新潟県の火打山に登ってみましたが地質について教えて下さい
この山は確か火山と思うのですが、次の三点不思議に思います
・高谷池付近の岩石は黒色で多数の穴があり見るからに火山岩という感じ
 でこれが火山岩なのでしょうか
・山頂付近及び山頂部は岩石は白っぽく硬い感じで穴も無く見た感じ火山岩
 という感じしないのですかこれも火山岩なのでしょうか
・岩ではなくいわゆる土壌も山の下の方は真っ黒な土ですが山頂付近では
 白っぽく粘土化しているようにも見えますこれも岩石と関係あるので
 しょうか、また山頂部付近で粘土化なんて起きるのでしょうか

A 回答 (4件)

becさんの紹介の参考URLサイトから、


左端の「日本地質文献検索」の中で「GEOLIS:全体検索」を選択
⇒「日本語版」選択
⇒「すべてのデータから検索へ」をクリック
⇒「新潟県」「火打山」と入れて検索
⇒結果表示
==============================
歌代 勤(1956):火打山の団体研究,地団研総会資料,10, ,14-16,( )
丹 恵美(1993):弥彦山地における玄武岩の風化,火打山付近の氷河地形.風化論.その他, , ,59-72,(創造社,東京)
河合 宏(1993):新潟県火打山付近の氷河地形,火打山付近の氷河地形.風化論.その他, , ,3-19,(創造社,東京)
泉 豊(1993):矢代川支流濁俣川ぞいの地形,火打山付近の氷河地形.風化論.その他, , ,21-43,(創造社,東京)
星野 尚子(1993):新潟県火打山付近における多重山稜,火打山付近の氷河地形.風化論.その他, , ,75-93,(創造社,東京)
河合 宏!柳原 洋文!泉 豊!八田 珠郎(1986):新潟県火打山付近の氷河地形(演旨),地形,7,3,211-211,(日本地形学連合)
======================================
この中に記載があれば良いのですが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

edogawaranpoさんのアドバイスに補足です。



地質図の発行元は「地質調査総合センター(旧地質調査所)」
ですね。

火打山というのがどこにあるのか知らないのですが、
もし、地調で発行してないようでしたら、新潟県のほうが刊行しているかもしれません。

火打って名前だから、昔は火打石が取れてたんでしょうね。
それで白い岩石・・・流紋岩(酸性火山岩)でしょうか?

参考URL:http://www.gsj.go.jp/HomePageJP.html
    • good
    • 0

調べ方だけ



国土地理院で販売している「地質図」(名称疑問.筑波の国土地理院の売店の包装紙に使ってあったのを見ただけ)でも.購入すれば分かるかと思います。
「国土地理院」で検索すれば.ヒットするでしょう。
    • good
    • 0

全く自信はありませんが、火打山あたりは全体として、


 地質時代としては、新生代第四紀の完新世または更新世(Q3)で、
 火山岩類の、非アルカリ苦鉄質なのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤマレコの座学はとても参考になっていますが…

お世話になります。

つい最近ですがヤマレコという登山の共有サイトに登録しました。
山の情報など、とても役に立ちます。

その中である方が登山教室のような「座学」を日記で書いていらっしゃいます。
「落石のしたときの掛け声 」とか、「登山ウエアの色の選び方」とか、初心者の私にはとても参考になります。

変な質問になってしまいますが、こういう人はどういうお気持ちで書かれていらっしゃるのでしょうか?

やはり、ここでのご回答者さんのように、その登山経験から素直に初心者に教えたい気持ちからなんでしょうか?

私はこの教えてgooでも質問ばかり恥ずかしいです。とても教えるほど自信があるカテゴリーはないのが本当のところなんですが、献身的な人が多いと感じることが多いです。

変な質問になりますが、この教えてgooのカテゴリでご回答される場合のことでもよいので、そのあたりのお気持ちを教えていただければと思います。よろしくお願い致します。

私も山がとても好きになってきたので頑張って回答者になれるようにしたいです。

Aベストアンサー

 親が子供に教えるようなものかと思って居ます。

 特に山などは最近のブームもあり、気楽に考えている事も多いです。その為にトラブルも出てきます。
しかし、トラブルが有ることこそ、自分の楽しみを奪われることにも成ります。批判が増えれば、いままでしっかりしてきた人でさえ、同じような扱いにされます。趣味を長く続けたいからこそ、しっかり伝えて行きたいのです。

 私は星が好きなので、基本的に基本から教えないと理解されない部分を持っています。難しい事はともかく、簡単な事から教える事で、星空を楽しんでもらえればと思って居ます。

 子育ても、情報交換をしないといけない分野です。だからこそ、私が知っている事を伝えたいと思って居ます。

Q地質図はどこで?

地質図は、どこで手に入るのでしょうか? 出来るだけ縮尺が大きい(細かい)物が欲しいのです。同じように土地利用図も手に入れたいのです。場所は静岡県ですが。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず,国土地理院では地質図は基本的に作っていません。作っているのは,「産業技術総合研究所 地質調査総合センター」という独立行政法人です。
1年前までは通産省工業技術院地質調査所と呼ばれて親しまれていました。略称は(今も)「地調」(ちちょう)といいます。
トップページはこちら(参考URL1つめ)
http://www.aist.go.jp/GSJ/HomePageJP.html
できるだけ大縮尺ということですが,全国をカバーする地質図としては,5万分の1がもっとも大縮尺です。また詳細な解説書が付いています。ただ,なにせ地形図と違って,地質図は調査範囲内をくまなく歩いて作成するので,大変な手間がかかります。
このため,まだできていない範囲もかなりあります。
ここのトップページから「地質図カタログ」に入って,探してみて下さい。
ちなみに各々の地質図の範囲は,基本的に国土地理院の5万分の1地形図と同じです。ちょっとみてみたところ,「静岡」(1800円)や「清水」(2700円)の図幅はあるようですね。
これ以外の地質図(地調)は,解説がなく図面のみというものも多いです。

5万分の1が,全国をまんべんなく覆う(予定)ものだとすると,これに対して,特定の地域だけを詳しく調査した地質図もあります。
そういった地質図を探すには,同じく地調から出ている「日本地質図索引図」(http://www.aist.go.jp/GSJ/Map/JP/index.htm)が便利です。学術雑誌の論文などに載った図面も探せます。
ただオンラインはないので,大きな図書館などで冊子体の現物をみることになるでしょう。また,92年以降は出ていません。

購入方法は,同じく地調のページのここ(参考URL2つめ)
http://www.aist.go.jp/GSJ/Map/JP/sale.htm
をご覧ください。

都内にお住まいでしたら,東京地学協会(参考URL3つめ)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/tokyogeo/
が便利です。地調の図面は(在庫があるかぎり)すべてここで買えます。通信販売も行なっています。
直接いらっしゃるのでしたら,日本テレビの本社のすぐ前です。営業時間は,平日の午前9時30分~正午,午後1時~4時30分です。
問い合わせ先などは,ここのホームページの「紹介」をご覧ください。

また,神田の内外地図でもある程度扱っています(特に,県が作成した地質図が多い)。
ホームページはこちら
http://www.naigai-map.co.jp/

土地利用図は,国土地理院が作成しているものでしょうか? 5万分の1,2万5000分の1,20万分の1とありますが,このうち全国をカバーしているのは20万のみです。
5万は30年以上前にやめてしまい,それも千葉や愛知などごく一部の地域に限られています。
2万5000はもうすこし広範囲に作られましたが,それでももう10年以上新しいのが出ていない気がする。静岡はあったかなあ。
20万は全国をカバーしています。ただ,これも最近は出ていません。
地理院が出している「地図一覧図」の主題図編を見ればあるのですが,ちょっといま手元にありません。

国土地理院の地図類は,No.1の回答にあるように,大型書店で買えますし,通信販売も利用できます。
通信販売の方法は,ここ(日本地図センター)
http://www.jmc.or.jp/1f/chi_cyu.html
また,地形図類を扱っている書店のリストはこちら
http://www.jmc.or.jp/kankou/han_rist.html
をご覧ください。地図一覧図も置いてあるはずです(ただ店によっては主題図編はないかもしれません)。

なにか足りない情報があれば,補足したいと思いますので,おっしゃってください。

参考URL:http://www.aist.go.jp/GSJ/HomePageJP.html,http://www.aist.go.jp/GSJ/Map/JP/sale.htm,http://wwwsoc.nii.ac.jp/tokyogeo/

まず,国土地理院では地質図は基本的に作っていません。作っているのは,「産業技術総合研究所 地質調査総合センター」という独立行政法人です。
1年前までは通産省工業技術院地質調査所と呼ばれて親しまれていました。略称は(今も)「地調」(ちちょう)といいます。
トップページはこちら(参考URL1つめ)
http://www.aist.go.jp/GSJ/HomePageJP.html
できるだけ大縮尺ということですが,全国をカバーする地質図としては,5万分の1がもっとも大縮尺です。また詳細な解説書が付いています。ただ,なにせ地形...続きを読む

QTG-1のロガーを山レコの取り込むには?

初めまして、
オリンパスのTG1のGPSロガーを初めて利用しました。
そこでヤマレコに会員登録し
登山の記録を表示する!に挑戦しているのですが
データの読み込みが上手くいきません。
ファイルの変換とかが必要なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テキストドキュメントだと○○.csv形式です。
gpxに変換するアプリなどが必要になります。

Q岩石について

課題で、6種類の岩石を見極めるというものがありました。
そして、それは深成岩である花こう岩・ハンレイ岩・せん緑岩。火山岩である流紋岩・玄武岩・安山岩であることがわかりました。

ここからが質問です。検討として、「なぜそのような岩石ができるのか」と言うことを書かなくてはならないのですが、正直、理由がわかりません。(とらえ方もわかりませんし・・)教えてくださればとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

取り敢えずうろ覚えの知識で解答しますので、
あとはこれを参考にして自分で考えてみてください。

先ず、これらの岩石を虫眼鏡などで良く観察してみてください。
手許になければ教科書に載っている写真を見てください。
火山岩と呼ばれるものは、ガラス状になっているのに対し、
深成岩と呼ばれるものには、粒々が見られると思います。
これは、深成岩、火山岩と呼ばれるものは、火成岩といって、
マグマが冷えて固まってできたもので、その固まり方によって、
見かけの特徴が決まるからです。
つまり、地中深くで、ゆっくりと冷えて固まった場合は、
結晶が良く発達して、深成岩になりますが、
地表近くで、急激に冷やされた場合、結晶が発達する間がないので、
ガラス状になってしまうのです。
また、同じ深成岩、火山岩でも、それぞれ色合いが違うことが観察されますが、
これは、岩石に含まれる成分が異なるからなのですが、マグマが冷える時、
マグネシウムや鉄を多く含む黒っぽい鉱石(カンラン石や黒雲母等)が、ナトリウムやカリウムを多く含む白っぽい鉱石(長石や斜長石)よりも融点が低いために先に結晶化します。
そのため、黒っぽい鉱石が未だ結晶化していないマグマが冷えて出来た火成岩は
黒っぽい色をしているのですが、黒っぽい鉱石が結晶化した残りのマグマが冷えて出来た火成岩は白っぽい色をしているのです。

つまりこれらの岩石は、できた場所、もとになるマグマの成分の違いによって
6つの種類に分類されます。
どの岩石がどんな条件でできたかは自分で考えましょう。

なお分かっているとは思いますが、マグマとは地殻を構成する岩石が、
温度上昇や圧力低下等の条件変化で溶けたしまったもので、
地表に現われたものが溶岩と呼ばれます。

取り敢えずうろ覚えの知識で解答しますので、
あとはこれを参考にして自分で考えてみてください。

先ず、これらの岩石を虫眼鏡などで良く観察してみてください。
手許になければ教科書に載っている写真を見てください。
火山岩と呼ばれるものは、ガラス状になっているのに対し、
深成岩と呼ばれるものには、粒々が見られると思います。
これは、深成岩、火山岩と呼ばれるものは、火成岩といって、
マグマが冷えて固まってできたもので、その固まり方によって、
見かけの特徴が決まるからです。
つまり...続きを読む

Q超安全な百名山を教えてください

8月に小学4年の息子と山小屋1泊でどこかに登りたいと考えています。
しかし2人とも高所恐怖症で鎖場、梯子、切れ落ちた崖など怖くて
足が震えてしまいます。(特に私が)
そこで百名山以外でもかまいませんので、鎖場とか無く安全に登れる山を教えてください。
希望としては片道4時間以内で新潟在住ですので北アルプスを考えています。

私と息子の登山経験ですが、百名山ですと火打山、雨飾山、立山位しかありませんが、その他2000m級の山はいくつか登っています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Q>百名山、北アルプス、鎖場とか無く・・・

 →それはもう乗鞍岳(3026m)しかないでしょう!絶対に登る価値はあります。「当日の天気は神のみぞ知る」ですが。(老若男女登っています)
その次に機会があれば御嶽山もいいですね。こちらは北アではありませんが。
◆アクセスルートは乗鞍スカイラインか乗鞍高原~エコーライン。畳平前後宿泊は8月はもう一杯かも知れませんが、高原ならOKでしょう。どちらもシャトルバス、ご来光登山バスOK。

★乗鞍スカイライン ほおのき平無料P 他平湯付近も
シャトルバス ほおのき平~ 往復2,200円(片道1,230円)
http://www.hida-norikura.com/skyline.html
★乗鞍高原~ 往復2,400円(片道1,400円)無料P大
http://www.azm.janis.or.jp/~charly_b/h-norikura-dake.htm
http://www.pref.nagano.jp/police/koutsu/kisei/norikisei09/nori09.htm
<乗鞍岳>もちろん8月の登山道には雪はありません。
ttp://www.kit.hi-ho.ne.jp/koitoh/page026.html
(コピーは頭にh)
http://www.360navi.com/photo/22gifu/03norikura/10index.htm
http://www.azm.janis.or.jp/~charly_b/c-cb-ka-nda.htm

●散策マップ http://www.hida-norikura.com/live.html

Q>百名山、北アルプス、鎖場とか無く・・・

 →それはもう乗鞍岳(3026m)しかないでしょう!絶対に登る価値はあります。「当日の天気は神のみぞ知る」ですが。(老若男女登っています)
その次に機会があれば御嶽山もいいですね。こちらは北アではありませんが。
◆アクセスルートは乗鞍スカイラインか乗鞍高原~エコーライン。畳平前後宿泊は8月はもう一杯かも知れませんが、高原ならOKでしょう。どちらもシャトルバス、ご来光登山バスOK。

★乗鞍スカイライン ほおのき平無料P 他平湯付近も
...続きを読む

Q太陽の核は鉄や岩石なのでは

原始太陽ができる前の塵に、
金属や水素の分布差があったとは思えません。
同じ組成の塵が、大量に集まったのが太陽で、
残りが周辺部で集積したのが惑星です。
なので
地球に鉄や岩石の核があるのなら、
太陽にもあるはずです。

証明はできませんが、反論もできませんね。

Aベストアンサー

 趣味でSF小説を書くので、以前私も、太陽の中心の、重力が釣り合ったあたりにある岩石などの塊の中心に、巨大な空洞があって、生物がいて・・・ 、なんて話を考えたことはあるのですが、まじめな現実社会の話をすると、

 観測で太陽の直径はわかりますよね。その他、さまざまな現象を観測できます。

 ほんの一例ですが、太陽の引力を考えてみますと、太陽に鉄や岩石の核がある場合と、全てが水素やヘリウムなどの気体の場合とは違ってきます。

 で、観測されたさまざまな物理現象を、太陽に鉄や岩石の核が1%の場合、2%の場合・・・ 、と様々に条件を設定してシミュレートしたものとを比べてみると、合致しない。

 全部が気体だと考えた場合は、すべての現象が合理的に説明可能だとなると、「すべて気体だ!」と断定せざるを得ないことになります。

 これから地球は温暖化するのか、寒冷化するのか、学者の間でも議論がありますが、そんな具合に発言できる世界中の学者が、「太陽は気体の集合体である」ということに異論を挟まないところを見ると、太陽は気体なのだと思います。

