質問内容は、かなり工学的なことなのですが、、、


アマチュア無線をやられたことのある方だったら
よく分かると思うんですが、なぜ、携帯って
あんな小さくて、効率の悪そうなアンテナでしかも
微小出力にも関わらず、基地局とあんなに確実に
つながりつづけるんでしょうか?故意に電波の
届きづらい部屋へいったり、手でアンテナを押さえて
入りづらくしても、めったなことでは切れません。
これが、アマチュア無線のレピーターだと
かなり中継局の近くにいて、移動機が高利得のアンテナを
つかっていて出力が大きくても電波は不安定きわまりなく、必ずフェージングが発生し、通話が切れます。

携帯は、基地局の数が多い、出力が大きい
デジタル、CDMA等の技術を利用し切れづらくしているのは頭では分かりますが、それにしてもあんなに貧弱そうな
移動機でも確実なのがどうしても体感的に理解できない
のですが、一般無線とのその違いってどこからくるのか
おしえていただけませんか?


適当なカテゴリーがみつからなかったのですが、
場違いであればご指摘いただければとおもいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)ダイバシティーの効果


携帯では基地局も移動局もダイバシティーを採用していると思います。
ダイバシティーとは,アンテナ、受信回路を2つ持ち、常に信号が強い方の系統に自動的に切り替えて受信します。このためデッドポイントが発生しません。とりわけ波長の短い携帯の電波には有効です。
はじめてダイバシティーのワイヤレスマイクを使ったときの印象は強烈で,全くデッドポイントが発生せず,限界距離を越えたとたん全く受信できなくなります。とても忙しそうに受信系統を切り替えていました。(1秒に10回以上かな?)
ちなみにカーテレビのダイバシティーアンテナは「やし」です。アンテナは2系統ありますが,受信機は1つしかありません。

(2)すばらしい基地局のアンテナ
携帯の基地局を見ればわかりますが,あの波長にして数メートルもありそうなものすごいアンテナを6本一組にして使ってます。
レピーターの単一GPとは比べ物になりません。
ジャンクででればぜひパーソナルにでもつないで見たいです。

(3)極太ケーブル
プロ用の無線設備では,平気で25Dとかを使います。

(4)ハンドオーバー
携帯の基地局は多数あり、常に最も受信条件のよい基地局を比較監視しています。
車などで携帯で話しながら移動すると,次々と条件のよい基地局に切り替えて生きます。この動作をハンドオーバーと呼んでいます。
恐ろしく複雑な制御を必要とするシステムです。

(5)デジタル変調
パーソナル無線をやってみればわかりますが,スケルチを全開にしてもほどんど雑音にしか聞こえないような弱い信号でもデジタルでは平気で復調できます。
機械の耳はすばらしい?

だいたいこんなところでしょうか。
ちなみにデジタルになってからはダイバシティーが使われているかどうかは定かではありません。
    • good
    • 0

 それはハンドオーバー、ソフトハンドオーバー、周波数監視システムならびに基地局の増設が充実してきたということです。

携帯電話は貴方がたとえ通話中でも一生懸命に一番電波の強い基地局は何処かを探しつづけ、見つけるとすぐに乗り移るのです。弱電界ならなおさらです。だから切れにくいのです。さらにツーカーやJなどは上り、下りの周波数をも監視して一番良好な周波数にシフトさせて行くのです。
また、東京都内において基地局が大小あわせて130もある携帯会社すらあるのです。アマチユア無線といっしょにされては技術屋さんが泣きます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報