義母が手の甲の傷が長いこと治らず皮膚科で診てもらった
ところ、ぼうえんびょう、とのこと。
なんのことですか、と尋ねましたら、前がん症状とのことでした。
手術のはこびとなりましたが、糖尿病の状態がかんばしくなく
まずは、そのほうを安定させて・・という段階です。
ぼうえんびょう、とは如何なるものですか、また、糖尿病との
関係は? 宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ボーエン病はおっしゃるとうり前癌病変で上皮内癌の一種です。


上皮内癌というのはある期間経過をみていると一定の確率で癌に進行するものの総称です。
組織の細胞は癌細胞ほどでなくてもかなり正常とは違った異型細胞からなっていますが上皮にある基底層というリンパ管などの層と上皮細胞との間の層が比較的よく保たれているため異型細胞がリンパ管などを通って転移することのない状態です。
この基底層はいつまでも保たれているわけでなく、細胞の異型性もさらに悪化しやすいことから経過を見ているだけでは時間がたつほど癌になる頻度がましていきます。
治療はやはり手術ということになります。
糖尿病との関連については直接的にはないとおもいます。
ただ糖尿病は全身の免疫能などの抵抗力をおとすので傷害された細胞の修復能力を全く低下させないか?と言われるとわかりません。
通常ボーエン病の進行は遅く、また手術などの侵襲を加えると血糖値が上昇しコントロールが難しくなるので先ず糖尿病をコントロールしてからの方がriskが少ないと判断されたのだと思います。
安心してお任せしてよろしいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に有難う御座いました。
安心して先生にお任せするつもりでおります。
年齢が年齢ですので(84歳)心配でしたが・・・

お礼日時:2001/08/18 14:10

ボーエン病のことです。


扁平上皮癌のひとつで表皮に限定されたものです。赤茶色でフケのようなものが表面についていたりするのではないでしょうか?
手術自体は液体窒素の使用などで、比較的短時間に終わるのではないかと思います。
糖尿病の悪化は白内障からの失明や手足の先の壊死などといった重篤な症状をもたらしますので、表皮に限定された癌よりも糖尿病の治療の法が優先されたということでしょう。
特に糖尿病の方が皮膚ガンになるリスクが高くなるとは認識していません。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
安心致しました。
糖尿病って怖いんですね。
それにしてもボーエン病って、カタカナですか?
望遠、防炎などを考えて悩んでいました。

お礼日時:2001/08/18 14:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q症状固定

交通事故の賠償における症状固定について:事故で鞭打ち及び耳鳴りの症状が出てましたが、鞭打ちは事故後3ヶ月で症状固定、耳鳴りが1年半で症状固定の場合、保険屋の賠償範囲は症状固定までと言いますが、鞭打ちと耳鳴りの2つ症状で症状固定となった場合は、遅い方の症状固定までが賠償範囲となるのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

専門外ですので間違っていたら申し訳ないのですが、

症状固定というのは、
「治療しても、これ以上症状が良くなることはない」
と判断したときに行われるもので、期限があるものでありません。
よって、症状固定を行った後は後遺障害として一時金(微々たる物ですが)をもらい、
その後の治療費用は健康保険をつかい自分で負担するということになります。

ひとつ以上の症状がある際は、どちらかの症状を症状固定としても、もうひとつの
症状については、自賠責等で受診することができます。

ただし自賠責には、支払い限度額があり保険会社はその限度額までは、
加害者の支払い義務を代行します。 限度額を超えた際は保険会社には
何の責任もありませんので、本人と加害者の調整になります。 治療が
長引くと、場合によってはもらえるお金が少なくなるようなこともあるかも
しれません。 症状固定の時期については保険屋さんの言うとおりにする
必要はありませんが、その辺りの事情と自分の症状を加味して判断するのが
良いと思います。 

参考URL:http://www.jiko110.com/contents/gaisyou/about/01.htm

専門外ですので間違っていたら申し訳ないのですが、

症状固定というのは、
「治療しても、これ以上症状が良くなることはない」
と判断したときに行われるもので、期限があるものでありません。
よって、症状固定を行った後は後遺障害として一時金(微々たる物ですが)をもらい、
その後の治療費用は健康保険をつかい自分で負担するということになります。

ひとつ以上の症状がある際は、どちらかの症状を症状固定としても、もうひとつの
症状については、自賠責等で受診することができます。

ただし...続きを読む

Q糖尿壊疽による足の切断

初めまして。少し長くなってしまいましたが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

【経過】父の糖尿が悪化、壊疽の症状が進み、
感染症を発症してしまい、このままでは命が危ない(敗血症)
との事で、年始に片足を切断しました。

社会復帰を期待を目標にリハビリ病院に転院。

【現在の病状(体)】
投薬・点滴・治療食を嫌がり、痩せてしまい、
リハビリどころではなく、一時的に心停止の状態にもなりました。
痴呆の症状も(入院・手術のショック?脳の血管がつまり気味?)
出てきています。しかし、今は意識はしっかりしています。

【現在の病状(壊疽)】
切らなかった方の足にも壊疽が発見されたのですが、
上記のような状態で、体力的には手術には耐えられないと
病院から説明を受けました。

【病院から言われている、次のステップ】
今居るところがリハビリ目的の病院である為、
また入院も長期に渡る事から、主治医より
「長期療養型の病院への転院を検討してください」といわれています。

【疑問(ご質問したいこと)】
今探すべきは、果たして、長期療養型の病院なのでしょうか?
壊疽は放っておけば、敗血症で死んでしまうこともある、
と言われているのに、壊疽の治療が優先課題に入っていないように
思えて不思議なのです。

1)切れないなら、切らない治療を行っている病院を探すべき??
2)糖尿病の入院患者を受け入れている総合病院(内分泌科・精神科
  整形外科がある病院)の方が現時点では適切?
3)それとも・・・ターミナルケアを考えることに、
  なるのでしょうか?

糖尿の長患いなので、足を切断する前に
知人に相談したときは、切らない治療は難しいと思う・・・と
言われました。しかし、切るにしても、切らないにしても
命を危険にさらす状況である今、
父にとって最良の選択がどこにあるのかを、
ご意見頂けたら幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

初めまして。少し長くなってしまいましたが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

【経過】父の糖尿が悪化、壊疽の症状が進み、
感染症を発症してしまい、このままでは命が危ない(敗血症)
との事で、年始に片足を切断しました。

社会復帰を期待を目標にリハビリ病院に転院。

【現在の病状(体)】
投薬・点滴・治療食を嫌がり、痩せてしまい、
リハビリどころではなく、一時的に心停止の状態にもなりました。
痴呆の症状も(入院・手術のショック?脳の血管がつまり気味?)
出てきています。しかし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
壊疽は放置すればほぼ確実に死に至ります。
私の母が祖母の妹がそれで治療せず無くなった経緯を見たそうで、最後まで激痛で苦しみぬいて無くなったそうです。
全部そうなるかは保証できかねますが、腐ってしまった組織をそのまま付けて置いたら体中に毒物や細菌が回ってしまうので、そうなる可能性は非常に高いと思います。

年齢や体力面でしょうか、切るのは難しそうな状況と思われますので、疼痛回避の治療が必要になろうと思います。
そうなれば手術などの積極的治療優先の病院は選択肢にはないでしょう。

切断はダメだったら苦しむ期間が短くなりますので、苦痛との格闘を考えるなら考える事も出来るかもしれません。

意識がしっかりしてるうちに本人に判断してもらうよりなさそうな状況だと思います。

Q生理前症状がこれまで無い方はいらっしゃいますか?

胚移植をして結果待ちです。
妊娠を望んでいてよく「初期症状」などを見るのですが、そこで、初期妊娠の時の症状は、生理前の症状に似ているという記述を見かけます。
それは、乳首痛、胸の張り、下腹部のチクチク、便秘などです。

しかし、私は今まで、一度もこのような生理前症状になったことがありません。
いつでも快調なのです・・
私のようにこれまで一般的に言われている「生理前症状」が無い方はいらっしゃいますか?
また、生理前症状が無い方が妊娠された時は、超初期症状&初期症状はどのような症状になりましたか?

良かったら教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

>そこで、初期妊娠の時の症状は、生理前の症状に似ているという記述を見かけます。

DEERも良くそう言ってはいますが。

>しかし、私は今まで、一度もこのような生理前症状になったことがありません。

DEERもないですよ。
ただし、若いころは黄体期になると胸全体が張って痛み、
乳首なんて服が擦れるだけで痛かったですね。
30代くらいからこの症状がなくなってきましたが、
治療時代で黄体を豊富にされたときのその量に慣れないうちは痛かったです。
黄体期で胸がむかむかもし、おなかも張っていました。
何回か、黄体を豊富にされて慣れてきたころ、
またその症状はあまり感じなくなっていましたよ。

ただし、妊娠したことのある何度かの周期では、
胸が張るとか痛いではなくて、丸みを帯びてつやつやの一回り大きな胸になっていましたね。
下腹部のチクチクも、着床した時期でいつもではなく、
何回かは子宮そのものがチクチク!とした瞬間はありますが、ず~と痛いとかそういうものでもなかった。
お通じもいつもまったく快調タイプなので、それは妊娠したからしてないからと変わりはなかったですね。

出産した妊娠では、生理予定日前で子宮のチクチクや、
生理直前によくある、しわ~~~っとした鈍痛がありましたが、生理は来なかったですね、
胸は丸みを帯びていましたが、痛いということでもなかった、少し張っている感じはありましたね。

何回も妊娠だけはしましたが、実際自分で体験したのは、
生理前と似ているということでした。
妊娠していなくても、そのような症状も出ていたし、
妊娠していたらその症状がきついということでもなかった。
なのでいまだに、生理前と妊娠初期症状は似ていると答えています。

要は、妊娠していなくても黄体が豊富な周期があります、
そうなると妊娠したかのような変化を覚えることが多い。
妊娠して黄体は増えている状態であっても、体がその量に慣れていると、
違和感を覚えにくい。

そういう感じです。

こんにちは。

>そこで、初期妊娠の時の症状は、生理前の症状に似ているという記述を見かけます。

DEERも良くそう言ってはいますが。

>しかし、私は今まで、一度もこのような生理前症状になったことがありません。

DEERもないですよ。
ただし、若いころは黄体期になると胸全体が張って痛み、
乳首なんて服が擦れるだけで痛かったですね。
30代くらいからこの症状がなくなってきましたが、
治療時代で黄体を豊富にされたときのその量に慣れないうちは痛かったです。
黄体期で胸がむかむかもし、おなかも張って...続きを読む

Q若年糖尿です。

と言っても発病が遅く十三年たって三十八になりました。
更年期も早くおとづれ。。。
発病当時からこの事を知って付き合ってた人も離れていってしまいました。
もういまさら結婚とか思わないのですし。。。
少しづつ合併してきている病と仲良く明るく生きていきたいと思いつつ
田舎に住む私としては偏見の中で少し鬱になってきました。
いろんな医学書とかも読みましたし名医と言われる方の門もたたきました。
でも現実にこの病と戦って頑張っている方たちとの交流がなく
職場でもトイレでこそこそインシュリンしたり自己血糖測定したり。。。
会食前に席を立つタイミングをはずしてコントロールを乱したりしています。
質問というより相談のような感じですが。。。どうかアドバイスください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1型糖尿病はインスリンを何回も注射をする強化インスリン療法と血糖自己測定により、合併症が出現する可能性が少なくなりましたが、患者さんが大変ご苦労されている事はよく解かります。

糖尿病は、患者さん自身が治療に参加する部分が多い疾患です。それゆえ、大変な事がたくさん有リます。しかし、ご自分がいくら良くなろうとしても多くの場合難しい疾患が沢山ある中で、患者さん自身が治療に前向きの取り組む事が出来ると病気であると考える事も出来ます。

糖尿病になられた事は残念な事ですが、その様に考えていただき少しでも前向きな姿勢で臨んでいただければと思います。

yajiyajiさんが書かれた埋め込み型の器械以外には、点鼻方法によるインスリン投与なども実現までそう遠くありません。それまで合併症を進行させないように希望を持って治療に臨んでください。

