はじめまして。現在、独学で鉄(鋼)について勉強中の学生です。
現在の工業製品としての鋼は、目的に応じて炭素量を変えて(炭素鋼)実用に共し、これだけではなお不十分のときは、焼入れというような熱処理によって、より強くより硬くすることができるし、焼なましによって軟化させることもできる。そして、これでもなお用途に副わないときは、炭素鋼の中にさらに第3元素として、Ni , Cr , Mo , Co , Si , Mn , P , S ,etc. . .の元素を1から数種類添加して目的の性質に合うように調製する。・・・ということまでわかったのですが、ここでいう第3元素はそれぞれどのように鋼の調製に役割・影響を果たしているのかがわからないのです。C(炭素)は鋼の硬さの調製を果たす。ほかの元素はいったいどのような働きをするものなのか、ある元素は靱性についてか、焼入れ性についてか・・・(-_-;)
また、現在の鋼の強化法として上述した以外の方法があれば、ご存じの方いらっしゃいましたら含めてどうかお教え下さい。

A 回答 (2件)

検索してみたら下のHPを見つけました。

参考になればいいですが。

参考URL:http://www.tobu.or.jp/gjtit.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
さっそく【お気に入り】へ追加させていただきました。(^^)私の質問に対する回答が見事に書いてありました。

お礼日時:2001/08/19 18:37

一般に.第3成分はりゅうかいに集まり.りゅうかい面の機能を変化させます。


りゅうかいの書いてある本に書いてありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。「りゅうかい」というのは粒界のことですよね。ミクロな視点からも調べることにします。図書館にでも行ってきます。(^^)

お礼日時:2001/08/19 18:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭素鋼の炭素含有量について

 炭素鋼の炭素含有量が多くなると硬さは硬くなるというのはわかるのですが、構造的にどう変化するのか教えてください。

Aベストアンサー

炭素量が増えるとセメンタイト(Fe3C)が増えます。このセメンタイトが硬いのです。ちなみにセメンタイトはフェライトとともにパーライトというものをつくり、炭素量が増えるほどパーライトが増えていくわけです。組織観察していただければわかると思いますが、炭素量が多くなりパーライトの割合が増えるとセメンタイトも同様に増えるので結果として硬くなるわけです。

Q空気中の二酸化炭素は、極微量なのに呼吸では、酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する二酸化炭素は、どこに

空気中の二酸化炭素は、極微量なのに呼吸では、酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する二酸化炭素は、どこにあった二酸化炭素ですか?

Aベストアンサー

私たちが呼吸することによって吐き出す二酸化炭素は、もとは食べ物から摂取した炭水化物であったり、体内に蓄えられている脂肪です。

私たちが活動するのに必要なエネルギーはおもに炭水化物(他の栄養素もエネルギーになるものがあります)から得られ、それが不足するときは脂肪がエネルギー源になります。

これらがエネルギーになるためには酸素が必要で、それは肺から取り入れます。炭水化物や脂肪がエネルギーとして消費されると、最終的に二酸化炭素と水が出来ます(炭水化物も脂肪もC、H、Oで構成されています)。呼吸で吐き出される二酸化炭素は体が活動してエネルギーが消費した証です。また水は汗になったり尿になったり呼吸中の水蒸気になったりして体外に排出されます。
なので活動(運動)すると炭水化物や脂肪が燃焼し、水と二酸化炭素になり、いずれも体外に排出されるので、炭水化物を摂取していなければその分だけ脂肪が燃えて減量していくわけです。

Q建造物と炭素鋼について

建造物に炭素鋼が使われるのは何故ですか?理由を教えて下さい

Aベストアンサー

 こんにちは。
 質問文をどう解釈するのか悩む点があります。通常、建造物と言えば建物のことで、それに使う鉄骨の材質に関して質問しているわけですね? 機械部品などの構造用の鉄鋼材料ではないのですよね?
 鉄骨の場合、溶接性が極めて重要なので低炭素鋼を用いるのが当然になります。JISで言うSS材(軟鋼)が最も広く用いられています。形状によってH鋼とかIとかL(アングル、山形鋼)など色々とありますが、材質の基本はSS相当だと思います。
 一方構造用鋼では、炭素鋼SC材は安価で、SS材を上回る強度もあり、場合によっては焼入れも出来ないわけではないので、これが用いられるのが基本といっても良いかもしれません。

 上記の理由で私は質問文のどこかを取り違えているのではないかと考えます。どうでしょうか。

Q炭素鋼配管の有限要素法解析

 初めまして。
 炭素鋼配管の有限要素法解析を行っているのですが、材料データの入力について分からないことがあります。

 炭素鋼(軟鋼)の応力-ひずみ線図は、上・下降伏点が存在するのですが、解析を行う際、降伏強度はどこを見ればよいのでしょうか?

 上・下降伏点他全てのデータを入れると、実験結果とずれが生じます。
 上降伏点を取り、そのまま、下がらず、なだらかに上昇していくポイントだけをとって解析をしたいのですが、良いのでしょうか?
 また、多直線近似と二直線近似どちらが良いのでしょうか?

 上降伏点は不安定なので、下降伏点を取ったほうが良いと教科書にはかかれているのですが・・・。

 つたない文章で申し訳ないのですが、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

元のデータから読み取るなら,下降伏点がいいと思いますよ.
0.2%オフセットは,普通はアルミみたいな材料に使いますよね.
でも,それは,「アルミがオフセットに適している」というわけではなくて,
「明確な降伏点を示さないから,仕方なくその値で代用している」という
意味ですよね.
そもそも,鉄鋼材料以外に明確な降伏点を示す材料ってあんまりないんですよね.
材料全体から見ると,鉄だけが例外,って考えた方がいい場合もあります.
話がそれましたが,本質はあくまでもS-S線図の方であって,オフセットは
単に代表値を求めるための手法です.
「同じ方法で測定すれば,誰でも同じデータが得られる」ということに
重要な意味があるんだと思います.
だから,たとえば2%オフセットの直線が,上降伏点と下降伏点の間にきたり
するとマズいと思います.下降伏点よりも右側にきて欲しいところですが,
かりに右にきたとしても,下降伏点に達した後,荷重の上下動が激しい場合には
この方法は適さないと思います.
一律2%にしたときに,S-S線図のほぼ同じ位置の荷重が選ばれ,
その周辺の曲線がなめらかであれば,鉄鋼材料に使用しても問題ないと
思います.あるいは,今回に限り5%オフセットにする,という方法もありますね.
(その方が数学的な処理が楽な場合,ですよ.)

元のデータから読み取るなら,下降伏点がいいと思いますよ.
0.2%オフセットは,普通はアルミみたいな材料に使いますよね.
でも,それは,「アルミがオフセットに適している」というわけではなくて,
「明確な降伏点を示さないから,仕方なくその値で代用している」という
意味ですよね.
そもそも,鉄鋼材料以外に明確な降伏点を示す材料ってあんまりないんですよね.
材料全体から見ると,鉄だけが例外,って考えた方がいい場合もあります.
話がそれましたが,本質はあくまでもS-S線図の方であって,オ...続きを読む

Q炭素鋼のロックウェル硬さ

炭素鋼のロックウェル硬さ(HRC)を調べています。ビッカースではなくロックウェルで知りたいです。どなたかご存じですか。

Aベストアンサー

以下のサイトに記載されています.
http://www.tenhiko.co.jp/search/zairyou/tokushukou/kikaikouzou.html
http://hp.vector.co.jp/authors/VA051695/catalog.html

上のサイトだとSC材,下のサイトだとSK材のHRCですね.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報