【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

効率の良い勉強ってなんですか?
暗記が苦手です。

A 回答 (7件)

それは、最もすぐれた教材、参考書を使うことです。


暗記が苦手、というのは実に良いことです。
暗記などというのは、本来の勉強ではありません。

最もすぐれた教材は、丸暗記などさせません。
納得をして、知らないうちに覚えているものなのです。
丸暗記などするようになっている教材は、
時代遅れの低レベルのものです。

下記など読んでみてください。
http://www.kokoro7.com/
    • good
    • 0

分かっている部分をやっていても意味がありません。

自分の苦手だな、深く理解できてないな、って思う部分を探す所から始めましょう。
基本のやり方として、まず範囲を見渡し、要点からおさえていってください。おおまかな事を覚えてから細かい事もプットインしていく感じです。
それから教科書などあれば要点は目立つようにしておくことですね。ノートの文字は暗記したい部分だけ青ペンで書くと良いですよ!青色は記憶に残るそうで、
私はそれで社会の成績が上がりました。
    • good
    • 0

>効率の良い勉強ってなんですか?



それはあなた自身が時間をかけてじっくり探すことです。

基本は固有名詞・地名といったものはどうやっても最初は記憶するしかないですね。

構造・体系だったものは原理・原則を掴めば、如何様にも応用できるし、使用頻度が高いので、自然と頭に定着します。


>暗記が苦手です。

ならば、あなたにマッチした暗記法(記憶法)を探す(編み出す)とよいかと思います。

現在の「苦手な暗記方法」と並行して、こちら(より良い記憶術の探求)を進められれば良いかと思います。意識するだけでもだいぶ違うと思います。
    • good
    • 0

効率の良い勉強は暗記です。



調査系、議論系、記述系の勉強は難しい面がありますので、勉強が苦手な人は暗記系に注力すると良いです。
    • good
    • 0

勉強の基本は、暗記です。


基本を暗記し、その応用力を延ばす、その結果が学力です。

暗記が出来なければ、勉強しても意味はありません。
    • good
    • 0

エビングハウスの忘却曲線というのがあります。


それに合わせて、復習すると効率がいいですよ。

こちらを参考に。
https://ryugaku-kuchikomi.com/blog/ebbinghaus-th …
    • good
    • 0

時間を計って取り組む。


(特に英語の文法問題、長文問題、数学の計算問題、日本史、世界史の年号、地理の暗記)

そうすれば、本番の入試の時、慌てることがありません。

暗記であれば、語呂合わせが一番です。(社会科の地理、歴史)
地理;例 ハワイ諸島「浜からもう蟹(ハマカラモオカニ)」。

(「ハワイ島」「マウイ島」「カホラヴェ島」「ラナイ島」「モロカイ島」「オアフ島」「カウアイ島」「ニイハウ島」の8つの島からなるハワイ諸島の覚え方。)

アメリカ50州の2文字を覚える際
NY→ニューヨーク、ニューヨークヤンキース、オールバニー(州都)
MI→ミシガン ミラン、ランシングぅ~( 州都 エド晴海風にアクセントをつけて覚える)

などと言った具合です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング