【初月無料キャンペーン中】gooドクター

何やらガソリン車廃止に
成りそうですが

其れによりガソリン価格が
値上がり為る可能性有りますよね、

ディーゼル車は当面廃止対象に
成ってないので軽油は値上がりは無い?

買うならディーゼル車でしょうか?

宜しくお願いします。

gooドクター

A 回答 (13件中1~10件)

現時点では、ディーゼル車もガソリン車と同じになる可能性は高いです。

つまり、内燃機関の自動車の廃止ということだと思います。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66972750T01 …

内燃機関の自動車がなくなってしまったら、ガソリン価格は下落すると思います。それは、灯油が夏の期間安くて、冬の期間は高いのと同じ理由で、需要がなければ在庫がだぶついてしまい、価格は下落します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなると
近い将来車の販売方法も大きく変わりますよね、

新車は方針転換為ないと、

ありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 13:56

値上がりすれば購買意欲がなくなるので、販売実績は落ちる。


それはメーカーもしたくないし経済の責任を担う政府も避けたい。
何らかの手は打たれる。

ガソリン価格とかはその後の話だ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど

ありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 19:35

供給に対して需要が大きければ値段は上がりますが


ガソリンの価値が下がりますので安くなります
他国では日本より環境問題に取り組んでいるので
ほとんど輸出で補ってる日本のメーカーは以前よりそうゆう方向です
ガソリン車もディーゼル車も同じです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 19:35

だいぶん勘違いされているようなので・・・。



ガソリン車廃止のときにはディーゼルも廃止です。報道によれば、2030年代半ばには新車販売を「電動車」にするとのことなので。ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、水素自動車は残って、走行用の電池やモーター積んでいない旧来の自動車が販売禁止になります。
https://www.news24.jp/nnn/news91b1p9phpb1gck31oh …

そうなっても既に売られた車は10年くらいは走り続けるし、ハイブリッド車もガソリンは使います。なので急にではなく、徐々にガソリンの需要が減っていくことになります。

ガソリンの値段については、今年の春がそうだったように、短期で急に需要が落ち込めば値崩れ起こします。しかし中長期的には、ガソリンスタンドが廃業して地域独占のところが増えていく、それに伴って競争が無くなり値段上がるはずです。今でも田舎の方ではそういう動きがあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ガソリンの値上がりですか、

なるほど

ありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 19:34

経済原理からすれば、需要がだんだん少なるものの価格が上がることはなく、価格は下がるのが常識です。

 よって、一般的には需要の無くなるガソリンの価格が上がることはありませんが、まだガソリンの需要がある内に、将来需要が無くなることを見越して、ガソリンメーカーがガソリンの生産量を大幅に削減すれば、品不足で一時的に値上がりすることはありえます。 それと、ディーゼル車の廃止はガソリン車の廃止よりも加速されています。 以前、ヨーロッパはガソリン車よりもディーゼル車の需要の方が多かったのですが、今ではディーゼル車は少なくなっています。 ヨーロッパのディーゼル離れは、2015年にアメリカから巻き起こった、フォルクスワーゲンによるディーゼル車の排ガス測定検査の大規模な不正が大きく影響しています。 日本の自動車メーカーのなかでも、かつてディーゼルエンジンに力を入れていたマツダや三菱が相次いでディーゼルエンジンを搭載するモデルを廃止しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 19:33

> 其れによりガソリン価格が


> 値上がり為る可能性有りますよね、

なぜ?
売れなくなるのだから値下がりするのでは??
それと、作らなくなっての今まで世の中に出ているガソリン車があるのですから急激に需要が減ることは無いでしょう。
石油元売り各社がガソリンの精製施設を休止や廃止にして、需要に対して供給量が少なくなったり、需要も供給も減ってニッチな物(例えば今のフィルムカメラ用のフィルムのように)なれば高額になるかとは思いますが。

ちなみに軽油の消費の多くは自家用車ではなくトラックやバスといった商業車です。これの主流を電気やハイブリットにシフトするのは大変な事で時間を要するでしょう。
    • good
    • 1

現状でさえ、高燃費の車やハイブリッド車が増えてガソリンスタンドの経営は苦しくなっています、廃業も多い。


  
そうなれば、今のようなスタンドの競合はなくなり、ガソリンスタンドを求めて遙か遠くまで行かなきゃならない。
現実に過疎地ではそうなりつつある。
  
そうなれば独占的な販売になり「高いというなら買うな」的なスタンドになる。
つまり値上がりすると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

値上がりか、

そうなりますか、

ありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 19:32

軽油が流通してるうちはガソリンも大丈夫だと思ってます


電気自動車が主流になるのは、まだまだ先のことでは・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 19:31

ガソリンエンジン廃止 <-これにも色々解釈有り



純粋にガソリンエンジンのみで駆動するのが禁止なのと
電動とのハイブリッド(トヨタのとか、日産のとか幾つか形式有り)を許容するのか

その辺ももやっとしている

でもまぁ常識で考えればハイブリッドを許容しなければ現実的に無理だろうね

とすると消費量は減るが、一切売れなくなる訳でもない
更に言えば、最近の車は十年走るのなんて普通だから
2030年に販売停止しても、ガソリンエンジン車両がその瞬間に無くなるわけでもない

そうするとこの先20年くらいは、極端な変化は無いとも言えるね

ディーゼルに関しては、大型車両(バスやトラック、トレーラーなど)の使用に耐えられるような、電動システムが実用化されていない段階では
廃止できないという現実論が勝っている

この辺は今後の議論次第で、排気量〇リッター未満の車両は
ガソリンエンジン車両と同等なんて方向に進む可能性は高いけどね

どっちにしても、今の段階ではまだまだ不確定要素が多いので
断定的に言うことは無理がある
    • good
    • 1
この回答へのお礼

成る程

ありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 19:30

ガソリン車が減れば、今までのようにガソリンが売れないため


ダブついたガソリンは値下がりするかと。

半面、
原油から軽油を生産する際、同時にガソリンも精製されますから
軽油欲しさに「いらないガソリンを抱える」ことになる。
ガソリンにかかるコストは軽油に載せられるので、軽油は値上がりする。

>買うならディーゼル車でしょうか?
 電気自動車ですね。
 化石燃料車は下取りに取ってくれない鉄の塊と化すかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

EV車の電気作るのに
ガソリンは必要?

確かに電気自動車は
静かで良いですよね、

ありがとうございます

お礼日時:2020/12/04 14:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング