『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最近になってQUEENを聴くようになりました。
フレディ・マーキュリーという人の恐るべき才能に
ただただ、驚いています。

「Live at Wembley Stadium」というDVD作品を観ているのですが、
あるレビューに
「これがウェンブリー・スタジアムでの最後の演奏になるとは、フレディ以外の誰も…」とありました。
・・・ということは、他のメンバーはまだフレディが病におかされているとは知らなかったということでしょうか。
とすれば、メンバーがその事実を知ったのはいつなんでしょうか?

また、リアルタイムにQUEENを聴いていた方は、やはりフレディのエイズ感染が公表されるまでは、予想だにしなかったことなのでしょうか?
(公表が死の前日、とのことなので)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先日めざましTVでブライアンのインタビューをやっていましたけど、


フレディの病気のことを知ったのは、亡くなる5年前だったと言ってました。

たしかに、ライブエイド以降のクイーンの精力的な活動ぶりを振り返ると、なるほどなぁと思いました。
期限がある、と判ってある意味悲壮な感情を持っていたと思いますね。

フレディが亡くなったとき私は海外に居て知らなかったのですが、
もう公表した時点で既に死去していたんでは、と話す人もいました。
あまりにもタイミングが良すぎるので。
    • good
    • 3

おはようございます。

書かせて下さい。

フレディーという人は非常にプライバシーやプライベートに関してはデリケートな性格の持ち主でした。
86年に「カインド・オブ・マジック」というアルバムを発表した時、
前年のライヴ・エイドのパフォーマンスが圧倒的な評価を得たおかげで、
本国イギリスや欧州各国で再QUEENブームが訪れていて、セールスは瞬く間にNo.1に輝き、
ウェンブリーでのライヴが最高潮だった「マジック・ツアー」は100万人以上(イギリスだけでも40万人を)を動員して
欧州市場最高のツアーと大成功を収めました。

各文献などによるとフレディー自体はもうこの時には、病気の事を知っていた・・との事です。
しかしメンバーにはまだ知らされていません。
これだけの成功を収め、バンド絶頂時に自分のしごくプライベートな事情で、
バンド内部に影を落としたくなかったのでしょう。

その後、残された時間が少ないフレディーは精力的に仕事に打ち込みました。
憧れのオペラの女王モンセラート・カバリエと共演した「バルセロナ」や
QUEENのアルバム「ミラクル」「イニュエンドゥ」、そして「メイド・イン・ヘヴン」の
いくつかの楽曲、シングル「グレート・プリテンダー」などの仕事です。

メンバーにフレディ自身の病気が知らされたのは、「バルセロナ」「ミラクル」を
製作していた87~88年の頃と言われてます。
伝え方にも諸説ありますが、フレディ自身が病んだ体の一部をメンバーに見せて、
事のしだいを飲み込ませたという話もあります。

リアルタイムのファンでも日本にいるごく普通のファンには正確な情報は、当時とくになく、
一部ゴシップ的に音楽雑誌の「ひとことコメント」みたいな所にはエイズの噂があると書かれていても
「フン!くだらねぇ~!でたらめ載せやがって」って感じだったです、私は。
ただ「イニュエンドゥ」が出てすぐに「グレイテスト・ヒッツ2」が出て、
さらに次のニュー・アルバムのレコーディングに入ったとの情報が入った時、
「何急いでるんだろぅ?」と感じたのは憶えてます。

そしてエイズの公表・・私はショックで目の前真っ暗でした。
当時インターネットなんて普及してないし、情報を集めるのにとても苦労していた翌日、
1991年11月24日 享年45歳 早すぎる訃報でした・・。

その後約1年くらい、私はQUEENを聴く事ができないくらい落ち込みました。

ただ最近、色々な文献を読んでると日本でも一部のとてもとてもコアなファンや
仕事の音楽関係者にはフレディの病気の事は知られていた・・との話もあります。

メンバーも大変なショックを受けたようですが、ブライアンもロジャーもジョンも
「フレディーのために!」と結束を強固にしレコーディングに取り組んだそうです。

辛い事思い出してしまいました・・
長くなってごめんなさい。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクイーンは何回来日したのか?

中学の頃からクイーンの大フアンでした。息子が中学生になった時、私と同年代の英語の先生が授業でクイーンの曲を使った授業をしてくれて、久しぶりにクイーン話に子どもと盛り上がったことがうれしくて、青春時代の話もついつい有頂天に話しました。
最近になり、またまた、キムタクドラマの影響でクイーンの曲に・・・今日はこれがかかった・・・などと高校生になった息子と盛り上がっておりますが、
ところで、私は、確か昭和56年?57年?あたりに西武球場へクイーンのコンサートに友達と行ったのですが、クイーンは何回日本に来たことがあるの?・・・と息子に聞かれました。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

クイーンのベストCD「Greatest Hits
The Platnum Collection」の解説書を参考に回答させていただきます。

・初来日は1975年4月、7都市8公演
・2度目の来日は76年3月 6都市11公演
・3度目の来日は79年4月 8都市15公演
 初めて北海道札幌市でも公演
・4度目の来日は81年2月、次に控えた南米ツアーとの関係で、東京・日本武道館のみでの5回公演
・5度目の来日は82年10月、5都市6公演
・6度目の来日は85年5月、3都市5公演
今のところこれが最後の日本公演との事です。
 したがって、クイーンの来日回数は6回ということになります。
 なお、CD NoはTOCP-65700~02
 発売元:東芝EMI

QQueenのフレディ・マーキュリーが最後に歌った曲

Queenのフレディー・マーキュリーが最後に歌った曲ってなんですか?
恐らくレコーディングでの曲だと思うのですが。

Aベストアンサー

1991年4月、『INNUENDO』に続くアルバムのレコーディング(後の『MADE IN HEAVEN』)が始まりました。
しかし、フレディの病状は日に日に悪化、結局5曲しかレコーディング出来なかったようです(「It's a Beautiful Day」「Let Me Live」「A Winter's Tale」「You Don't Fool Me」「Mother Love」)。

その中で、「A Winter's Tale」がフレディが最後に作った曲、「Mother Love」が最後(死の2ヶ月前)にヴォーカルをとった曲と言われています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング