ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

24歳のOLなんですが夜は9時朝も9時と言う感じです。。。。

1どのように勉強すればいいでしょうか?
2どこのどの講師ががいいでしょうか?
33年計画で受かるものでしょうか?
4正直お金をかけたくないんですが・・・・なにかいい方法ないでしょうか?

どうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

今年こそはと勉強している無職受験生です。


>33年計画で受かるものでしょうか?
4正直お金をかけたくないんですが・・・・なにかいい方法ないでしょうか?
 
 正直に言いまして、ある程度まとまった時間を確保できない場合長い年月をかけても合格は難しいと思いますよ。もちろん働きながら合格された方は居られますが、何らかの形で法律にかかわってこられた方がほとんどです。ずぶの素人から働きながら合格された方は私の周りには1人もいません。(予備校が唄っている短期合格が嘘だとは言いませんが、予備校も商売です。)
 またここ数年、司法書士受験生のレベルアップの傾向が見られます。(不況、ロースクールなどの影響だと思われます。)その結果時間を取れない受験生にはどんどん苦しくなっている状況です。
(なんか厳しいことばかり書いていますが、安易にこの受験地獄に飛び込まないほうがいいという老婆心からです。ご勘弁を。)
 働きながらがんばられるのであれば、数年かけて基礎を固めて、ある程度(たとえば択一で27点以上)取れるようになってから勝負をかけて1、2年無職でがんばるというのがいいかもしれません。
 それと金銭的なことなのですが、はじめから高額な予備校の講座を受講するのはやめたほうが良いですよ。(僕はそれで失敗しました。)はじめに良い教材をそろえても、基礎が固まっていざ勝負というときには法改正でその高額な教材は使えないということが考えられます。特に商法はまた大改正が予定されていますのでお気をつけください。
    • good
    • 0

私も現在、会社に勤めながら勉強中です。

今年7月の試験(2回目)の合格を目指しています。

1.
私は会社が終わった後に、平日4時間勉強しています。休日はその2倍程度です。仕事をしていますし家族も子供もいますので、当然自分の睡眠時間を削る事になります。勉強方法は、各人のやり方があるので正しい方法はありませんが、一般的には過去問重視と言われていますし私もそう思います。

2.
1さんのおっしゃる早稲田セミナーの竹下先生(伏字にした方が良かったかな)は司法書士受験の世界では一番有名な方です。私はLECの講座に通っていますが、記述式の問題集は竹下先生の本も利用しています。分かりやすいと思います。また、記述式対策では伊藤塾の蛭町先生も分かりやすいと有名です(私は受講したことありませんが)。ただ、結論としては自分にあった講師を選ぶ事だと思います。LECにも分かりやすいと有名な講師がいますが、私はその人の無料講座を受けてみて、何となく合わないと思ったので、別の講師の無料講座を受けたところ、自分に合っており分かりやすかった事に感銘を受けて、その講師に申し込みました。その講師は無名な方ですが、結局は自分に合うか合わないかだと思います。と言うことで、各スクールの色んな講師の無料講座や説明会を受けて自分で選ぶことが大事だと思います。世間的な評価はあくまで目安と思ってください。

3.
各スクールとも「一発合格」と騒いでいますが、統計的に一般的な合格者の勉強期間は2~3年のようです。と言うことで、3年勉強すれば充分合格圏内に達すると思います(まだ合格していない私が言うのも何ですが・・)。ただ、4年以上勉強されている方も多くいらっしゃいます。自分も早めに合格したいとは思っていますが、やはり社会人の場合は仕事との兼ね合いで合格期間も前後するようです。

4.
お金をかけたくないとの事ですが、ある程度の出費は当然必要です。私もそうですが初学者であれば、なおさら資格スクールに通った方が、より効率的に勉強できるため結局はお金もかからないのだと思います。資格スクールも色々なコースを用意していますので、最低限必要なものをチョイスしていけば、費用を抑えることは可能かと思います。例えば、3ヵ年計画であれば、1年目に上級コースを受けることはやめておくなど。

最後に、1さんと少しかぶりますが、まずは自分の法律に対する適性を調べるのも大事なのだと思います。私は一緒のスクールで高いお金を払って、途中で挫折していく人を大勢見てきました。理由としては、この試験の難しさについていけない、法律を学ぶ適性がなかった、軽い気持ちで申し込んでいたなどが考えられますが、質問者さんが司法書士合格に向けて揺ぎ無い決意と明確な目的があれば、是非司法書士を目指されるべきですが、もしとりあえず司法書士でも目指すか程度の決意でしたら、まずは行政書士や他の関係する資格(宅建、ビジネス実務法務、法学検定等)を取得して自分の適性を見極めるのも賢い手だと思います。

1さんは夫婦で合格されたとの事で非常に努力家の夫婦かと思いますが、やはり合格率は現実問題として3%を下回りますから、97%以上の方は合格できないわけです。その中で社会人として色んなものを犠牲にしながら勉強をするのですから、明確な目的と動機は必要だと思います(どうして別の資格ではなく司法書士なのか)。私は周りの友達が次々と脱落していく中で、そういう意志を強く持っているので、今までもこれからも勉強を続けていって必ず試験に合格しようと思っています。無駄な時間とお金を浪費する前の今の段階で、今一度自分の決意を確認してみて、それでも絶対司法書士を目指したいという決意と目的ができてから、試験勉強の世界へ飛び込むべきだと思います。

以上、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

こんばんは。



私は色々と独立できる資格を淡々と取得している身です

宣伝に成りかねないので伏字で書き込みますが

1、12時間拘束されているみたいなので一日最低2時間は覚悟して勉強してください。
2、早●田セ●ナーの竹●先生が宜しいかと思います。
  私はその講座で2回目で合格しました。研修で一緒  になった方はL●Cで海老●先生という方でした。
3、受かります。私がそうでした。
4、都内在住&地方都市であれば専門の学校へ通学した  ほうが安くて済みます。
  私は職柄、海外や、全国を転々とするので
  通信講座を選びました。旦那もその残り物で3回で  合格致しました。しかもそれを親類に半額で買って  貰えましたので実質20万円程度になりました。

今は時代も変わりインターネットがありますのでオークションで色々な資格の講座が出品されているのを見た事があります。それを買うのも一つの賢い手だと思いますがしかしいきなり超難関試験は厳しいと思います。

先ずは腕試しに行政書士等受験をお勧めします。
取得済みでしたらすみません。

参考になられたら幸いです。
  
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜネットの世界では、司法書士は食えないってことになっているのでしょうか?

2ちゃんねるをはじめとして、ネットの世界では司法書士は食えない(司法書士に限らず、弁護士や税理士等など、他の士業も否定的な意見が多いですが・・・)ってことになっていますが、それは一体なぜでしょうか?

そのほとんどが暇な受験生が偉そうな書き込みをしているからでしょうか?

資格取得に失敗した方が、悔しさでつい書き込んでいるからでしょうか?

事実、様々な現実的な問題は多々あると思いますが、必要以上に否定的な意見が多いような気がします。

ちなみに、37歳で司法書士に合格し、40歳で開業した職場の先輩は
認定ではないので債務整理はしてませんが、登記業務で十分食えているそうです。

Aベストアンサー

どんなに難しい試験に合格しても、すぐに仕事が来るわけではありません。
先に司法書士になっている人と対等になるまでには、2~3年はかかります。
最初は、小さな仕事を大事にして信用を付けることでしょうね。
司法書士は、銀行からの仕事も多いのですが、どうやって仕事をもらうかも重要です。
もともと銀行と繋がりのある司法書士の中に入っていくのですから、大変ですよ。
あと、他の士業とのパイプも重要です。

食えないというのは、難しい試験を取得した割には、すぐ仕事が来るわけでもないし、経費もかかるからでしょう。
基本的に、登記のときにかかる税金等は立替が多いです。
場合によっては、報酬よりも税金が多い事もあります。
ですから、手持ちのお金が必要だし、仕事が少ない開業時は生活費も合せて必要です。

だいたい、食えないと言ってる人って、司法書士になってない人ですよね。
それに、司法書士に対して、食えますかと聞けば、食っていくのは大変ですよと言うのが普通です。
大変だと言っても、何年も同じ場所で事務所を開いてる。
本当に食えないなら、やめてるでしょう。

もし、司法書士事務所を開いて、食えないと言ってやめた人が居るなら、経営能力が無かったのかもしれません。
年齢が70~80歳ぐらいになって、自ら事務所を閉める人もいるし、亡くなる人もいるのですが、このような方々の数も含めて食えないと解釈している人も多いと思いますよ。
司法書士は無試験でなれる人もいて、そのような方々は60歳過ぎに司法書士になるのが一般的です。
公務員として定年まで勤め司法書士になってる人は、司法書士をしなくとも食べていけるので、体力的にきつくなったら自発的にやめますが、多分、この数も含めて、食えないからやめたと思われているのではないでしょうか?

どんな商売でも、景気のいい所、悪い所があります。
まあ、開業して3年以上続いてるなら、サラリーマンと同等以上の収入があると考えていいと思いますよ。
事務員を2人以上雇っていたら、仕事がある証拠ですよ。

どんなに難しい試験に合格しても、すぐに仕事が来るわけではありません。
先に司法書士になっている人と対等になるまでには、2~3年はかかります。
最初は、小さな仕事を大事にして信用を付けることでしょうね。
司法書士は、銀行からの仕事も多いのですが、どうやって仕事をもらうかも重要です。
もともと銀行と繋がりのある司法書士の中に入っていくのですから、大変ですよ。
あと、他の士業とのパイプも重要です。

食えないというのは、難しい試験を取得した割には、すぐ仕事が来るわけでもないし、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報