのです。
つまり、日本にとって、非常に危険であり、日本の漁民も今まで通りの態度でいると、実弾射撃を受けるだろうね。
そういう点においても、日本政府は国内に何をしましたか?
知る限り、自分は何も知れず、日本政府は何もしていないように思えます。

中国の尖閣諸島海域の実効支配はもう始まるでしょう。既に始まっているかもしれません。
その海域で、中国海警が本格的な取締り(武器使用)を実行すれば、既に実効支配されたの同じです。
日本漁船は近付けません。
海保も近付いて、警告無視すれば射撃されます。
こうなってしまえば、尖閣諸島は奪われたものと同様です。
それに対して、日本は何もしていないように思われます。
中国海警が警告をしたら、日本漁船は無視して良いのか?どうすべきか?
日本政府からその海域で生業を営む日本の漁民らに何らかの指示をしているのか?
マスコミだけでは分からない。
中国海警が本格的な警備行動を実行し、日本がしっかりと対応しなければ、アメリカなどの支援は絶対に来ないと言い切れます。
中国はまず、尖閣諸島に絡む米軍の動きを封じ、武力無しで尖閣諸島を奪うと思います。
現在、尖閣諸島における「施政権」を日本が
行使してますか?

中国が尖閣諸島における「施政権」を実行すれば、尖閣諸島における日米安保条約は、適応外となります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

去年はおろか数十年前から変わっていない。もう聞き飽きた遺憾の意だけ。まぁ民主党時代よりかはマシだけど。

お礼日時:2020/11/26 05:06

中国による尖閣諸島の実効支配がいよいよ現実味を帯びてきましたが政府は本当に何もしない。

再来年、遅くても5年以内に尖閣諸島は中国が実効支配するでしょう。
実効支配されたら取り返すのは不可能

・・・とのことだが、その根拠は? 今の中国海軍と、海上自衛隊プラス米海軍との力の差は歴然としており、中国が尖閣に侵攻して実行支配できるはずがない。 また、十数年前から自衛隊は尖閣が万一占拠された場合にそなえて、奪還のための特殊部隊を養成して来ており、簡単に奪還できる。 だいたい、尖閣周辺の制海権・制空権は自衛隊・米軍が握っており、万一中国の漁民に扮した中共軍の兵士が尖閣に上陸したとしても、孤立して直ぐに投降するしかない。 海上自衛隊の世界トップレベルの潜水艦が守る尖閣水域に中共軍は艦船を近づける事すらできない。 因みに現在尖閣海域に入り込んできている中国の艦船は、公船であって軍の艦船ではないゆえ、日本側も海自の艦船ではなく、海上保安庁の巡視船で対応しているもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中国海警の船は人民軍指揮下だろ。海警という名の軍隊。灰色ではなく白色にしただけの駆逐艦。誰もが認める根拠があるが機密。
あとその漁民に扮した軍隊が対水上戦闘能力、対空戦闘能力を備えれば尖閣近海の制海、制空権を失う。つまり奪還は不可能。

お礼日時:2020/11/25 12:13

> 核武装してほしいが核武装するのはかなり難しい。



いやいや。

非核三原則も、大昔にしれ~っと違反してるんだから。
従い、アメリカとの密約で、小型限定核の1~2発くらいは、既に自衛隊が譲り受けていたとしても、何の不思議もないし。
仮にそんな事実があったとしても、中露はおろか、国民にも告知する筈もない。

言い換えれば、国民の平和ボケとか憲法など、どうでも良くて。
要は政府がその気になれば良いだけで、既にその気になった政権があるかも知れないし、自衛隊など、常にその気がマンマンな本能を持つ組織。

国産化にしても、原爆などWWⅡの時点で開発されていた技術だよ?
日本政府が、真顔で「日本は核兵器を開発済み」と発表したら、有無はともかく、核実験などせずとも、その性能を疑われることはないし。
更に言えば、ロケット技術はあって、放射性廃棄物など、処理に困るほどあるんだから、放射性廃棄物を搭載した、いわゆる「汚い爆弾」に至っては、「持ってる」とも言える。

それとね、アメリカは日本の核保有に関しては、日本の国産化とか、ロシアルートでの購入などには懸念はあるだろうけど、アメリカから買う範囲は、全く心配は不要で、基本的にはウエルカム。

なぜなら、アメリカ製の兵器は、アメリカの一存で無効化が出来る様に作られているから。
日本のリスクで日本が核保有国になるなら、アメリカは下手に安保を発動するより低コストで低リスクなので、そんなに反対する理由はないよ。
    • good
    • 1

正確に言えば、「何もしてない」ではなく、「尖閣周辺には領土問題は存在しない」と言う立場の日本政府は「無視している」です。


従い、自衛権の発動ではなく、あくまで施政権の範囲(海上保安庁)で対応している訳です。

また、中国側にも動けない事情がいくつもあって。
覇権主義に舵を切って以降、国内外に大きな問題をいくつも抱えちゃってるほか。
そもそも中国の尖閣領有権主張は、「尖閣は台湾に帰属し、その台湾は中国領である」と言う間接話法なので、根源的には、まず「2つの中国問題」を解決すべきなんだけど。
それを解決せずに尖閣に実力行使をした場合、日本のみならず、台湾とも事を構える形になるし、そうなりゃアメリカの介入も必至。
いずれにせよ、中国が本格的に尖閣に手を伸ばすとすれば、「台湾問題を解決してから」である可能性も高いです。

そう言う観点で言えば、もし現時点で日本が自衛隊を動かした場合、意外と中国政府が追い詰められる可能性もありますが。

でもまあ「無視+海保」で、中国の動きを封じ込められている現状は、ほぼ最善と言えるし、日本側がこれまでの立場を覆してまで、目下の膠着状態を積極的に動かす理由や動機もありません。
中国相手に国際法が通用する訳ではないけど、日本の施政権が長期に及ぶほど、日本の領有権主張が認められるし。
それ以前に日本側にも、憲法改正でもしない限り、積極的平和主義的な動きは困難です。

とは言え、政府や自衛隊も、やはり「何もしてない」訳ではなく。
特に自衛隊などは、あなたが考えている以上に、ほぼ「あらゆる想定」をしてるんですよ。
たとえば、「日本が最短で核武装する方法」とかも、かなり具体的に検討済でしょうし、その気になれば核武装など、そんなに難しい話でもありません。
軍事や防衛などは、そう言う世界で、想定には制限もありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

核武装してほしいが核武装するのはかなり難しい。まず、平和ボケ世論をどうにかする必要がある。それができたとしてもアメリカが止めに入るだろう。仮にアメリカが許可しても中ロが工作して止めに入る。
さらにそれを乗り越えても核実験をする場所がない→アメリカが核実験のデータをくれるなら話は別。とりあえずアメリカの全面協力があれば核実験は割と容易だろうが現実的な話、無理といえる。

お礼日時:2020/11/24 21:16

今の日本は9条に縛られているので「尖閣を取られるまでは何もできない」といえます。



海自じゃなくて海保が海警に対応しているのは、相応性原則で海警が軍隊ではなく警察組織だからです。もし中国が軍艦を尖閣の接続海域に導入すれば海自も相応性原則で対応できるわけです。
(海警を軍事組織と指摘する人も居るかもしれませんが、アメリカを始め多くの国で沿岸警備は軍組織の中に入っています。でも国内法に従って密漁などを取り締まるので、国際的には「警察組織」に分類されます)

なので、日本政府がなにもしていない、ということはありません。

私は、中国が尖閣に対して軍事行動を起こしたら、日本政府は相応性原則に従って対応すると考えています。

理由は簡単で「そうしないと日本国民が怒り、自民党が選挙で負けるから」です。

で、すでに内閣の解釈変更を何度もしているので、自衛隊を動かすことは(国民の理解があれば)それほど難しくありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ハイブリッド戦を起こされたら政府はこういうだろう。漁民が尖閣諸島に上陸したのは軍事行動ではない!言い訳をしてる間に尖閣諸島はハイブリッド戦により中国の手におちる。そして遺憾の意。
尖閣諸島が取られた後は「中国側に非常に残念だという意向を伝えた」で終わるのは間違いない。
そもそもこの国の政府は守る気がない。
守る気があるなら残念の意向を伝えるだけで終わらせるはずがない。残念パレードにより事態を先延ばしにするほど事態は悪くなる。もうすでに悪いがまだ実効支配されていない。今なら間にあう。実効支配されたら終わり。北方領土と竹島がいい例。

お礼日時:2020/11/24 19:56

あなたの言う通り(^-^)



何年も前からの腰抜け外交のツケ。

何が有っても、
遺憾です、遺憾です、支配されても憲法が?
って言い訳するんじゃ、話にならん。

日本の政治家に愛国心有る人
居るわけ無いじゃん。

国民よりも、今の政治家が平和ボケ。

目の前で、彼女がレイプされても、知らんぷり。

俺の回答は。
反日なら、国交断絶。
    • good
    • 5

アメリカ軍と共同で自衛隊は離島奪還訓練は行って居ますが実動はしないでしょう。


最高司令官の内閣総理大臣が何だかんだ言い訳をして命令は出さないでしょうしね。
精々「遺憾の意」と言って在日中国大使を呼びつけて形だけの抗議をして終わり。
「遺憾の意」って言葉は難しいけれど、意味としては「残念だ」と言う事ですし。
日米安保条約の下で尖閣諸島も対象だとアメリカは言っても、自衛隊が動かなければ
アメリカ軍は動かないでしょう。
尖閣諸島が中国の実行支配下に落ちれば、次は八重山諸島が危機に曝されるでしょうね。
尖閣諸島の島々は全て無人島なので日本政府は危機感が希薄でしょう。
国有地で有って民有地じゃない事もそう言う事の一つでしょうし。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ハイブリッド戦を仕掛けられたら安保条約も機能しない。

お礼日時:2020/11/24 19:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング