色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

エレキギターのセッティングって買った時の状態のままあまり変えてませんか?結構いろいろいじりますか?

gooドクター

A 回答 (4件)

普段使いは専門家に任せて、自分ではほとんど弄らない


セッティングで遊ぶためには、別途安物を買った
    • good
    • 0

私は変えたギターとほぼいじっていないものとがあります。


変えた方は、弦高下げてサドル動かしてピックアップの交換してセレクター配線変えて弦交換しやすいように裏のカバー半分に切って全体に落書きしました。

いじっていないのはオクターブピッチ改善の為にバーブリッジテイルピース調整したくらいです。

ああ、ベースでは自分で抜いてフレットレスにしたやつもあります。
    • good
    • 0

基本は変えません。


但し一つだけですが、ストラトキャスターの第2マイクは高さをピックガードぐらいにまで下げます。
これ、リッチーブラックモアの真似ですが。(笑)
真似でも流石に指板は削りません。
    • good
    • 0

>結構いろいろいじりますか?



 一般論でなく、個人的な話ということでしょうか?
 とすると、ワタシはセッティングを大幅に変えます。

※弦のゲージセット、弦高、そしてそれらに伴うオクターブとピックアップ高さは、必ず変えます。
 これは、¥9800のトラベルギターでも、バイクが買えそうな値段のギターでも同じです。

※弦のゲージは変えるのに、ナットを調整したのは半々ぐらい。(弦の太さを変えると、ナット溝も変えるのが理想ですが。)
 ナットを調整するのは面倒くさいので、弦のゲージを変えてもナットを変えないこともありますが、かなり高価なモデル(=調整が完全に行われた後に販売されているはずのモデル)でもナット溝を削ったり、高さが気に入らずナットを交換して溝を新たに切り直したりもします。

※いわゆる『アーム』が付いている場合・・・特にストラトのトレモロユニット系(シンクロナイズドとかフロイド・ローズとか)の場合は、フェンダー社やフロイド社の推奨セッティングと全く違うセッティングを好んでいる為、やはり必ず変えます。
 そしてこちらも、ユニットのセッティングを変える以上、弦高やオクターブ、ピックアップ高さなどを変えることになります。

・・・これらの調整は、ショップに出してもこちらの真意が伝わらないので、自分でやるしかありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング