今なら家電が全品9%OFF!

歴史に興味がある者です。質問なのですが比という漢字は日本史上重要なものなのでしょうか?日本書紀や古事記、そして古代人物の名前に比がつく者が多い気がします。また西日本には比がつく地名(比良山など)も多いです。また知り合いの神社の方にも名前に比がつく方がいらっしゃいます。何か意味があるのでしょうか?それとも後世の当て字で使われているだけでしょうか。

A 回答 (5件)

女性は比売(姫・媛)。


男性は比古(彦)。
    • good
    • 0

古代において、「比」は「ヒメ(姫)」や「ヒコ(彦)」の「ヒ」の部分の当て字として万葉仮名で使われていた。

女性を意味する「比売」や、男性を意味する「比古」などだ。性別を示す言葉に使われたので、万葉仮名時代の文書には、それだけでも当然利用頻度が多くなる。

平仮名の「ひ」も「比」を崩した文字だ。画数もそれほど多くないので使いやすかったと思われるが、崩し文字にすればもっと簡単に書ける。
    • good
    • 0

当て字というより借字ですね。

    • good
    • 0

万葉仮名です。


「ひ」の音を表すだけで意味はありません。

>それとも後世の当て字で使われているだけでしょうか。
後世では無く当時の当て字ですね。
    • good
    • 0

比丘尼も出て来ますね。


比丘尼は、一種の神殿娼婦ですね。
神殿娼婦は、ギリシャ神話や、聖書などにも出て来ますよ。
人類の歴史最古の職業と、言われた所以です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング