過去に同じ質問があったらすみません
円建、ドル建ってなんですか?
多分こういう事だろうなぁとは思っているのですが
はっきりした内容を知りたいので、教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

外国との貿易取引をする場合に、輸出品や輸入品の値段を交渉して決めます。



その際、その品物(またはサービスなど)の値段を「円でいくら」と決めることを円建てと言い、「ドルでいくら」と決めることをドル建てと言います。

では、円建てとドル建てには、どのような違いがあるのでしょうか。

それは、為替変動リスク(外国為替相場が変動することによって損益が発生する可能性)をどちらが負担するかという違いです。

日米間の取引を例に取りますと、

● 円建ての場合:商品の値段が「何円」と表示されていますから、日本側は、その値段で売ること(輸出の場合)や買うこと(輸入の場合)が確定します。

反対に、米側は、外国為替相場が時々刻々動いているので、その「円」で表示された値段が、ドルに換算するまで、いくら相当のドルになるのか確定しません。

つまり、米側が為替変動のリスクを負担していることになります。

● ドル建ての場合は、上記と全く反対と考えてください。
すなわち、日本側が為替変動のリスクを負担しているのです。

では、円建てで取引するのか、ドル建てにするのか。言い換えますと、どちら側が為替変動リスクを負担するのかは、どうして決まるのでしょう。

それは、両当事者間の力関係です。企業間の優劣もあるでしょうし、輸出品(輸入品)やサービスの競争力(需給関係)にもよります。

どうしても買いたい(輸入したい)と思えば、売り手(輸出側)の要望を受け入れがちです。

たとえば、石油を例に取りましょうか。

日本は石油をほぼ100%外国から輸入しています。つまり、日本は石油輸入なしでは一日も生きて行けません。ですから、石油輸入はすべて「ドル建て」で行われています。
実際に石油を産出するのは、アラビア諸国ですが、日本が輸入する相手は、「メジャー」と呼ばれるアメリカを中心とした巨大石油資本です。それで、ドル建てになっているのです。

お分かりいただけましたでしょうか。

なお、これまでの説明で、「為替変動リスクを負担する」ということを何度も言いましたが、現実の取引では、「為替予約」などの方法を利用して、こうしたリスクを「回避」したり「軽減」したりしています。

もし、こうした為替予約の仕組みにもご興味があれば、改めてご質問ください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

#2さん、この場をお借りします。
おふたりともありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2003/12/23 16:15

海外との取引において、日本円で契約し、決済するのを円建、ドルで契約するのをドル建といいます。


契約の時に建値をどうするかを決めます。これが●●建ということですネ。
今なら、L/Cの場合、外貨建のユーザンスは金利が非常に高いので、円ベース(円建)の方がよいかもしれませんネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「1ドル=?円」、「1円 =?ドル」じゃなぜダメ

日本では「1ドル = ? 円」と報じられます。

アメリカやEU諸国など多くの国では為替を外貨建てで報じたり、議論したり、ニュースになったりする国はほとんどありません。
今はもうなれましたが、当初はなんで日本で日本の通貨価値を「1円 =?ドル」や「100円=?ドル」とか解説してくれないの?混乱の元だし、実際なれるまでだいぶ混乱しました。
なぜ日本は通貨価値を皆が外貨のドル建てなどの基準で表記し、議論するのでしょうか?

なんか右肩下がりの円高悪、右肩上がりの円安善、のように誘導されているようにすら見えてしまいます。
実際には何らかの理由があるのだろうと推測しますが、どんな経緯から日本では通貨価値を円基準ではなくドル基準などの外貨基準になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しいいきさつは知りませんが戦争に負けそのときのレートが1ドル=360円。
つまり円は360°からヒントを得たとかいうまことしやかな話しが根拠じゃないのでしょうか?
それが時代が下ってもいまなお慣例に従って1ドル=xx円が定着したものと思われ。

Q「ドル買い」が進むとドル高?

前に「ドル買い」に関する質問をした者です。
回答を締め切ってから、新たな疑問が涌いてしまいました。

「ドル買い」が進むとドル高になる、という説明があったのですが、
これはつまり、ドルを買い占めると世の中に流通するドルの量が減り、
ドルが希少になって値上がりし、ドル高になるということで理解して
いました。

しかし、よく考えると、「円売り=ドル買い」をするということは、
世の中に流通している円のいくらかをドルに換えてしまうということだから、
世の中から減るのは円であり、ドルは逆に世の中に増えてしまうという結果
になるのではないでしょうか。

輸入業者がアメリカに対して、輸入代金をドル建てで支払った場合、
アメリカには今まで流通していた以上のドルが流通することにならない
のでしょうか。もしそうなると、ドルが巷に溢れることになって、
希少性は薄くなり、ドルの価値も下がってドル安になるのではないで
しょうか。

何か大きな勘違いをしていると思うのですが、どこがおかしいのか見当
がつきません。再度、お助けください。

前に「ドル買い」に関する質問をした者です。
回答を締め切ってから、新たな疑問が涌いてしまいました。

「ドル買い」が進むとドル高になる、という説明があったのですが、
これはつまり、ドルを買い占めると世の中に流通するドルの量が減り、
ドルが希少になって値上がりし、ドル高になるということで理解して
いました。

しかし、よく考えると、「円売り=ドル買い」をするということは、
世の中に流通している円のいくらかをドルに換えてしまうということだから、
世の中から減るのは円であり、ド...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
がんばって答えてみます。

まず、貨幣の値段の決まり方についてお話したいと思います。
ドル・円の『値段』=為替レートの決まり方は、もう少し具体的にいいますとそれぞれの貨幣の需要量と供給量の関係で決まってきます。簡単に言えば、
ある『価格』において需要過多、(供給過多)というのでは必ず、今の価格よりも少し高い価格を払ってもよいという人がいるわけですから、価格が動きます。需要と供給が一致するところで価格が決まるのです。
つまりある価格の下では供給と比べて需要が多すぎる場合はその貨幣は『希少』なわけですから、価格が上昇します。(円であれば円高)また、その逆で需要が
供給に比べて少ない場合はその貨幣は『希少価値』がないので値段が下がります。円安になります。

わかっていただけたでしょうか。

>しかし、よく考えると、「円売り=ドル買い」をするということは、
>世の中に流通している円のいくらかをドルに換えてしまうということだから、
>世の中から減るのは円であり、ドルは逆に世の中に増えてしまうという結果
>になるのではないでしょうか

とおっしゃっていますが、ドルや円の供給量について、われわれの需要次第で変わりうるように思い違いをなさっているようですが、それぞれの貨幣の供給量は各国のセントラル銀行(日銀・フェデラルリザーブバンク)が決めています。
つまり、ある一定期間は供給量は固定されているわけです。
もちろん、政策のひとつとして、需要が多いので供給量を増やすという意味で、
間接的にわれわれの需要行動が供給を影響することもあります。

つまり、円売りドル買いが行われても、円が消えてなくなるわけでも、ドルが自動的にふえるわけではありません。供給量は一定です。ただ、人々の需要行動がドルに好意的になっているということです。売られた円は消えるわけでもなく、市場で取引が行える(円売りができる)ということはその円を買っている人がいるわけですよね。また、ドル買いができるということはそのドルを売っている人もいるわけですよね。
つまり、円売り、ドル買いが進んでいても、
ドルを売る人がまったくいないわけでも円を買わない人がまったくいないわけでもありません。それではそれらの貨幣の市場は存在しません。そのような状態が起こらないように、価格=為替レートが動いているわけですから。
つまり、市場で取引が行われているということは、それぞれの貨幣を売ってもいいという人と買ってもいいという人が同時に存在してなければなりません。

すなわち、ある一定期間を見ると、供給量は一定です。それに大して需要量は変動しうるのですが、供給量と需要量の相対的な量で『希少性』がきまり、価格が決まるわけです。価格を自動的に決定するという意味で、市場には『見えざる手』が存在するというわけです。

こんにちは。
がんばって答えてみます。

まず、貨幣の値段の決まり方についてお話したいと思います。
ドル・円の『値段』=為替レートの決まり方は、もう少し具体的にいいますとそれぞれの貨幣の需要量と供給量の関係で決まってきます。簡単に言えば、
ある『価格』において需要過多、(供給過多)というのでは必ず、今の価格よりも少し高い価格を払ってもよいという人がいるわけですから、価格が動きます。需要と供給が一致するところで価格が決まるのです。
つまりある価格の下では供給と比べて需要が多...続きを読む

Qインフレって例えるとこういうことでしょうか?

「ヴィトンのバックが人気だからってたくさん生産して
たくさんの人が持ったら価値がさがる」

と同じようなことでしょうか?

Aベストアンサー

 質問の趣旨を尊重して答えると、
「お金をたくさん刷って、たくさんの人が持ったらお金の価値がさがる」
ということです。

 たとえば、日本のお店で売っている商品(実際にはトラック運送や電話などのサービスも含む)の合計が100兆円分あったとして、通貨も100兆円流通していれば、つりあっていて何も起こりません。
 ここで国が国民に約100兆円、一人約100万円分の現金をプレゼントしたとします。
 そうすると、通貨の量が2倍になりますが商品の量は変わりません。金は増えたのにものは増えない。みんなが買い物をしようとして店の商品が足らなくなって値上がりします。これをインフレといいます。
 判りやすく言うと、商品とお金のバランスが崩れて値上がりすることです。

 今問題になっているのは、お金をばらまいても預金したり借金の返済に使ったりして、なかなかものを買ってくれないところです。別の問題です。
 参考までに、日本の通貨流通量は80兆円~90兆円(預金含む)、日本のGDP(商品とサービスの合計)は年間で500兆円ぐらいです。

Qドルと円を

以前、テレビで石原慎太郎氏が「アメリカではドルと円を統合させて、アメリカの赤字を 0 にしてしまおうという考えを持つ人までいる」というような事をいっていました。またこれは理論的には可能だという話もありました。

ドルと円を統合させると、なぜアメリカの赤字がなくなるのでしょうか?
ご存じの方などその仕組みについて書き込みをいただけたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 日本に流出したドルは、通貨としては一つの国内として扱われ全てエンドルとして国内通貨になり、米国に逆流する必要がなくなるからです。通貨とは政府の借金ですから借金を双方で統合することに等しいわけです。つまり、経済が統合され、エンドルを双方で支えることになります。日本国内の通貨量が増えるのでインフレになる可能性がありますが、同時に基軸通貨として世界に流出することにもなります。日本にとっても財政赤字をエンドルで埋めることが可能ですし(保有しているドルと基軸通貨として流出するエンドルで)、世界の3割以上の経済力を持つ通貨になりますから、基軸通貨として外に出ても、そう簡単に逆流することはない気がしますね。パックス-アメポニカ? 結構ステキかも。でも中央銀行はどこだ? 日本に中央銀行をおくなら賛成するぞ。

QUSドルについて

為替の動向について教えてください。

まったくの素人ですが、最近の謎の円高が気になっています。
特にお金儲けをしようというわけではないのですが、
円をUSドルに換金する必要があるので、少しでもお金をセーブしたいと思い、
換金のタイミングを見計らっています。

今後、まだ114-116円/USドルくらいをキープしそうなんでしょうか?
それとも、円安or円高に動きそうなんでしょうか?

ただ参考にしたいだけなので、為替が予想通りに変動しなくても一切苦情など言いません。
どなたかお詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/fxchart_b/?fx=F1001

移動平均線を見てください。
赤い線が200日間の平均、緑色が75日間平均、ピンク色が25日間平均、青が5日間平均です。
中長期的には赤い線や緑色の線に沿って動きます。これを目安にすればいいわけです。
今後1~2ヶ月については、おそらく今日から2週間以内に青色の移動平均線とピンク色の移動平均線が交わると思いますのでそのときにドルを購入して頂ければ利鞘があると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報