Qうつ病ですが、体が不安のような症状になります。

現在うつ病の治療中なのですが、
よく出る症状として、
不安のときに感じる、ヒヤッとした感じが継続的にでます。
ストレス等をためたときはさらに症状がひどくなり、
全身から血の気が引いたような感じになります。

この症状は医師にも相談しているのですが、
うつ病の症状かもしれない。。。
とあいまいな感じです。

ネットでいろいろと調べてみても、
同じような症状をもった人は見当たりません。

そこで質問なのですが、
私と同じような症状をもった人はいますでしょうか?
やはりこれもうつ病の症状なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。うつ病の者です。
私の経験では、完全にうつ病になる前の初期症状で、そういう症状が出ました。
まさかそれがうつ病になるとは夢にも思っていませんでした。
たぶん、同じ感覚だと思うのですが、ヒヤっと胃が浮くような、ジェットコースターで坂の時にヒュンっと来るような、そういう感じですよね?
私のように重いうつ病にならないために、今のうちから適切な処置を受けましょう。

Q大酒飲みで糖尿の気がある人に質問です

私の彼は1年前血糖値が高くて2週間の検査入院をしました。
それから1年。彼は今でもお酒を飲み続けています。血糖値測定器も購入していますが、お酒を連日飲むと「測るのが怖い」と言って計測しません。そして今夜も仕事の後お酒を飲みに行きます。彼の稼いだなけなしのお金はほとんど飲み代に消えます。
現在の彼の平均血糖値は190、ひどい時は400まではねあがった時があります。

私の彼の、こういう気持ち、わかりますか?
彼が今後こういう行き方を改善することは出来るのでしょうか?どうしたら彼にそういう生活をやめて貰うことが出来るようになるのでしょうか?怒ったり冷たくしても全然彼はお酒をやめる気配はありません。糖尿から健康になるためには、叱ったり怒ったり冷たくすることは効果はないのでしょうか?

Aベストアンサー

血糖コントロールは家族の協力が大切です!と病院は言いますが、なによりも「本人の自覚」が大切です。私も半年ほど前に体調不良で検査した結果、血糖異常と診断されましたが、すっかり考えを改めて食事を考えて食べるようになって、ほぼ完全にクリアしました。病院の改善例として出されたくらいまで。
お仕事の関係でなのか、個人的に好きなのかわかりませんがお酒は血糖にはかなりダイレクトな影響を与えます。と言うより飲む時にでるツマミ系がとても悪いのと、飲む時間帯=夜が多い、そして飲んだあとそのエネルギーを使うことなく眠るだけという理論から、いけないのです。お酒好きな人にやめろ!というのは無理として、まずは週に一日の休肝日から始めたらどうですか?一夜飲まないと前後あわせて48時間の休肝日が成立します。お酒を習慣的に飲む人は甘い物が好きです。だから休肝日は血糖も考えて酒なしでも楽しめるおいしいご飯を家で食べる日、として、洋菓子ではなく和菓子を出すのもいいです。
周囲の人にいくら言われてもビデオを見てもダメな人はダメです。『自覚』それ以外に方法はありません。本当に怖い思いをしたらやめられますから。
ドクタに習ったのは『し・め・じ』の法則です。平均血糖があがり初めて5年たつと「しびれ感」10年で「目の異常」15年続くと「腎臓トラブル」だそうです。まだ若い方なのかどうかわかりませんが、長い戦いかもしれません。気配を感じたら膝詰め談判でちゃんとやったほうがいいです。
ちなみに私個人は叱られるより、できた時に褒めてもらうほうが好きです。
大丈夫だったじゃない、減った感じ、おいしく食べられたよね!のほうが、また飲んだの!悪くなってるんじゃないの?よりもずっと嬉しいしやる気になります。

血糖コントロールは家族の協力が大切です!と病院は言いますが、なによりも「本人の自覚」が大切です。私も半年ほど前に体調不良で検査した結果、血糖異常と診断されましたが、すっかり考えを改めて食事を考えて食べるようになって、ほぼ完全にクリアしました。病院の改善例として出されたくらいまで。
お仕事の関係でなのか、個人的に好きなのかわかりませんがお酒は血糖にはかなりダイレクトな影響を与えます。と言うより飲む時にでるツマミ系がとても悪いのと、飲む時間帯=夜が多い、そして飲んだあとそのエ...続きを読む

Q腰椎椎間板症と脊柱間狭窄症の症状の違い

腰椎椎間板症と脊柱間狭窄症の症状それぞれの一般的に起こりやすい症状、症状の違いについて教えてください。

Aベストアンサー

腰椎椎間板症:腰痛。腰椎椎間板ヘルニアとは別の病気ですので、下肢の症状は出ていない状態です。
腰部脊柱管狭窄症:間欠性跛行、坐骨神経痛、直腸膀胱障害、下肢麻痺などの神経症状。腰痛が出る場合も出ない場合もある

Q一型糖尿について調べていたのですが、あるサイトで「血糖値が血液100m

一型糖尿について調べていたのですが、あるサイトで「血糖値が血液100ml当たり60~70mg以下であれば、低血糖といいます。」という記事がありました。
でも、高血糖は血液100mlあたりどの範囲になるのでしょうか?
ご回答できる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

空腹時で120以上

Qうつ病における身体症状について

うつ病になると精神症状(不安・イライラ・興味や喜びの喪失・落ち込みなど)
が起こるのはわかるのですが、
それだけでなく身体症状(睡眠障害、食欲減退・体重減少、全身のだるさ・疲れやすさ、発汗、めまい、しびれ、口の渇き、胸部圧迫感・呼吸困難感、頭重・頭痛など)の自律神経症状もあらわれますよね。

これらの身体症状は、抗うつ剤の投与による精神症状の改善に伴って改善していくものなのでしょうか?

例えば、不眠などの身体症状は抗うつ剤の投与により改善するのですか?

Aベストアンサー

♯4です。補足します。

>内科に行き、いきなり甲状腺の血液検査をしてくださいと
>言っても、医者のほうはなぜとおもわないでしょうか??
何処の医療機関でもかまいません。
tomatocube99さんが受診してる病院でもOKですよ。
外注でも血液検査が出来る医療機関なら。

自分は受診してる主治医に頼んでしてもらいました。
なかに自分の診断に妙な自信を持つ医師がいますよね。
そういう医師だと無駄な検査だと拒否されそうです。

自分の主治医はうつ病治療にチラージンSを使おうとした位ですから、内分泌の知識もあったようです。
だから内科・内分泌科と述べたのですが・・・・

tomatocube99さんが訴えている症状を言えば、大概血液検査しますよね。
その時、甲状腺機能も調べてくださいと言えば、検査してくれると思いますよ。

Q父は糖尿や色々な病気で何度か入院して 最後は心不全でなくなりました。 私も45過ぎに、内科の血液検査

父は糖尿や色々な病気で何度か入院して
最後は心不全でなくなりました。
私も45過ぎに、内科の血液検査でひかかり
糖尿といわれました。今は52歳になり、
血液に溜まる糖を尿に出す薬を出され、
10キロ痩せました。
ヘモグロビン数値も6ぐらいと数値もへりました。
食事には気を付けでますが、タバコやお酒は一切しないです。
今は糖尿も良い薬があり治る方もみえるようです。父が、65歳でなくなったから、私も後12年かなと思います。
名古屋近辺に住んでいますが、糖尿の名医はいるでしょうか?
教えてgooのなかでも、糖尿になっていて
治った方、良い治療法があれば教えて下さい。真剣にお願いします。

Aベストアンサー

>糖尿になっていて治った方、良い治療法があれば教えて下さい。
⇒ 基本的に「治る」ことは不可能な病気でしょう。
それでも、「ヘモグロビン数値も6ぐらい」に保てるならばOK。
「私も後12年」は、有り得ません。
糖尿病の食事関係書が沢山在りますので、目を通されては如何でし
ょう? 楽しいですヨ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報