 それを自明のこととして、ではなぜ太陽は鉄などの核がない気体の星なのか、という理屈を考えるほうが建設的で楽しいと思います。

 で、私が考えるに、重金属などは、恒星の超新星爆発などの際のすごい圧力、エネルギーなどによって生成されるのだそうです(天文学者の話:実際、超新星爆発した星の残骸付近には重金属分子が大量に見つかるのだとか)。

 ということは、逆に、原始太陽ができたころに太陽の一部として集まった重金属は、太陽の中心の圧力よって、再度水素などに分解されたのではないか(重金属の生成は必ずしも不可逆的反応とは限らない)と、思ったりしますがどうでしょう。
 

 趣味でSF小説を書くので、以前私も、太陽の中心の、重力が釣り合ったあたりにある岩石などの塊の中心に、巨大な空洞があって、生物がいて・・・ 、なんて話を考えたことはあるのですが、まじめな現実社会の話をすると、

 観測で太陽の直径はわかりますよね。その他、さまざまな現象を観測できます。

 ほんの一例ですが、太陽の引力を考えてみますと、太陽に鉄や岩石の核がある場合と、全てが水素やヘリウムなどの気体の場合とは違ってきます。

 で、観測されたさまざまな物理現象を、太陽に鉄や岩石の核...続きを読む

Q標高2000m超のシュラフ選び

いつもお世話になっています。
7~8月にかけて立山、火打山などでテント泊をする予定ですが、
シュラフ選びで困っています。
標高2000~2300mくらいになると思いますが、ネット調べてみても最低気温がどれくらいになるかわかりません。

購入候補は
モンベル ダウンハガー♯4
ナンガ  スウェルバック280
のいずれかを考えています。

良きアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

 立山では毎年8月に家族でテント泊+登山をしています。

 7-8月でしたら、3000m級の山でも滅多に氷点までは下がりません。だいたい最低気温は5~6℃あたりと考えて間違いないです。

 とするとモンベルの#4というのは良い選択だと思います。私が持っているのもULの#4です。これで低山でしたら冬山まで行けるので使い勝手はとても良いです。
 ただ、寒さを感じるのは個人差があります。
 私は#4でファスナーを開放して足を出して寝ていても、隣ではカミさんが#3のシュラフをしっかりコードを絞って寝ていたりします。
 なので寒がりの人は#3の方が良いかもしれません。逆に暑がりの人なら#5でも十分だったりします。

 モンベルだとダウンで3シリーズ、化繊で2シリーズラインアップされていますが、同じ番手でもどれを選ぶか、というのはけっこう重要です。
 化繊かダウンか、というのは別に夏なら化繊で十分とかいうものではないです。
 一般的に「ダウンの方が暖かい」と認識されがちですが、それは正確には「同じ重量ならダウンの方が暖かい」が正しい認識です。それはつまり「同じ暖かさならダウンの方が軽い」ということであり、それが一番重要なことです。
 一方、ダウンは濡れたら手に負えないものですから、テント泊中の扱いやメンテナンスは化繊よりシビアになります。この2点の長所短所を天秤に掛けて選択するのが的を得た考え方だと思います。

 現在モンベルでは、スーパーストレッチダウンハガー、ULスーパーストレッチダウンハガー、ULアルパインダウンハガー、スーパーストレッチバロウバッグ、ULアルパインバロウバッグの5シリーズがラインアップされています。
 「アルパイン」には#4はないので、残る3シリーズで重量と価格を比較すると以下のようになります。

ULスーパーストレッチダウンハガー#4  620g、収納サイズ3L、24,800円
スーパーストレッチダウンハガー#4   839g、収納サイズ4.5L、19,800円
スーパーストレッチバロウバッグ#4   1140g、収納サイズ7L、11,800円

 こうしてみると値段と重量などのバランスが良いのはダウンハガーですが、絶対的な重量差とコンパクトさではやはりULは魅力的です。
 私も持っているのは古い型ですがULの#4です。
 私としては、化繊でなくダウンを選ぶのなら、ULの方をお勧めします。ダウンの利点は軽いことですから、どうせ高いお金を出してダウンを買うのなら、一番軽いのを買った方が良いかと。

 ちなみにイスカも良いシュラフを造っています。
 モンベルの#4に相当するのはエア280というモデルでしょう。

http://www.isuka.co.jp/product/detail.asp?id=4&mode=1&bf=2

 UL#4と重量も価格も保温性能もほぼ同等です。スペック上、エア280の方がかなり軽いように見えますが(550g)、モンベルの表記重量はスタッフバッグまで含んでいるので、それを含めるとまあほぼ同等でしょう。
 私はモンベルの方が好みなのですが、イスカが好きだという人も多いので、そのあたりは好きずきでしょうか。

 ナンガも定評あるメーカーです。
 ま、どれを選んでも間違いではないと思いますけどね。

 アフターサービスが良いのはダントツでモンベルですが。

 立山では毎年8月に家族でテント泊+登山をしています。

 7-8月でしたら、3000m級の山でも滅多に氷点までは下がりません。だいたい最低気温は5~6℃あたりと考えて間違いないです。

 とするとモンベルの#4というのは良い選択だと思います。私が持っているのもULの#4です。これで低山でしたら冬山まで行けるので使い勝手はとても良いです。
 ただ、寒さを感じるのは個人差があります。
 私は#4でファスナーを開放して足を出して寝ていても、隣ではカミさんが#3のシュラフをしっかりコ...続きを読む

Q火山噴火のメカニズム

大学入試の過去問で、
『2000年に新聞などで報道された以下の自然現象について、
 200字程度で説明せよ』
という問題があり、【有珠山の噴火】について書かせる問題がありました。

他の減少については説明できたのですが、このテーマだけはできません。

僕は高校で地学をやったわけではなく、総合問題でこの問題が出ていました。
解答も書いてないので、困っています。

どなたか、説明していただけまんせんでしょうか?

理系の学部ですので、おそらく、理論的に、
噴火のメカニズムを説明させる問題だと思います。

Aベストアンサー

大学の講義でよく教官が、火山とビールは一緒だ、
と言ってました。

ビール 振ると炭酸が二酸化炭素?なりその圧力で暴発。
火山  マグマに溶けた水蒸気の圧力が高まり噴火。

ということでしょうか?

Q比良山系熊遭遇

ヤマレコで高島トレイルで熊に遭遇し負傷したとありました。
登山口に熊目撃情報が張り出しています。
以前わたしも付近の登山道で目の前約100m位のところで見かけその月終わりにも登山道隅で大きく真新しい糞がありました。
この時期熊は活発なんでしょうか?
いつも熊鈴を付けてはいるのですが効果はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

熊鈴はリスク軽減と言う考え方ですね。
1%でも遭遇の可能性が減るなら付ける。
遭遇の可能性が極端に低い山で付けると迷惑がられます。

気付かせる努力と気付く努力と考えるとラジオなど
音の出っぱなしの物は熊の存在に気付くのが遅れ危険です。

熊は人間の存在に気付くと逃げるとは限らず隠れる場合があります。
それを察して熊に気付かないフリをするのも重要なテクニックです。
山に犬を連れて行くなと言うのは、これが理由です。
犬が隠れてる熊を発見してしまうのです・・・
まぁ 極端に遭遇率の高い山での話ですが参考までに。

確率から考えるならば、
登山口までの交通事故の方が何倍も危険です(笑)

Q火山の不均一性について

なぜ、火山は、関東圏の場合、神奈川・埼玉・栃木・茨城・東京(島は除く)にはなくて、群馬・長野(浅間山)にはあるのでしょうか?
あと、軽井沢の気温の変化はなぜ起きるのでしょうか?
地理学を学び始めたばかりですが、あまりにも教授の説明が不明確でわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。最後の4行ほど、不要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報