自分で探してみたのですが、ヒットしても、実際にはなかったりで、見つかりません。どこか、そういうサイトはありますか?
出来れば、メールで可能な・・・・。

A 回答 (4件)

下記を参考にしてください。



「インターネットロイヤー法律相談室」へようこそ
電子メールによる法律相談のご案内
http://www.asahi-net.or.jp/~vr5j-mkn/email.htm

ようこそ、秋山法律事務所へ。
http://www.jah.ne.jp/~lawyer/


凛(LIN)法律相談
会員登録(無料)が必要 女性のみ入会可
http://www.arce.net/lin/pw/society/nishi_index.h …

メール法律相談 ・ 料金3000円/回答1件
http://www.katolawpatent.com/consul/

メール法律相談のご案内
http://www.eiko.gr.jp/mailsodan.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんありがとうございます。
上記二つは、私も知っていたのですが、実際は休業しているんです。
ほかは、知りませんでした。覗いてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/20 12:51

書き込みフリーなので荒らし的書き込みもありますが、アクセス数は多いですね。

過去の相談件数回答数も郡を抜いていると思います。

試しに覗いていかがでしょうか。

参考URL:http://treasure.ingnet.or.jp/cgi-bin/cgiwrap/tre …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。知りませんでした。あとで、覗いてみます。

お礼日時:2001/08/20 12:52

無料ではありませんがいかがでしょうか。



参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~k-mori/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とりあえず無料サイトで探してみます。
でも、だめだったら、有料のサイトも見てみます。
参考にさせてくださいね。

お礼日時:2001/08/20 12:54

法律的なサイトだけではなかなか見つからないと思います。



税法、刑法、民法、商法等々絞り込まないと難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか・・・民事的なことになるんでしょうか。
ありがとうございます。探してみます

お礼日時:2001/08/20 12:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q既婚者が養子に入る・・・・可能ですか。戸籍はどのようになるのでしょう?

結婚しているものが事情により養子になる事は可能でしょうか?戸籍はどうなるのでしょう?

Aベストアンサー

可能です。

戸籍については、養子になるものが戸籍筆頭者であるか、
戸籍筆頭者の配偶者であるかによって異なります。
ANo.2で回答されているのは、戸籍筆頭者のケースです。

で、戸籍筆頭者の配偶者である場合は、姓は変更になりません。
従って戸籍もそのままで、新しい戸籍にはなりません。
死別もしくは離別によって婚姻が終了するまでは、
縁組前の姓を継続することになります。

Q迫り来る隣家・・・。どう対応すれば?? (公図上では4.2mの道路が実際は5m)

私の家と向かいの家の間の道路は、公図上では道幅4.2mになっています。

ところが、ウチの塀とお向かいさんの塀に挟まれているその道路の幅を実際に測ってみると
道幅5mあります。実際には80cmも広いのです。

今まで道幅のことを気にしたことがなかったので、何故そうなっているのか全くわかりません。
両家の塀は、かなり昔に建てたもので、代替わりもしてしまったので
お互いに下がって塀を建てたのかどうかなど、いきさつは全くわかりません。

この度、お向かいさんが家を建て替えるにあたって、ウチの塀から測って4.2mのところに
新しい塀を建てようとしています。

迫り来る隣家・・・。一体どう対応すれば良いのでしょう??

Aベストアンサー

 素人考えで申し訳ないのですが、まずご自身の土地の
境を明確に知る必要があるのでわないでしょうか。

 測量をし直すとか、要するにご自身の家の塀が
土地の境である事が明確になれば良いのだと思います。

 家の塀が敷地の内側なら、お向かいの方に土地の境を
知らせないと、隣家の新しい塀が出来てからでは問題が
複雑になると思います。

 田舎で聞いた話で恐縮ですが、田や家の境が不明瞭な為
同様のトラブルがあったのですが、この場合も隣家との
境を明確にし、且つ年月がたっても同じ事が起き難い様に
両家立会いで土地の境に炭をそれぞれ埋めたそうです。

 「炭は年月がたっても残っているから」、と言うのが
理由だそうです。

これを機会に土地の境を明確にし、目印をつけては
いかがでしょう。

Q自宅の壁に車が突っ込み、修理可能ですがどうしても納得できないのです

駐車しようとしていた車が、運転を過ってブロック塀を倒し、さらに自宅
本体壁面に衝突しました。午前9時頃の出来事です。
その場で警察にも届け、相手方は非を認めて自動車保険で修復する事になり
ましたが、損害調査査定員の方は、サイディングボード(壁面材)破損個所の
3枚分の修理が妥当との判断です。勿論ブロック塀も修理してもらえます。
新築後4年6ヶ月の自宅ですが、残念なことに同様の壁面材が生産完了と
なっており、同じ壁にはならないのです。大手の住宅メーカーの施行でした
が、現時点では特注も不可能とのことで、類似した壁材を使用し、現状復帰
する方針なのですが、私にはこの類似した壁が、他の部分と調和せず、外観
的にどうしても納得できないのです。
サイディングボード3枚交換の場合の見積りは、20万円程度です。
また、衝突した面(西側)壁面全体の場合130万円程度かかるそうです。
私としては、類似した壁面材を使用するのであれば、衝突した面全体を修復
してもらいたいと、主張しているのですが、現状復帰の原則?から不可能で
結果的に3枚分だけになってしまいそうなのです。
相手方は保険会社に任せているので・・と言っております。
折角自宅を新築し住宅ローンを支払いながら、一生後悔したくないのです。
どこで折り合いを付けるべきか、また相手と保険会社の責任範囲はどうなの
か、分からなくて悩んでいます。どうか、アドバイスをお願い致します。

駐車しようとしていた車が、運転を過ってブロック塀を倒し、さらに自宅
本体壁面に衝突しました。午前9時頃の出来事です。
その場で警察にも届け、相手方は非を認めて自動車保険で修復する事になり
ましたが、損害調査査定員の方は、サイディングボード(壁面材)破損個所の
3枚分の修理が妥当との判断です。勿論ブロック塀も修理してもらえます。
新築後4年6ヶ月の自宅ですが、残念なことに同様の壁面材が生産完了と
なっており、同じ壁にはならないのです。大手の住宅メーカーの施行でした
が、現時点...続きを読む

Aベストアンサー

サイディングボード3枚交換しか認めないのは、保険会社の都合です。
このような場合は、保険適用以外の部分については、直接加害者に損害賠償の請求をすることが可能です。
保険会社を使うのは、加害者の都合であり、こちらは、保険を適用しないで、加害者が全額賠償してもらってもよいのです。
加害者が賠償に応じない場合は、訴訟も出来ます。

まず、全面修理をする場合の見積書を入手して、加害者に内容証明で請求しましょう。

内容証明の書き方は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.path.ne.jp/baumdorf/knowhow/know_naisyo.htm

Q弁護士の抱きこみ(?)は可能か?また合法か?

夫婦のどちらかが不貞をはたらいたとします。(仮に妻とします。)夫が弁護士を立て、不貞相手に損害賠償請求をしたとします。(訴訟前)
そして妻が訴訟を敬遠し、夫を説得し、損害賠償請求訴訟は起こさない旨合意、弁護士にもその旨伝え、請求自体取りやめたとします。
その上で、妻が離婚を考えており、夫を説得するも同意が得られず、第三者の介入を考えたとします。
この場合、請求の依頼をした弁護士に対して、(妻が)「夫は離婚に関してどのように考えているか(と問合せ、かつ)、夫は意固地になっているだけだと思うので、離婚に関して前向きに考えるようアドバイスしてもらえないか」と言った依頼をすることは、可能ですか?
通常弁護士は、本来の依頼者からではない依頼(それも、本来の依頼者の依頼に反すると思われるもの、但し本来の依頼は終了している。)を引き受け(または金銭次第で加担するような事があり)ますか?
少し分かりにくいかもしれませんが、あくまでも請求をしたのは夫、妻はそれに付き添い、後日妻の提案で訴訟を起こさない、請求もしないと合意、弁護士には共通の認識として伝え、請求書も回収、その上で、妻が離婚を求めており、夫がそれに応じない場合です。
弁護士とは主に夫がやり取りしており、妻は離婚に関しての相談があるかどうかを関知していない(というより、損害賠償請求の時点で、詳細には関わっていない。妻の本意ではないので。)という状況です。
弁護士のスタンスというか、法的な事があればもちろん教えて頂きたいのですが、法的に決まりが無ければ、通常弁護士がどのように対応するのかを教えて下さい。

夫婦のどちらかが不貞をはたらいたとします。(仮に妻とします。)夫が弁護士を立て、不貞相手に損害賠償請求をしたとします。(訴訟前)
そして妻が訴訟を敬遠し、夫を説得し、損害賠償請求訴訟は起こさない旨合意、弁護士にもその旨伝え、請求自体取りやめたとします。
その上で、妻が離婚を考えており、夫を説得するも同意が得られず、第三者の介入を考えたとします。
この場合、請求の依頼をした弁護士に対して、(妻が)「夫は離婚に関してどのように考えているか(と問合せ、かつ)、夫は意固地になってい...続きを読む

Aベストアンサー

微妙ですね。
 最初の夫の弁護士への依頼は、妻の不貞に関する事件ですが、損害賠償は不貞相手に対するものですから、妻は当事者ではありません。また、後段の妻の依頼は夫婦の離婚事件についてですから、別な案件と言え、弁護士法25条や弁護士職務基本規程27条には抵触はしないと思われます(弁護士が受けるかどうかは別として)。
 ただ、「どう考えているか」という問い合わせには、弁護士の守秘義務(弁護士法23条)から答えられないと思います。
 弁護士がどう対応するかは、その弁護士がその夫婦をどう見ているかや、どんな人間関係か、にもよるでしょうね。
 もっとも、つまらないトラブルに巻き込まれるのは嫌でしょうから、自分では仕事としての依頼は引き受けないのが普通のように思います。

Q立証が出来なくでも慰謝料の請求は可能?

前の質問に続けてお尋ねします。私の新たな主張によって結審後にもう一回弁論再開となったのですが、しかし相手の反論書面に不貞したことを否認した。私は相手が不貞した証拠を持っていません。相手が不貞したのは事実です。立証が出来ない場合はどうなりますか?

Aベストアンサー

>立証が出来ない場合はどうなりますか?

質問者さんの申し立ては却下になります。

相手が認めず、こちらも立証できないなら罪に問うことはできません。

相手は「不貞などしてません。何もしてないのだからそれを証明などしようがありません」という立場です。

なのでこのようなケースの立証責任は質問者さん側にあります。

「疑わしきは罰せず」が法の原則です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報