[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

源泉徴収表の「給与所得控除後の金額」とはどうしてこのような表現になっているのでしょうか。これを読んでも意味がわかりません。
「給与の所得金額」の意味ですよね。
確定申告書の所得金額の(6)給与欄に書く額は、
源泉徴収表の「給与所得控除後の金額」でいいのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

んとですね、簡素な表現ご了承下さいね。


自営業者が確定申告する場合、収入(売上)から支出(仕入価格とか経費とか)を
引いた残りの「所得」に税率をかけて税金を計算します。
でも給与所得者の場合、そんな経費とかいう事うんぬん確認されずに給与明細で
既に税金が源泉徴収されてますよね?

とはいえ給料を貰ってる人だって、働くために靴買ったり服買ったりある意味
「経費」の支出があるゾ!思いませんか?
ってことでその経費分として認められてるのが「給与所得控除」ってやつです。

年間に貰った給料・賞与の総支給額から「給与所得控除」(総支給額により
段階的に金額は変わります)を引いた残りが「給与所得控除後の金額」です。

そしてその金額から保険料控除などの「所得控除の額の合計額」を
引いた残りに税率をかけて源泉徴収税額が計算されてます。
ですので仰るとおり「所得金額」の「給与(6)」に「給与所得控除後」の金額を記入します。
    • good
    • 0

給与所得控除というのは給料(給与所得)を得る為に必要な経費相当分を控除(課税計算から除外)しますということです。

背広とか書籍とか新聞とか????
商店が売上から(仕入と経費)を差し引いて利益を計算するようなものです。
    • good
    • 1

その通りではないでしょうか。


なんか一覧表で給与支払額から控除額って決まっているみたいです。国税庁のHPから簡単に確定申告の計算できますよ。電卓要らず。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与の源泉徴収票の給与所得控除後の金額って?

「給与所得の源泉徴収票」を見ると、
「支払い金額」と「給与所得控除後の金額」には
かなり差があるんですが、
この差額って、いったいなんでしょうか?
なんかの計算式で決まっているものなのでしょうか?
いつも疑問に思うので、どなたか詳しく教えてください。

Aベストアンサー

「支払い金額」というのは給与の総額です。色々な役職手当とか年功とかついていて、税金等が控除される前の金額になります。

「給与所得控除後の金額」というのは年調給与(年末調整するさいの給与、ほとんどの場合「支払い金額」を指します)を元に算出します。
例えば年調給与が651,000円~1,618,999円の場合、年調給与(以後Aとさせてください)から650,000円を差し引いた額です。
1,619,000円~1,619,999円の場合、A×60%-2,400円です。
以降、細かく決まっていまして、1,800,000円~3,599,999円の場合、A×70%-180,000円です。
3,600,000円~6,599,999円ですとA×80%-540,000円となります。

細かい数字は税務署で教えてくれますし、会社の給与計算をしている人もご存知だと思います。

Q収入金額と所得金額の違い

収入金額と所得金額はどう違うのですか??

市営住宅を申し込む予定で、
自分の収入や所得を計算したいのですが、
収入金額と所得金額の違いや意味自体をわかっていません(;_;)

低レベルな質問ですが、ご回答よろしくお願いします(m_m)

Aベストアンサー

質問者さんがサラリーマンなら、
【収入】1年間にもらった給与および賞与の総額。源泉税や社保などを引く前の数字。
【所得】「収入」から「給与所得控除」を引いた数字。給与所得控除は収入の額によって変わるが、最低でも 65万円ある。
税金や社保は所得に含まれる。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1400.htm

質問者さんが自営業なら、
【収入】1年間の売上の合計。
【所得】売上から、「仕入」と「経費」を引いた額。
青色申告であれば、「青色申告特別控除」を引いたあとの数字を「所得」とする場合もある。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1350.htm

詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。


人気Q&Aランキング