【初月無料キャンペーン中】gooドクター

何故公家や貴族より武士の方が人気なのでしょうか?
地位の高さでいえば圧倒的に前者ですが、世間的には日本=武士、サムライの国みたいなイメージが強いです。

gooドクター

A 回答 (6件)

何故公家や貴族より武士の方が人気なのでしょうか?


  ↑
武士の方が格好良いからでしょう。
男子は剽悍な方が美しく感じるのです。

※剽悍=動作がすばやく、性質が荒々しく強いこと。

西洋に騎士道があり、日本には武士道が
出来ました。
義の為に命を懸ける、てのが男の美意識を
くすぐるのです。


原始以来、人は常に競い合い、凌ぎ合い、いのちを賭けて戦った。
その闘争本能と生存本能のせめぎあいの中で、人は知能を磨き
力を養い、心と体を鍛え、一面で道徳律を築き上げた。

その結果、文明が築かれ文化が創られた。




地位の高さでいえば圧倒的に前者ですが、世間的には
日本=武士、サムライの国みたいなイメージが強いです。
 ↑
鎌倉以降江戸時代まで、武士の支配が続きました。
700年の長きに渡って、軍事担当者が政権を握った
というのは、世界史的にいって珍しいと思います。
    • good
    • 0

道徳、思想を庶民に広める事が出来なかった公家の末裔より、


武士道を広めた武士の末裔の方が
圧倒的に多いから親近感があります。
    • good
    • 0

今の時代「貴族の支配」は「平安」までと思っている人が多いですが、実際は、貴族は宗教勢力と結びついたりして、戦国時代までは頑張っていました。

ただ、経済的基盤である荘園を太閤検地によって失ってからは、ほとんど無力になりました。それでも、江戸時代の政治には、多少なりとも影響を与えています。では、なぜ、質問者の方が考えるようなイメージになったのかと言えば、貴族と武士の活動する場所が違っていたということが大きいと思います。京都か全国各地か「本社」か「現場」かの違いです。
テレビのドラマで「総理大臣」や「社長」が主人公のドラマを、質問者の方は見ないのでは?むしろ「現場の事件」や「実際の騒乱」の方が関心があると思いますが、いかがですか。それは昔も同じで、京都にいる「公家」や「貴族」に対して大きな関心が無かったからです。貴族というのは「中央の権威」を利用して支配をする中央官僚であり、武士というのは「現地で実力を持って支配を行った」人たちを指します。つまり「身近な人」が武士であって、それは地位の高さとはあまり関係ないということだと思います。
逆に武士と言っても「室町中期」や「江戸時代」のように武士が半ば官僚となり、中央政治に居座るようになると、人々の関心は薄れます。「三管領」のことは知らない人が多いですし、「大目付」といっても「何のこと」と思う人が多いでしょう。武士も貴族化したら人気者は極端に少ないのではと思いますが、いかがですか?
    • good
    • 0

No1さんのおっしゃるとおりです。



公家が実際に時代を動かしていたのは平安時代の前期までです。
あとは時代の節目節目の主役は武士でした。

平安時代も最後は平家が事実上の武家政権をうちたてます。
その後の歴史はどうなったでしょう。

源平の戦い、承久の乱、建武政治、南北朝時代、戦国時代、関ヶ原の戦い、幕末、時代の主役だったのは武士です。公家は脇役でしかありません。

公家はプライドは高くとも実力がない集団だったのです。
会社でもどうですか?プライドが高いが実力がない人って人気があります?
    • good
    • 0

公家や貴族って何もしないでのうのうと暮らしてましたからね。

武士は食うか食われるかでのし上がったのですから一般的には人気があって当然でしょう。いわゆる判官贔屓って奴です。
    • good
    • 0

日本において朝廷が実権を握っていたのは平安時代まで。


この時代までは公家の言動が歴史を動かしている。

平安時代が終わって鎌倉時代に入ると、軍事面では武家が掌握してしまい、朝廷は行政の一部を司るだけ、公家は官僚として行政の一部を担当するだけ、という存在になってしまう。

つまり公家が歴史を動かした期間が短かすぎる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング