【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

世の中には例え検挙されて多額の罰金を払ったにしても周囲の声を聞かずに「飲酒運転が止められない」人って少なからずいるようだが…


質問①.先ずこれはアル中乃至はアルコール依存症に間違いはありませんよね?


質問②.同時に①以前に何らかで「精神を病んでいる」と言えると思いますか?→理由は判断力と想像力が著しく欠けてるから!


①、②それぞれどう思う?

A 回答 (9件)

そもそも、人を殺す可能性のある車の運転、スピード違反、駐禁、一時停止違反・・当たり前の世の中です。


特に病んでるとかじゃなくて、通常の範囲じゃないでしょうか?
    • good
    • 0

アル中やギャンブル依存、薬物依存は脳に支配されているので治りません。

    • good
    • 0

本当のアルコール依存症見たことあるが悲惨だよ、


飲むまでは普通だが 飲んでしまえば終わりで とことん飲んでしまう途中でやめることが出来ない 恐ろしい病気だ、
山口君(元トキオ)もそんな感じに見受けられる。

直す施設が少ないので 診療内科系の病院に入院して退院 まず最初にするのはコンビニに飛び込んで酒を買い飲むことらしい。
アル中、依存症と簡単に言ってるが 本人の意思では直す事の出来ない(出来にくい)精神病だよ。

料理を作る時 酒を使えない 当然味醂もね
匂いをかいだ瞬間飲みに走る場合が有る 取っても厄介な病気だよ。
    • good
    • 0

そうですね。

アル中ですね。
病んでるから、そこから逃げるためのお酒でしょうね。
    • good
    • 0

①その可能性もあるが、必ずしもそうだと断定はできない。

依存症でなくても著しく遵法意識が低い人間だと「この程度は許される」という甘えがある。程度の差こそあるが、吸殻やゴミのポイ捨て、あたり構わずたんや唾を吐き散らす、公共財を壊したり汚したりするというのも根は同じ。

②自分の行為が他人に迷惑をかけるということが分からない点では、判断力と想像力が欠如しているというのは合ってるかも。
    • good
    • 0

「間違いない」と言う事はないですね


依存症の人もいる、そうでない人もいる

精神も同じです
決め付ける根拠などない筈
病んでいる人もいるでしょう
ただのバカもいる
    • good
    • 0

飲酒運転とアルコール依存や精神疾患とは根が違います。



道路交通法66条では体調不良での運転を禁じています。
しかし過労運転や居眠り運転など、実際にしてしまっている人も多いでしょう。
ただこれらはハンドルを握ってしまうと気が張るのか、意外に疲れや眠気が気にならなくなることです。
酒気も同様のことが起きると思います。
車でしか行けないお店での帰り、もちろん代行なのですが、酒量によっては「問題なく運転できるだろうな」とはよく思います。怖くてできませんが。
    • good
    • 0

田舎の軽トラは朝から水代わりですよ。

    • good
    • 0

①いや、そうとは思えません。

自分は捕まらないと思うのでしょう。刑法の論文には刑罰の強さによって犯罪は止められないとするものがあります。死刑になるかも知れないのにお金のために人を殺める人はもっと高い規範を乗り越えているわけですよね。犯罪の際には一種の現実逃避のような状態になるのでしょう。なるようになれと。お酒で酔ってれば尚更です。

②①で示したように普通の人と思います。普通の人だからこそ非難でき、刑罰を科すことができるのです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング