いつでも医師に相談、gooドクター

拳銃とか銃って一度利用した弾を再利用とか出来ないんですか?

gooドクター

A 回答 (7件)

弾頭部分は撃てば獲物や標的のバックストップに当たって潰れますので再利用は不可能。


センターファイア式の大口径銃用のライフルカートリッジですと、ファクトリーロード(メーカー製装弾)は高価ですので、空薬莢を再利用して、発砲時に広がったネックや薬莢を締め、雷管を交換し、火薬を詰め、弾頭を圧入し、実包を製造する人は多いです。好みの火薬や弾頭が選べるので、大口径で精密射撃をやる人は弾道計算ソフトを使って何種類か作っておいて、現場の天気や気温で最適な実包を使うということもあります。
ピストルカートリッジは、ライフル実包ほど高価ではないのでそのまま使い捨てになります。ライフルだと火薬は、たいてい、薬莢いっぱい入れるのが規定量ですが、ピストルは薬莢容積の1/2とか1/3位が規定量だったりすることが多く、一度火薬を入れたのにうっかりまた火薬を入れてしまうと(ダブルチャージ)、運が悪いと、発砲時に破裂して銃がバラバラにはじけ飛び、射手が大けがしたり失明しますので、ピストルカートリッジのリロード・製造はやらない方が賢明。
競技銃に使われる22LR実包はリムファイアですので、ピストル・ライフルともに再利用はできません。リムファイヤなので。
また散弾銃用の、紙や樹脂でできたショットシェルも構造的に再使用不可です。
    • good
    • 0

BB弾と違いますからね。

弾丸はすでに出ているように銃身のライフリングとかみ合うことで傷が付くし標的に当たっても当たらなくてもどこかには当たるわけで、変形するので、再利用は不可能です(溶かせば別)。

なお、薬莢の方は、内部を清掃し、火薬を詰めて弾丸を装着して再利用できます、これをリロードと言います。

自衛隊は薬莢は前回臭で、足りないと、演習場をはいずって探します。

余談ですが、じゃ以外のサバイバルゲームで使われるネルスポットガン用のペイント団は再利用できませんが、環境保護のために回収が励行されています。
    • good
    • 0

弾丸は銃身を通った時点でライフリングの形に変形するし、目標に当たったら潰れたりバラバラになったりするので、そのままでは再利用はムリでしょう。



 ちなみに、薬莢は再利用しているヒトもいます。

 溶かしたりしなくても、リサイズするダイスが売られていて(薬莢は、撃発した瞬間膨張してバレル入り口の薬室に張り付くので、直径が少しだけ大きくなります。薬莢を再利用する場合、このふくらみ分を絞って元の直径に戻します)、米国では、薬莢をリサイズして自分でタマを組み立てているヒトも結構いますよ。(弾頭や火薬、雷管などはそれぞれ単品で購入出来ます。)
    • good
    • 0

射出した時点で形が変わってしまう怖れが高いので、一回溶かして整形しないと再利用は難しいといいますか。



なので一回溶鉱炉で溶かして再度成形する、という流れでは再利用できる率は高いです。

でもそのまんまでは無理なんです。
    • good
    • 0

薬莢は一つ残らず(一般に出回らせないためか、かなり厳しいらしい)回収するようですし、一度潰してリサイクルしているのではないですかね。



飛んでいった弾丸も可能な範囲でなら回収して同じようにリサイクルしているかも知れませんね。
    • good
    • 0

弾薬の中には火薬が詰め込まれており、その火薬に着火して爆発させることで推進力を得る仕組みになっています。


一度火薬に着火されたら火薬は燃え尽きるので弾丸の中身は空になり、再び火薬を詰め込まない限りもう一度使うことはできません。
じゃあ火薬を詰めればいいのではと思うかもしれませんが、撃った後の弾丸は大抵目標に当たって変形してしまうので、おそらく銃に装填できない状態になっていると思います。目標に当てないというのはおそらく不可能で、何もない平原で撃ったとしても重力で落ち続け、最終的に地面に激突すると思います。(多分...)
    • good
    • 0

薬莢と分離してしまうし、弾丸そのものも変形してしまうので、そのままでは再利用はできないですが、それらを原料として再び銃弾を製造することはできると思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング