プロが教えるわが家の防犯対策術!

韓国についてのサイトって結構多いですよね。
見てしまうことが多いのですが、疑問がわきました。
それはストライキと無給休暇についてです。
自動車会社の韓国GMは無茶なストライキをしょっちゅう実施しており、そのストの最中にも給料が払われているようです。
一方で、大韓航空などの職員は無給休暇というわけのわからない制度で困窮しているようです。
いったいこの違いは何でしょう。
航空会社の職員も韓国GMのように普通に有給でストライキをすればいいんじゃないでしょうか?
事実誤認も含まれているかわかりませんが、お詳しい方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

韓国自動車産業の労組は、昔、経営側の要求に従って賃金カットを承諾したら、本社ビルの新築やら経営陣の報酬がアップするなどの件があり、経営側に対する不信感がベースにありました。



米国型の経営思想で云えば、労働者の賃金カットに成功すれば、赤字でも、経営手腕が発揮されたという理屈でボーナスが出るらしいですね。
当時は、金融恐慌で韓国が財政破綻し、自動車産業各社もハゲタカに株を買いまくられていたようですから、外国人株主にとっては、経営陣に特別報酬が出てもおかしい話ではなかったかもしれません。

今の航空産業はどの国も大赤字で、リストラを避け難い状況です。アシアナ航空は破綻して買い取り手が無く困っておりましたが、大韓航空が救済合併となりました。しかし、大韓航空も大赤字。そのうえ、独占禁止法に抵触する可能性が大きいので、この先まだどうなるか分からない状態です。

その点、自動車業界はそれほどでもありません。
ゆえにストライキの余地もまだあると強気なのでしょう。
しかし、韓国GMはそんな陽気ではありません。何年も前からGMは撤退の意思を固めています。韓国政府がうるさいので我慢を続けていますが、先日もGM本社は、これ以上この状態が続けば、GMは韓国から撤退するという幹部の発言を流しています。

ただ、それも毎度おなじみの話なので、労組は構わず減給にならない形でストを継続しているわけです。

韓国GMのシェアは韓国内では非常に低く。生産車の多くは輸出に回っているはずですが、すでに韓国工場の生産単価は、諸国の工場を上回り始めています。失業対策面からも労組寄りの立場を強化している韓国政府の問題もありますが、流石に今の状況では今度こそGMも腹をくくって撤退を決め込むのでしょうか?
    • good
    • 0

その2ヶ月で黒字を出すのは基本不可能ですよ。



政府から大量に税金が入れば別ですが、外国に飛行機飛ばず、維持費や人件費見ても無理です。

無給休暇をしても無理です。

普通に粉飾決済だと思います。
    • good
    • 0

少し勘違いしているのがストライキをすれば必ず給与が上がるわけではなく、利益や売り上げが無ければ首を切られ、会社は倒産、撤退します。



韓国人は日本との交渉でも分かるように国や相手の気持ちを理解できず自分の都合ばかり押し付けるので会社や国から嫌われるのです。

外資系の会社は韓国から手を引きはじめてます。

貴方は空港がどんな経営状態になっているか知っているの?
売り上げ70%減とかは普通です。

給与どころか潰れる可能性がありますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大韓航空の7月から9月にかけての決算はわずかながら黒字です。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65896030V01 …
それなら組合はせめて無給扱いはやめろと交渉できると思うのですが。
もっとも、もともと仕事がないのだからストライキすることには意味はないでしょうが。

お礼日時:2020/11/28 12:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング