4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

竹内まりやってどうなんですか?先日、松任谷由実、中島みゆき、竹内まりやの3人を比較するような記事を読んだのですが、「え?竹内まりやって?」と思いました。名前はなんとなく知っているけど曲とか全然知らないし。

松任谷由実と中島みゆきはよく知っています。幅広い年代のファンがいるし誰もが知っている曲も多いですが、竹内まりやって謎です。一部の年代に一部のファンがいるだけでは?ネットで曲を聞いてみましたが知っている曲はなかったし、みんなが知っている曲もない、そもそもほとんど活動していないようですね。

この3人を並べて比較するのは無理があるのでは?

gooドクター

A 回答 (17件中1~10件)

他の方へのお礼に「竹内まりやは活動自体していない」とありましたが、私も正直な所「過去の人」に近いイメージでした。

けれどもこの質問を機に改めて調べてみたら現役バリバリで活動しておられましたね。新曲も毎年出しておられるようですが、彼女ほどのベテランとしてはハイペースな方ではないかと思います。また自分が歌うだけでなく楽曲提供の仕事もしているはずなので、それまで含めると活動量はもっと多くなると思います。
    • good
    • 0

恐らく私の年代ではその3人のラインナップは全然違和感がありません。

3人ともいわゆるニューミュージックの路線でしょうし、数こそ他の2人よりは少ないかもしれませんが『不思議なピーチパイ』など有名なヒット曲を出しておられます。私はファンではありませんが「誰でも知ってる」と言う感覚の人です。
    • good
    • 0

いえいえ、竹内まりやも超有名ですけど。


あなたが知らないだけですって。
山下達郎の嫁さんで、シンガーソングライターですって。これを機会に竹内まりやも知ってください。<(_ _)>
    • good
    • 0

なんとなくわかりました。


竹内まりやはデビューが2人より遅いので世代の違いもあるのではないかと思いました。
その時代のドラマ使用曲にしてもcm曲にしても女の子にウケるドラマやcmだったような、、

テレビを見ないとか邦楽を積極的に聴いていない洋楽好きの人にとっては興味のないジャンルである。

ユーミンや中島みゆきは70年代前半から中期にかけて青春を過ごした人なら初期の頃の曲を耳にしている。

かたや竹内まりやは70年代後半以降。

私なんかはカラオケボックスで竹内まりやのセプテンバーやアンルイスに提供したリンダをよく歌ったので馴染みがあります^^
ユーミンも自分が青春時代の頃の曲しか知らないし、中島みゆきにしてもそうです。Dr.コトーは好きだったから曲も知ってるけど、地上の星や糸も名曲らしいけど興味ないから聴かないし、90年代以降はどちらの曲もほとんど知りませんというか、今は全く興味ないですね。
    • good
    • 0

なんの世界でもそうですが


音楽で言えば
聞く側と作る側の違いでしょう

この人が音楽を変えたなどと言うのは
聞く側で言えば
何も関係のないことですから
知らないこともあります

読まれた記事がどのような記事かはわかりませんが
人気の記事だったかどうか
売り上げの記事だったのか

私は別のジャンルの音楽が好きで
音楽も記事も本も読みますが
あ、この人がそう言う大変な役割をしていたのかと
改めて聞き直すことがあります

名前だけではなく
どのようなことが書いてあったのかが
大切です
    • good
    • 0

私の場合(いちおう高齢者です)、



竹内まりやの名前についてはよく知っていますが、曲名をあげよと言われたらゼロです。

松任谷由実、中島みゆきなら多少知っています。
    • good
    • 0

アラフィフです。



>たまたま私が知らないだけというのはさすがに無理がありますよ…やはり一部の年代で売れていた人なんですね。

逆なんですよ「松任谷由実と中島みゆきがたまたま今の若い人でも聞く機会を持っているだけ」なんです。

松任谷由実は「恋人はサンタクロース」などの楽曲が今でも流れますし、中島みゆきはNHKのプロジェクトXという番組で使われて、今でも楽曲が使われるので、若い人でも知っている、ということになります。

でも、質問者様も「松任谷由実・中島みゆきが最近出した楽曲」は知らないはずです。質問者様が知っている楽曲の多くは1980年代までに作られたもので、その当時は竹内まりあもたくさん楽曲を出していたので、当然ライバルであったし、同時代の楽曲を比較するならなにも問題ないと思います。

でね、#10さんも書かれていますが、いま欧米を中心に「ジャパニーズシティミュージック」が大流行しているんです。その中心が竹内まりあで、わざわざ日本にLPを買いにくる熱心な人までいるんですよ。

質問者様の見た記事もたぶんそれを踏まえたものだと思いますので、
『日本で今でも人気がある松任谷由実・中島みゆきvs外国で大人気の竹内まりあ』
という構図で比較するのは何も問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

え?たまたま機会があるのではなく松任谷由実、中島みゆきは今でもアルバムを出してコンサートもやってるし主題歌やカバーなども多いしごく最近の新しい曲も知ってますよ。竹内まりやは活動自体していないのだから知りません。

あと、「まりあ」ではなく、「まりや」ですよね?回答者さんも竹内まりやはあまりよく知らないんですね。

お礼日時:2020/12/10 22:34


コメント欄は海外ファンの英語だらけ。笑
80年代の日本のシティポップやファンクが人気となっていった代表曲
多数のリミックスが作られています。

Expressionsという4枚組ベストアルバムの収録をご覧になられたら、代表曲が見れます。
火曜サスペンスなどを始めとするドラマの主題歌
多数のcmに使われた曲
他の歌手に提供した曲
賞をもらった楽曲
などなど。

若い頃に留学しているせいか
英語の発音も美しく
その3名の中ではダントツに好きですね!
    • good
    • 0

ええっ!?


「クーリスマスが今年もやぁってくぅるぅ〜」
というケンタのCMソング、ご存知ない!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の方も挙げられているのでクリスマスの歌が代表曲なんでしょうが正直微妙ですね…ありがとうございました。

お礼日時:2020/12/10 23:48

とりあえず生年月日で比較



中島みゆき 1952年2月23日(68歳)
松任谷由実 1954年1月19日(66歳)
竹内まりや 1955年3月20日(65歳)
ほぼ同世代です。

デビュー日時
中島みゆき 1975年9月「アザミ嬢のララバイ」23歳
松任谷由実 1972年7月「返事はいらない」18歳
竹内まりや 1978年11月「戻っておいで・私の時間」23歳

芸歴45年、48年、42年。。。6年違いは全く違いますが、もう40年以上ともなればそれほど変わらない気もします。

オリジナルアルバム発売数
中島みゆき 43枚
松任谷由実 39枚
竹内まりや 11枚

これは圧倒的に差が出ています。竹内まりやは「主婦&子育て」していますし。

ただし・・・CDアルバム売上げランキング
Neue Musik 松任谷由実 325万枚 ただしベスト盤
Impressions 竹内まりや 306万枚 オリジナルアルバム

中島みゆきはこれだけ売れたアルバムはありません。
Singles 2000というシングル集が100万枚売れたくらいです。

先日TBSで放送された歴代歌姫アルバム売上ランキング
https://televi.tokyo/utahimealbumranking

1位 松任谷由実 3135.6万枚
13位 中島みゆき 1250.7万枚 
15位 竹内まりや 1058.7万枚

先程紹介したのはオリジナルアルバムの枚数で、ベスト盤は入っていませんが、竹内まりやのリリース数を考えたら、どれだけ竹内まりやが売れているかがわかります。

たまたま質問者さんが知らないだけって感じですね。
ちなみに私はこの3人のオリジナルアルバムは全て持ってます(爆)

自慢したかっただけかも(汗)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たまたま私が知らないだけというのはさすがに無理がありますよ…やはり一部の年代で売れていた人なんですね。

お礼日時:2020/12/10 19:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング