いつでも医師に相談、gooドクター

この式の分子のNってなんですか?
化学が得意な方よろしくお願いします!

「この式の分子のNってなんですか? 化学が」の質問画像
gooドクター

A 回答 (4件)

おそらく「mol」という「物質の量の数え方」の話かと思います。



原子であれ分子であれ、「アボガドロ定数」(= 6.02 * 10^23)の個数だけ集めると、それが「1 mol」の物質量になります。

そして、原子や分子を「アボガドロ定数」(= 6.02 * 10^23)の個数だけ集めると、その質量が「原子量」「分子量」「式量」に「グラム」を付けた数値になるのです。(というか、そうななるように決めた数値が「アボガドロ定数」(= 6.02 * 10^23)ということ。原子や分子1個は極めて軽いが、このぐらいの個数を集めると「グラム」のオーダーになる)
それが「mol」の意味です。
化学反応は分子・原子どうしで起こりますから、「同じ mol 数どうし」あるいは「反応式の係数に相当する mol 数どうしが反応する」ことになるので、物質の量を「mol」で表すと便利なのです。
「同じ mol なら個数が同じ」ということです。

つまり、例を挙げれば
・炭素(原子量12) を「アボガドロ定数」(= 6.02 * 10^23)の個数だけ集めると(つまり 1 mol の物質量)、その質量は 12グラム。ということは、炭素12 のモル質量は 12g。

・酸素(原子量16)を「アボガドロ定数」(= 6.02 * 10^23)の個数だけ集めると(つまり 1 mol の物質量)、その質量は 16グラム。ということは、酸素16 のモル質量は 16g。
 気体の酸素は酸素原子が2個結合した「分子:O2」の形なので、分子量は 32。従って酸素分子を「アボガドロ定数」(= 6.02 * 10^23)の個数だけ集めると(つまり 1 mol の物質量)、その質量は 32グラム。ということは、酸素ガスO2 のモル質量は 32g。

・CO2 (分子量44) を「アボガドロ定数」(= 6.02 * 10^23)の個数だけ集めると(つまり 1 mol の物質量)、その質量は 44グラム。ということは、CO2 (分子量44)のモル質量は 44g。


ということで、お示しの式は
 N:そこに存在する実際の分子の個数
 NA:アボガドロ定数(= 6.02 * 10^23)
 n:その分子の mol 数
の関係を表した式だと思います。
    • good
    • 0

Nは実際の分子数(原子の個数)


Naはアボガドロ数
nは モル数
    • good
    • 0

Naはおそらくアボガドロ定数、nは物質量(モル)、Nは分子数であると予測できますが、そんなの決まっている訳では無いのでそれだけで正しい答えは得られません。

    • good
    • 1

そういうことは問題に書いてあるはず。


あなたが書いたことだけで特定できるわけがない。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング