私の知り合いで (そんなに親しくないのですが)クラインフェルター症候群で 停留睾丸で 手術をする人がいます。その人は 無精子症で治療していたそうです。

それで 質問なんですが 精子って治療してできるもんなんでしょうか??だって クラインフェルター症候群ってたしか 染色体異常で 性染色体がXXYだったと。。。

あと もし 精子ができたとして 妊娠する事出るんでしょうか?やっぱり 染色体異常だから 難しい??のかしら。。。うーーーーん 謎です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

mori22さんは医療に詳しい様ですので簡単にかきます。


クラインフェルターの不妊に治療法は無いと記憶しています。
この方の場合不妊の治療に通っているうちにこの病気が判明したのだと思います。なにせこの病気は外見上は全く正常な男性と変わらないことがおおいですから。
ではなぜ手術かというと停留睾丸は悪性化する可能性が高いからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。停留睾丸は 悪性化する可能性が高いってのは どこかで ちらっと聞いたことがあります。でも やっぱり この不妊には 治療法が ないんですね。そうか。。。

お礼日時:2001/08/19 15:54

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「クラインフェルター症候群」
この中で特に「原因と危険因子」「予防」「治療」「予後と転帰」「合併症」と関連リンク先を参考にしてください。

特に「治療」の項の記載によると「不妊」の治療は難しいようですね?

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。HPいってみました。やっぱり 不妊治療は難しいんですね。。。。

お礼日時:2001/08/19 15:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q染色体異常について教えて下さい

5月に急性骨髄性白血病M4を発病し、完全寛解になり10月に退院しました。40代の男です。
先日のマルクで染色体異常が発見されました。
20個の染色体のうちの一つに異常があったとの事ですが、来月まで様子見になりました。
そこで、質問なのですが、
一度現れた染色体異常は、もう治る事はないのでしょうか。
20個のうち2個以上に異常がでると、再発という判断になるという事なのですが、1個の異常のまま維持し、そのまま再発しない人もいるのでしょうか。やはり、1個の異常がでた以上、早い時期に次々と染色体異常がおこってくるのでしょうか。
また、染色体を培養する段階で、外部から刺激をうけ、そのせいで異常が出る事もあるとの話だったのですが、そういうことが起こりうる可能性はどのくらいあるのでしょうか。
気が動転しています・・・どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どなたも回答されていないようなので、あまり専門ではありませんが、分かる範囲で考えてみました。

まずは寛解おめでとうございます。

急性骨髄性白血病のうち、半数以上に染色体異常(染色体転座)があります。
染色体異常そのものは治ることがありません。
染色体異常の有無・種類により、治療方針が異なってきます。

これは治療開始前に調べて分かっているはずなので、今回の指摘は、転座に対応するキメラ遺伝子の検出のことではないでしょうか。
キメラ遺伝子の検出は、診断及び効果判定に用いられます。
再発とは別物ではないかと思います。

要するに今後の地固め療法の方法、あるいは骨髄移植が必要か否かの判断基準だと思います。
主治医によく相談されて下さい。

あまり詳しい知識を持ち合わせていなくて役立たないかも知れませんがすみません。
今は不安でいっぱいだ存じますが、今出来る事(感染症の予防・体力増進・気分転換など)から取り組まれてはいかがでしょうか。

Q抗がん剤による精子・染色体・遺伝子の異常

抗がん剤(エンドキサン)を服用した場合、精子が少なくなるという副作用以外に、染色体や遺伝子にも異常が現れるのでしょうか?ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

 「無精子症」の他には、染色体や遺伝子に影響することはありません。また、女性の場合は、「卵巣機能不全」、「無月経」等を生じます。

Q染色体異常、心臓病、遺伝・・・心配です。教えてください!!

二年ほど前、二度の流産後、不育症検査をしました。私には異常はなかったのですが、主人が染色体異常の保因者であることがわかり、
医者に「不妊の原因にはならないが、胎児に染色体異常がある確率が通常の3倍位には・・・」と言われ不安になり、自分でいろいろ本を読み、染色体異常児には心臓病が多いと・・・
「心臓病」と言う言葉がずっと気になり、不安なまま・・・
その後、妊娠出産しました。
産まれた子は、染色体異常ではなく、標準体型の女の子でした。
・・・が、やはり、と言うか・・・
思っていたとおりの心臓の病気を持って生まれてきました。
今は大学病院に通っているのですが、
その先生には、質問をするのも(気が合わないので)怖くて聞けません。

【質問】
やっぱり、娘の心臓病は主人が染色体異常の保因者と言うこと関係があるのでしょうか?
それとも、心配(予想)にぴったりの、ただの偶然だったのでしょうか?
二人目・・・も、同じ心臓病という確率はやはり高いのでしょうか?

病名は、心室中隔欠損症です。(ダウン症などに多い病気ですよね・・・)
主人はXYY(ほんの一部?!軽い?とのことです)
普通の男性です。

ずっと気になっていて、実際に心臓病の子が産まれただけに・・・
(嫌な予想がぴったり当たってしまっただけに・・・次も、と思うと・・・)
真相が知りたくて・・・
医学、遺伝にお詳しい方どうかよろしくお願いします!

二年ほど前、二度の流産後、不育症検査をしました。私には異常はなかったのですが、主人が染色体異常の保因者であることがわかり、
医者に「不妊の原因にはならないが、胎児に染色体異常がある確率が通常の3倍位には・・・」と言われ不安になり、自分でいろいろ本を読み、染色体異常児には心臓病が多いと・・・
「心臓病」と言う言葉がずっと気になり、不安なまま・・・
その後、妊娠出産しました。
産まれた子は、染色体異常ではなく、標準体型の女の子でした。
・・・が、やはり、と言うか・・・
思って...続きを読む

Aベストアンサー

通りすがりの者ですが・・・。
遺伝病には造詣が深く無いので一般人の自信無しの話です。
XYYと心臓病をPUB Med などで引いてみるとXYYである本人と関係して不整脈とかマルファン症候群などの記載が議論されているのが見られますがその子供にどう関係するかはあまり記載が無いようです。
ましてや表現系がXXの女児で所謂異常のあるYYの部分を全く受け継いでいないお子さんの場合のVSDが父親がXYYである事と関係があるか?と聞かれれば直接関係があると言える人は誰もいないと思います。
そのうえVSDは生きてうまれてくる赤ちゃんの中では最も頻度の高い心奇形で両親に何も異常が無くても生まれてきますし・・・。
そもそも先天性奇形(外見でわかるという意味)という概念で隅々まで調べると奇形を持っている可能性自体が全体で数%はありますから・・・。
明らかにYYの部分が遺伝したと思われる状況で無い者の異常についてまで全てが「父親のせいでは?・・・」ととられてしまっては父親も傷付くのでは無いでしょうか?
また、羊水穿刺では染色体異常は分かっても細かな異常や心奇形の有無までは分かりませんよ。絶対と言う者が無い以上ある程度のリスクは常にあります。問題はjean8941さんもおっしゃっているように障害があった場合にmiffyuさんが受け入れられるか?という点に尽きると思います。
つまり、今回のように直接YYと関連していなくても異常があれば父親のせいでは?という思考をとってしまっている現在、今後も折ある毎に同じ考えが頭をもたげてくる可能性は否定できないと思います。しかし、今回は羊水穿刺すらせずある意味どんな障害でも御夫婦で受けて立つという信念があったからこそ出産したはずです。今さらVSDが誰の責任か詮索しても所為が無いと思うのですが・・・。
今回の思考の流れを見ると次回を考えるのであれば少なくとも羊水穿刺を行い染色体異常の無い事を確認してそれでも小さな障害がある事はあり得ると言う事も納得した上で無いとみんなが幸せな気持ちになれないのでは無いでしょうか?御夫婦で良く話し合われる事をお勧めします。
余談ですが・・・。クラインフェルターはXXYであってXYYとは全く違う者なので誤解の無い様申し添えておきます。
疑問点解消の一助になれば幸いです。
それでは。

通りすがりの者ですが・・・。
遺伝病には造詣が深く無いので一般人の自信無しの話です。
XYYと心臓病をPUB Med などで引いてみるとXYYである本人と関係して不整脈とかマルファン症候群などの記載が議論されているのが見られますがその子供にどう関係するかはあまり記載が無いようです。
ましてや表現系がXXの女児で所謂異常のあるYYの部分を全く受け継いでいないお子さんの場合のVSDが父親がXYYである事と関係があるか?と聞かれれば直接関係があると言える人は誰もいないと思います。
そのうえVSDは生きてう...続きを読む

Q染色体をずたずたに切り裂く事が出来る放射線について

今回、γ線と白血病との関係について、お聞きしたく投稿しました。なんかまとまり
がない、回答者の方に、私がお聞きしたい質問内容を、正確にお伝え出来るかど
うか心配です。よろしく、お願いします。

以前、NHKの番組で、広島の原爆病の患者さんの、それも白血病を発症していた
と思われる方の細胞の染色体を全部一覧にしたものを見ました。
見て、すぐに思ってのは、こんな形をした染色体が存在するのかと、異様さ、異常
さを覚えたことを記憶しています。

染色体がずたずたに切り裂かれていました。現在ご生存なのか、亡くなられておら
れるのかについては、言及しておりませんでしたが、染色体の状態を拝見すると、
多分既に亡くなられているだろうと思いました。性染色体のy染色体も異常な形をし
ていました。
またこのように、原爆病の患者さんで、白血病を発症していた方の染色体の直接
の要因となっているのは、原子爆弾の爆発後、放射性物質が出したγ線(電磁波)
によって、23対の正常な染色体が切断されたと、テレビででは報道していました。

本来正常であれば、人の染色体は、23対のうち、22本の対の常染色体、綺麗なX
のような形をしていて、23番目の性染色体も、男性のx、xか、女性x、yと言ったよ
うに、やはり綺麗な形を採っているわけですが、今回例に出しました白血病の原
爆病の患者さんの場合(白血球やリンパ球などのいずれの細胞の染色体かは分
かりませんでしたが)、綺麗な、規則正しい23対、いや46個の染色体とも言えない
、染色体がずたずたに切り裂かれ、しかも奇妙な、バランスがとれていない、不
揃いな切断された形のもの見受けられました。
対を成していないような染色体を形どっているものもありました。
数も30対以上あったと記憶しています。

慢性骨髄性白血病、バーキットリンパ腫を含めた悪性リンパ腫の場合は、二つ
の染色体間での転座と言う異常な形態の染色体の形成が確認されいるようです
が、原爆病の、白血病を発症した思われる方の染色体は、23対より、はるかに
多い、数の染色体がありました。

前置きが長くなってしまいましたが、ここでお聞きしたく思います。
今回、広島の原爆病の患者さんの染色体を例に出して、質問をさせて頂いてい
ますが、上記のような異常な染色体を作りだす事が出来る放射線は、γ線や中
性子線にだけ限定出来るのでしょうか?
それとも、γ線だけが、異常とも思えるような染色体切断を出来るのでしょうか?
また、、α線、β線でも、この異様なとも思える異常染色体を作りだす事が出来
ると言えるのでしょうか?

慢性骨髄性白血病、バーキットリンパ腫を含めた悪性リンパ腫の場合二つの
染色体間での転座と言う異常な形態の染色体異常ですと、α線、β線でも起
こり得るのかなとも、私は勝手に思っています。

この辺がよく分かりません。

今回、γ線と白血病との関係について、お聞きしたく投稿しました。なんかまとまり
がない、回答者の方に、私がお聞きしたい質問内容を、正確にお伝え出来るかど
うか心配です。よろしく、お願いします。

以前、NHKの番組で、広島の原爆病の患者さんの、それも白血病を発症していた
と思われる方の細胞の染色体を全部一覧にしたものを見ました。
見て、すぐに思ってのは、こんな形をした染色体が存在するのかと、異様さ、異常
さを覚えたことを記憶しています。

染色体がずたずたに切り裂かれていました。現在ご生...続きを読む

Aベストアンサー

ガンマ線は実はあまり怖くない。
しかし、ベータ線は非常に怖い。

なぜなら、ガンマ線の場合波長が短すぎ、
染色体と共振せずに通過してしまう。
しかし、ベータ線は程良く吸収され、
大きなダメージを与える。
外部被ばくより内部被ばくのほうがずっと怖いのはこのため。

アルファ線もまともに浴びればいいことはないが、
ふつう染色体にたどり着く前に、細胞壁でシールドされる。

Q左冠動脈肺動脈起始(Brand-White-Garland症候群:BWG症候群)について

左冠動脈肺動脈起始(Brand-White-Garland症候群:BWG症候群)について教えて頂きたく存じます。
この名前の症状は治療(手術等)で直すことは出来るのでしょうか。
生後間もないのと、成人した場合では治療法は違うのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私はこの病気でした。
質問の答えですが、この症状自体は手術で改善することができます。
私の場合は心雑音が残り、手術の結果、薬を一生服用することにはなりました(バイパス手術をしました)が、
それ以外は普通の生活を送っています。(学生の時は運動制限がありましたが、今はありません)
先天性ですが生まれた時はわからず、幼稚園のころ見つけてもらい、治療をしないと危険という話で、小学生のときに手術をしてもらいました。
生後間もない時と成人で違うかは、申し訳ありませんが存じておりません。
しかし、方法は1つだけではないようです。私は2回手術をしていまして、一度目は一生薬を飲まなくても良い方法を取ってくださいましたが、うまくいかなかったみたいです。20年以上前のはなしなので、今はまた違うかもしれませんが…。
やってもらった者からすると、成長すると手術に対する恐怖心も大きくなるようで、1回目より2回目はストレスを感じたのを覚えています。

経験者はあまりいないとおもいますので、ご参考になれば。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報