色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

全世界で2030年頃迄にガソリン車の生産が中止

全世界で2030年頃迄にガソリン車の生産が中止のようですが、今人気の軽自動車はどうなるのかな?
今ハイブリッドの軽はありますか?
私は知りません。
もしあってもバッテリーを積むと、荷物スペースが確保出来ない、価格が高くて売れなくなる等問題が山積だと思う。
トヨタは3年後から始めるみたいですが、車関係の業界は存続が危ぶまれるので、これからが大変だと思います。結局、大企業だけが儲かるのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (5件)

>全世界で2030年頃迄にガソリン車の生産が中止



・・・EUでは、この動きは既に5~6年前から始まっており(EUで最初に言い出したのはドイツです)、日本政府が言い出しても『何をいまさら』って感じですが。

>今ハイブリッドの軽はありますか?

 ハイブリッドの軽の現状は皆さま御回答の通りで、ではワタシはもう一つの御質問の方を。

>もしあってもバッテリーを積むと、荷物スペースが確保出来ない、価格が高くて売れなくなる等問題が山積だと思う。

※バッテリスペースはありそう
 現代の軽自動車は、上下方向にかなり余裕があるレイアウトが主流なので、スペース的には現行の車体にも収まらないワケではありません。
 まぁバッテリを、例えば床下に敷き詰めると、重心が上がって横転し易くなる可能性がありますが、それは別の話です。(軽に限らずフツーの乗用車のサイズでは、エンジン/変速機よりも乗員の方が重く、重心点の高さには着座位置が支配的になります。床を上げるとその分乗員の着座位置が高くなり、これが車両重心高を引き上げます。)

※価格は・・・どうでしょう?
 軽自動車のEVが登場する前にEVが普及し、バッテリや電材のコストが下がっていれば、登録車(白ナンバーのフツーのクルマ)に対し、十分競争力のある価格になると思いますが。
 但し。
 6~7年前から、政権は『軽自動車の廃止による、クルマ関連の税収の増加』を目論んでいます。(一時期開発ブームとなり、モーターショーにも複数のメーカーや大学から盛んにショーモデルが出展されたPV=パーソナルヴィークルというのは、政権側が軽自動車廃止の代替として提示した、『軽自動車の下のクラスの簡易型乗用車』でした。)
 PVは、結局今のところ直接商売につながる動きが見られず、また軽自動車廃止に関しても具体的な動きは無くなった様ですが、ICV(内燃機関車両)廃止に合わせて、軽自動車規格が消滅する可能性はまだあると思います。
 すると当然、軽自動車特有のドラスティックでエキセントリックなコストダウンを考える必要も無くなります。

>結局、大企業だけが儲かるのでしょうか?

 人件費が高い(日本含め)主要先進国の自動車メーカーでは、コストダウンを図り販売価格を下げることが出来るのは、唯一『沢山作ること』だけです。
 そういう意味では、沢山作る体制が既に出来上がっている大企業が有利ですが、しかし国際的に見ると、既に先進国の自動車メーカーは、中国に対して価格競争力を完全に失っています。
 中国が掌握する以外の市場を奪い合うと考えると、日本のメーカーは多過ぎます。現在の大企業だけが生き残るかどうかは判りませんが、いずれにしろ廃統合が行われ、少数の超特大企業しか残らない可能性は十分あります。(かつては日本国内市場だけで生き残るという商売も成り立ちましたが、日本は高齢化と人口減少が続き、市場は縮小の一途です。完全制覇でも狙わない限り、国内市場だけで生き残ることは困難でしょう。)
 この話は2030年に来るEV化とは関係ありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拙い文章に関わらす、私の知りたかったことを回答して頂き有難う御座います。
かつて勤めていた部品メーカーの存続が気になっていましたので大変参考になりました。
ベストアンサーにさせていただきます。

お礼日時:2020/12/06 06:39

2035年中旬を目標です。

    • good
    • 0

>今ハイブリッドの軽はありますか?


あります、純電気自動車もあります。
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/i-miev/

軽自動車ではプリウスのようなHVが一番難しいでしょう。
現在のようなマイルドハイブリッドではなく一気にEVに移行するでしょぅ。
エンジンとガソリンタンクが無くなるのでバッテリーのスペースは簡単に取れますから。

現在のi-MiEVで300万くらいだけど量産すれば100万くらいまでならすぐに下がるでしょう。
    • good
    • 0

一連の質問(2030年のガソリン車販売禁止)は同じ人なんじゃないかと思うのだけど、もう少し自分で勉強などして基礎知識を仕入れてから質問しましょうね。

(ばかまるだしと言ってます)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ガソリン車販売中止に対しての回答お願いしますよ。

お礼日時:2020/12/05 22:29

スズキには、マイルドハイブリッドがありますよ。

以前のセレナも同じ方式で、モーター単独では、走れませんが、要するに、電動アシスト自転車と同じ、モーターアシストです。二代目フィットも、モーターアシスト方式で、モーター単独では、走れませんでした。スズキ、セレナは、オルタネーター発電機に、電気を流して、モーターとして使う方式で、バッテリーも小さいです。
ところで、2030年て、想像つきますか。去年の今頃、世界が、コロナ禍で、こんな事になるなんて、一部の中国人以外、誰も思わなかったはず。
10年先のことなんて、予定通りに行く訳がない。ただ、技術の進化で、バッテリー性能は大幅に上がり、価格は大幅に下がっているはず。まるで液晶テレビの価格が、どんどん下がったように。ただし、戦争がなくて、平和だったら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はホンダに乗ってるので、他メーカーの車の知識がありません。
確かにスズキは作ってるのですね。
30年と言い出したのは中国なので、ウワサではないと思います。
バッテリーの技術は、日本メーカーが中国にかなり立ち遅れているので、翻弄されないか心配です。

お礼日時:2020/12/05 21:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング